最近の志木店 アルゴン18×RT9×タイヤ装着のコツ
by: 野澤 伸吾

志木店HP御愛顧の皆様

ここのところ多忙でアップできすすいません。

最近のYsRoad志木では

ARGON18のGALLIUM PRO組立

2F2A6192

   ↑・・・・組み手からみて気が付いたことを書いてみます

GR030432

    ヘッドチューブが可変式なんですね!

GR030430

 部品の入れ方で

   三段階に長さを変られます!

GR030435

厚い&薄いリング あるいは リング無

GR030433

     ↑ リングの固定はこんな感じ

GR030436-001

上側のベアリングの位置が変わるわけです。

上手くポジションが合えば・・・・・

ステム下にスペーサー無に出来ます

 

ステムとベアリングが

近いという事に

とても意味があります

 

つまりヘッド剛性が高い!!

うむ 実践的であります。素晴らしい!

2F2A6193

細かい部分ですが FD台座は角度が調整できます

 54t~48tあるいは楕円まで

    アウターチェンリングはある訳で

 ここが可変なのはフロント変速に影響あります

うん このメーカーは目線が実戦的で良いですね。

今後はアルゴン18  注目です

 

 

同時進行は・・・・アンカーのRT9

そのシートバンドに薄くグリスを塗布しながら発見したのが

2F2A6195

 ↑ なにか 指先に小さな段差を感じます

  【勿論 下側の事ですよ】

2F2A6196

ほんのわずかの高さ&幅ですが出っ張りがある

・・・バリ?  いや違うな と

2F2A6198

   ↑ この部分がハマる相手を良く見ると

  その位置に凹みがあります

 溝が切ってあるんですね。

2F2A6201

バンドを押しこむとパチンと感触が手に伝わる

  ナットや おさえ金具にも拘りがあり

 日本工業製品的良心を感じます。

2F2A6203

地味で細かい部分なだけに素晴らしい!

良心的だぞアンカー!

 

 最近はディープホイールクリンチャーも多い

IMG_4722

    てことは バルプも延長します

  その時に・・・・・

IMG_4724

↑ 延長バルプのネジ部には防水シールを巻いておきます

  【水道の蛇口なんかを繋ぐ時に使うアレ】

IMG_4727

    ↑ 本来は無くてもいいんですが

  ここから空気が漏れると厄介なので保険

IMG_4742

 ↑ タイヤによっては回転方向の決まりがあります

  だいたいがこの表記が小さくて見えにくいです

1-dscf4050

   コンチネンタルGP4000S お勧めです

IMG_4763

↑ まずは ある程度は空気を入れたチューブを

反対側のタイヤ側面を押して

正規な位置にチューブを納めてやります

この一手間が リム噛み防ぎます

さてタイヤビートを

嵌める最後の部分なんですが・・・・

IMG_4765

 ↑ 親指だけで押すと 厳しいんです

この 手のひらの出っ張りラインでおしましょう

IMG_4768

↑ 指を曲げると盛り上がる筋肉のライン

  タイヤビートをホールドし

IMG_4775

    ↑ 手首の返しでビートを嵌めます

★親指の力より手首の力が圧倒的に強いので!

【もっと厳しい チューブレスの場合なんかは親指も総動員しますが】

IMG_4786

 ↑ 最後に丁寧にリム噛みをチェックしましょうね

  そんな

志木店でした

by野澤