【社員試乗会】気になったプロダクツ一挙公開!※総集編的な感じです
by: 石川康輔

 

2017年10月17日

 

某所

(彩湖・道満グリーンパーク)

 

 

雨が降りしきる中開催された

社員試乗会

メーカーさんも朝早くから我々のために準備をしてくれているので

 

こちらも気合は十分です!!

 

 

 

IMG_7188

 

 

 

久しぶりに雨の中まともに走った気がしますね

 

 

今回はクリートの予備を持っていき忘れていたので

クリート磨耗により後半あまり乗れていないのですが

 

 

 

 

 

 

その中でもコレは!と言う物をピックアップ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ先に乗ったのがこれ!

 

 

GIANT

TCR ADVANCED PRO 1

IMG_7183

 

 

 

¥340,000+税

 

ミドルクラスカーボンロードですが

 

 

完成車のジャイアントはえげつない!!

アルテグラR8000仕様のこのモデルですが

 

ホイールに同社カーボンクリンチャーの

SLR1を採用!

タイヤもGAVIAのTLRタイヤ使ってますね

IMG_7184

 

 

前後で15万円のコスパの良いホイールですが

 

コレがすごくいい!!

 

フレーム20万ホイール15万それにアルテグラと上級パーツもろもろ

 

 

完成車としてコレほどお買い得なモノは

 

「他にありません」

 

 

これでロードを始められる人は本当に幸せでしょうね

 

 

 

 

 

細かいインプレッションなどは

個別に記事をあげていきます

(全部はごめんなさい)

 

 

 

続いて一番速いの乗っておこうと

 

 

TREK

MADONE9

IMG_7185

 

 

DHバー付きですが試乗中はあまり使ってません

 

 

最速のロードと噂のマドン9

 

力を入れなくても勝手に進んでいく恐ろしいバイクでした

それでいて乗り心地も良く

まさに完璧なレースバイクですね

 

 

これは、技術とか体力とか関係なく速く走れそうです

 

 

 

 

 

 

 

FELT

FR2DISC

IMG_7187

 

 

 

もともと剛性の高かったFシリーズから

リアの吸収性を上げて

レースマシンとしてレベルアップした

FRシリーズ

非常にしっかりとしたフレームで

ダンシングでの反応も良く

ハンドリングも自然で乗りやすかったです

 

 

この日初めてのディスクブレーキでしたが

ブレーキのタッチも自然で雨の中でも良く効きました

 

 

 

 

 

 

 

 

発売されてから

ずっと

気になっていたバイクに乗ってみました

 

CARRERA

ER-01 アルテグラ

IMG_7189

 

 

 

フレーム販売では

¥98,000+税

圧倒的なコストパフォーマンスを誇る

このフルカーボンバイク

 

 

 

 

10万以下でまともなカーボンバイク作れるのかい?

試すように乗り込んでみましたが

 

 

 

 

ああ

普通に良く走るやつだ(笑)

 

 

って感じでした

 

 

感覚的に

数年前には20万ぐらいで売っていたフレームと同じぐらいの

本当にしっかりしたカーボンバイクですね

 

 

これはおススメしますよ

 

 

 

 

 

 

 

毎年乗ってる?

FOCUS

IZALCO MAX

今年はついに

DISC乗ってみました!!

IMG_7191

 

昨年モデルの完成車で

¥690,000+税

 

一踏みでギューンと伸びる加速感が特徴のMAX

あの軽快さがディスクブレーキになったことでどう変わるのか

 

結果

 

・・・・・・・・・・・・

 

いいところは変わらず

 

Fフォークもあの細いフォークで剛性とか大丈夫かなと思ってましたが

強めにブレーキングしても全く大丈夫!

 

 

 

キャリパーブレーキとの重量差もあまり無いようで

ディスクブレーキのハイスペックバイクとして既に高いレベルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に一番乗りたかった

BH

ULTRALIGHT EVO

IMG_7192

 

 

 

フレーム価格で

¥420,000+税

 

 

 

今私が乗っているULTRALIGHT RCの

プロスペック最新モデル

 

横から見るとシンプルなフレームではありますが

BB386EVOの

BBシェル幅一杯に広がったダウンチューブが

このバイクの大黒柱となっています

 

 

 

その他反応性と剛性を上げる事を突き詰めたこの形

 

 

 

 

ツールではスプリンターのコカールが

このフレームでスプリントしていた理由が

 

良くわかりました

 

 

いろんな方向に硬い!!

 

唯一のやさしさは細くなったシートステー

普段から乗っているのが全く同じ形の下位グレードだけに

このバイクの反応の速さが良くわかりました

 

そして、スプリントの真似事をしても加速の限界が見えてこない・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は簡単に気になったものを紹介していきましたが

 

次からはこの中から

自分の好みとか関係なく

ピックアップして詳しく紹介していきます!!

 

 

 

 

 

あ、ヘルメットとかウェア系の写真全く撮ってなかった

それは、いずれ入荷したときにでもお話できたらと思います・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

ではまたです!!

 

 

 

 

続きです①