【SHIMANO R9170試乗会】 ディスクロードに未来は拓けるか?! DURA-ACE油圧セミナー報告
by: 野澤 伸吾

 

シマノ社は本気であります

 

 

今後のロードバイクの世界

油圧ディスクブレーキが

スタンダードになることを!

 

 

R0093500-001

 

 

長いくだりのルーズで連続的な減速

タイトなターンイン直前のハードブレーキ

市街地で繰り返す信号のストップ&ゴー

 

 

R0093707

 

今回のブレーキングシステム開発は

日本国内でプロトタイプを造り

ヨーロッパのテストフイールドで徹底的にテスト

毎回5~6セットを試してもらうを

何回も何回も繰り返したそうです。

届ける先でチェックするテストライダーは某有名プロレーサー

 

ブレーキフイールをとことん突き詰めた

9170はダイレクトな制動フィーリングで

プロライダー好みな味付けを意識したそうです

 

 

確かにどんな状況でも極自然に

指先のチカラに反応して思いのままの減速。

 

 

 

MTBのディスクブレーキ聡明期にあったような

猪突猛進的なドッカンブレーキはもう微塵も無く

よく調教されたサラブレッドです。

 

 

ビギナーズライダーもベテランも

安心してレバーを引けます

 

しかもそれは・・・・・・

リムの加熱崩壊からくる落車の恐怖や

突然の雨で無力化から開放されてです

 

2F2A0939

エンジニアさんいわく・・・・・・

MTB時代から永く培ったローターのノウハウ

 

オンロードシーンでのベストバランス140mm

 

シマノの140mmは世界に向けても胸をはれる逸品ですと

ローターの放熱特性は他社の追従を許しませんシマノの強みです

 

そうなんですよね ブレーキってのは

運動エネルギーを摩擦で熱エネルギーに変える装置ですから

熱を大気に放つローターはです

 

R0093513

 

 

9170のもうひとつのポイント

サイクリング中

常に握っているであろうブラケット

 

 

信じられないくらいコンパクトである

 

 

お話を聞いたエンジニアによれば

STI躯体開発で最大の苦労は

 パテント抵触回避の工夫の連続 

 

シマノ開発陣の血の滲む努力が

この見事に細く手になじむSTIに現れてます

 

本当にこれで油圧かっ!

と思うほど 自然で細い。

ロングライドでもレースでも

アナタ様の手を優しくかつ的確に支えます

 

 

 

さて

会場には・・・・・・

R0093519-001

 

何社もメーカー様がいらっしゃいまして

われわれにディスクブレーキ

試乗車両を用意してくれました

 

 

R0093527

 

 

BMCは内装具合が進歩してますねー

 

 

R0093532

 専用コラムからインストールされたラインは

特殊形状のコラムのサイド

を通りフレームインしますので

R0093536

 

とてもスッキリとしたハンドル周りになります

2018からは・・・・・・

ジャンクションもダウンチューブに内装です

 

R0093595

ザックさんイチオシのディスクロードです。

 

 

 

R0093575

メリダもきっちり仕上がってました

R0093598

 

もちろん全社ともスルーアクスルです

ロードのディスクは

スルーアクスル化がとても重要です

 

 

R0093541-001

ジャイアントさんは

全サイズのTCRディスクを

お持込になる本気度120%でした。

あまりに試乗の時間が短く乗れませんのが

とても残念でした。

ジャイアント様は完成車グレードの機械式ディスクでも

いち早く対向ピストンを導入していました

時代を見据える目は確かなメーカー様でございます

 

 

 

 

R0093618

 

わたし・・・・・・

 

ROAD×CV×DISC=幸せ 

と予想してます

 

 

嫌な振動をカットして最上のブレーキングが

天候に左右されず提供されるんですの

いいなああ・・・高価ですがね

 

 

R0093521

2018年以降

 急速にディスクの波は来るです

もう既にフォークは諸問題をクリアし

ナチュラルな加速感と

ブレーキングを手にしています

R0093569

野寺監督も・・・・・・

『これからはディスクの時代です!』

と おっしゃります うん

 

 

R0093678

 

そんな感じで実りの多い試乗会でした

どうぞ新時代でもYsRoad志木を御贔屓に!

by野澤