【2018アンカー展示会】アナタ様にもっともフィットする設計【アジアンスケール】
by: 野澤 伸吾

 

ANCHORの2018新型展示会に行ってきました

アナタ様が知るべきキーワードは・・・・・・

 

推進力最大化

R0463120

 

脚力を最大限のパーセントで

推進力に変えようという努力

 

R0463109

ブリヂストン アンカーの2018戦略の

第一戦略は・・・・・・

基盤技術の強化と滴下!

R0463111

アナタ様の発揮するエネルギーを

余すことなく前に!前にっ!進める技術!

R0463113

 

勿論、この手法はすべてのメーカーで

着目され各社、日々努力はしています

ですけれども ブリヂストンアンカーは日本企業

 

 

R0463119

設計 日本人スタッフ

R0463121

日本国内にて日本人選手が

R0463122

日本人スタッフでシュミレーションを

実施し計測してます。

 

人間の骨格は歩くために永い年月に最適化されてます

しかして ペダリング運動はそれとは一致せず

折り合いを持って我々はサイクリングしておりますね。

 

東洋人の骨格と西洋人のそれは違いがあり

東洋の地にて 東洋人のスタッフでの

開発はジャストミートすると

容易に想像できるシナリオであります。

 

R0463125

2018年におきまして

アンカー新型の機能面はセカンドグレードの充実です

バリバリ!レース用のRSグループ

ラグジュアリーロングラン用のRLグループに

セカンドグレードのナンバー エイト

RS8とRL8ですね

R0463126

RS8は前三角横剛性が25%アップ

シャープな加速性とコーナリングパワー

R0463129

RL8は前後三角を剛性アップし

プロユースモデルに近づきました

 

両モデルともフレーム形状とジオメトリは

上位モデルの9シリーズと同じ。

 

ピナレロ社ではドグマとガンの関係ですか。

 

多くの工業製品には【道具】

トップモデルとセカンドモデルが存在します。

 

スポーツ機材のなかでもサイクリング機器は

ユーザーのスキル 筋力 使用目的

によって適材適所な範囲が変わります

 

すべからく上位モデルがベストかというと

   そうでもないのは アナタ様も御存知ですね。

 

アナタ様の脚力にちょうど良いのが大切です。

 

ブリヂストン アンカーがセカンドに注力してきた

それは真心であります。  良心。

 

2F2A9551

 

カラーリングにも力入れてます!

R0463138

選べるフレーム色も増えましたし

ロゴ色の選択も増えました

2F2A9549

↑ フレームとロゴが同系色で

クールなデザインも思いのままです

 

【私の記憶では 30年程前に タレントの所ジョージさんが

愛車コルベットのカスタムペイントを同系色で一見目立たないロゴ

デザインされていたのが最初でしたね。 あれは衝撃的に新鮮だったなあ。】

 

 

2F2A9561-001

↑ 戦車みたいなグリーンもあります!

 

 

2F2A9566

女性モデルも!

2F2A9569

女性用10周年記念で

2F2A9568

ステキな二つの新色♪

2F2A9573

  マットカラーは2018も健在ですっ!

 

 

2F2A9585-001

発売25周年のNEO-COT

RNC7は電動コンポに対応!

2F2A9591-002

EPSにも対応しています。

2F2A9592

電動専用モデルならダウンチューブもスッキリ

2F2A9579

BB下には 誇らしげに

ブリヂストンマークがつきます

 

 

2F2A9557

来年度が楽しみな

ANCHORです

by野澤