【インプレ】COLNAGO CONCEPT 120km試走(長文)
by: 田中 伸也

 

 

S__6422535

COLNAGO CONCEPT

試乗記

コルナゴ国内代理店様のご好意で

CONCEPT 試乗車を乗る機会いただきました。

 

 

DURA-ACE R9100 仕様

自分にはサイズが1段大きい500S

ハンドルが少々遠くて高い状態

ホイールはCOLNAGO純正アルテミス 50mm
カーボンクリンチャー
タイヤはVITTORIA CORSA 700X25C

 

でしたが、ホイールは自分が普段使うホイールに前日交換

GOKISO GD2 前後38mm
GP-4000S 700x25C へ

 

 

ついでにチェーンを洗浄後、最近お気に入りの
東大和店 益子店長印!

ワコーズ チェーンルブリキッド エクストリーム塗布

使用前、使用後で明らかにチェーンの滑らかさに
違いが出ます。

なるべくいつもと同じ感じにするのに
チェーンの状態は重要です。

実はここ、乗った感じに凄く影響するんです。

 

シマノチェーンの純正潤滑剤は皮膜の耐久性重視なので、やや回転への影響を感じます。(あくまで個人の感想ですよ)

 

 

その他の仕様で気になる点は

 

サドルはSLRで同じモデルで問題なし。

 

ハンドルはコンパクトタイプですが幅が400ミリ、
普段は420ミリですがここはあまり問題なさそうです。

 

ブレーキの前後が普段と逆、これは気になります。

 

クランク長170ミリ、50x34Tのギアセット
普段は172.5ミリ、53x39Tですのでここがちょと
トルク感的補正が必要な場合ありかな?

 

 

S__6422543

 

↓ 太陽光下で際立つ金ラメの繊細なライン!

S__6422541

 

 

走るコースは、、

 

エアロバイクで白石峠インプレもちょっと
野暮かな?と尾根線が凍結で通行止めとの情報もあり

このバイクは緩斜面を攻めるのが気持ちよさそうと
思い、

CONCEPT試乗MAP

 

松郷峠~定峰峠~秩父~山伏峠~名栗川沿い帰宅ルート

でスタート

 

走ってしばらくしてシッティングのまま
車の流れに乗る感じにダッシュ!

 

気持ちよく加速。

 

速度が上がってからの直進安定性、

低速からのバイク挙動変化は特に感じず
C60ゆずりというか、イタ車ならではというか
いい感じ。

 

後の長い直線の下りでも、やはりこの安定性は素晴らしい。

 

松郷峠の登りで普段乗るRB1Kよりも登坂は軽い感触、
クランクまわりのスペックの違いにしても地味に良い感じ。

 

コルナゴ的にはクライミングバイクがV1-R,
オールラウンダーがC60と位置づけているようです。

 

しかし
この価格帯のバイク全般に言えると思うのですが
トータルの基本性能は平均点以上は当然なので
オールラウンダー的印象は高くなります。

 

腰を上げてダンシングもいい感じで登ります。
このあたりは今時のエアロダウンチューブに
マッシブなチェーンステーからの~
スモールリア3角ならではの感じ。

 

 

最初の峠の下りでは
改めて

 

「私はコルナゴ!腰で曲がって!」
(イタリア語は女性名詞ですから)

 

という感じに、、

 

昨年の試乗はフラットコースのコーナーだったので
ここまで強い印象に残らなかったのですが、

改めて峠の下りで際立つコルナゴ感!
(個人的感想ですよ)

 

 

峠間の緩ーい登り基調のアプローチ、

やや掛かり気味のギアでも踏ませてくれる感じ、
緩いアップダウンでケイデンスの変化も

気持ちよく吸収してリズムキープが容易な点など
V1-Rゆずりの懐の深さですね。

 

 

本格的な長い登坂の定峰峠を終えて感じたのは

アマチュアライダーが乗る分には

山用のトップモデルと比較すればもちろん
それなりではありますけど、

平地寄りタイプの前振り付きで
CONCEPTは扱い易いオールラウンダーと
言っても差し支えないのでは?

 

といったところです。

 

 

↓ 定峰峠~白石峠間はまだ通行止め

S__6422534

↓ 秩父側県道から正丸峠へも凍結

S__6422533

秩父から山伏峠を終えて
麓から飯能までの名栗川沿い
20kmの緩斜面の下りTTで

最後に平地モデルとしての検証。

実はこの区間が今日一番
CONCEPT向きかなと思える
コースなので最後にしました。

途中
下り勾配が安定したあたりで
ケイデンス109回転
で42-44km/hあたりをキープ
多少のアップダウンはギアを1枚変えて
ケイデンスで何とかクリアみたいな
感じが一番印象的、

「地味につらいけど何とかなる」感じ
フレーム剛性は柔らかい部類ではなく
かつ過度に高過ぎる訳ではなく
絶妙な塩梅。

 

 

ようやくエアロロードらしさ確認!

 

この日のインプレで
頭一つ飛び出したパートです。

 

 

総合的な感想は、

見た目エアロロードで
平地性能しっかり盛っていますが
押しなべてバランス良好な乗り味。

 CONCEPT試乗

 

これって
ある意味玄人(職人)好み?

 

 

飛び抜けた感じは薄いけど
一通り走れて、楽できて、

 

ゴール前まで足残して。。

(個人的な感想ですよ)

 

 

C60やV1-Rしかりですが
やっぱり
老舗のプロバイク。

 

 

エヌビーエス様
幸せな時間を
ありがとうございます。

 

 

 距離:120km

獲得標高:1378m