【春に向けて】レースタイヤは決まってますか?SUPERSONICあります!
by: 石川康輔

昨日は帰り道歩いていたらブラックアイスバーンに遭遇しました・・・・・

日中に溶けた雪が帰る頃に凍って一面が黒い氷に・・・・

まだ、うちのほうは危ないですね

週末また雪降りそうですが勘弁してください

 

 

 

 

良いタイヤあります

 

CONTINENTAL

GP SUPERSONIC

IMG_4839

700×23C

¥7,400+税

 

もはや多くを語る必要も無いでしょうか?

国内レースでの実績がすごくある

優秀な

レースタイヤです

 

IMG_4844

 

 

路面抵抗の小ささと高い耐久性がある

ブラックチリコンパウンドを採用しているので

(4000SⅡにも使ってる)

軽量レースタイヤの中でも安心感がありますね

 

レース前にいきなり変えても

器用な人で無いと走行フィーリングの違いに対応できないですし

そもそもタイヤによって適正な空気圧等の

細かなセッティングが変わるはずなので

今ぐらいからタイヤを変えて練習しておくのをおススメします

レースがある頃に丁度交換時期になるので

無駄なく使えますね

 

 

 

そもそもレースタイヤと言われても

レース出無いよという人もたくさんいるでしょう

私も出る予定はありません

 

ですが、

「毎日が戦い」なのです

 

どれだけ速く走れるのか突き詰める事が

ロードバイクの1つの楽しみ方でもあります

 

どれだけ速く走れる乗り物に仕上がるのかというのも

ロマンがあります

 

 

そのうちで実はかなり大事なのが

 

タイヤです

 

通常オールラウンドな仕様のタイヤは

耐パンク性能や対磨耗性能などを重視しながらの

「走行性能」の底上げをするものです

これらは両立が難しく

速くてグリップして軽いタイヤは寿命が短い定めがあるわけです

 

 

ですが、軽量レースタイヤでしか得られない

走行フィーリングがありますし

 

パンクこそ時の運

耐パンクのベルトが入っていなくても

毎日パンクするわけではありません

 

 

個人的に軽量タイヤを使う機会が多くありますが

軽量タイヤを使ってパンクする原因の一番は

「寿命です」

 

三ヶ月使ったし~

2000km以上走ったし~

という

(最近のレースタイヤは基本的にこれ以上は使えます)

 

根本的にレーシングタイヤの寿命がその辺だからというのが

一番の原因ですね

 

 

逆に

砂利でパンクしたとか

段差でとか

サイドカットしちゃったとか

 

記憶ではほとんど無いですね

 

ちなみに

僕はパンクしたタイヤは天寿を全うしたと割り切って交換します

 

チューブを交換したところで

タイヤが弱くなってきている事に代わりが無いので

安心を手に入れる為に変えます

仮に三ヶ月使って無くても

 

パンクした際に

鋭利な物で穴が空いているかもしれないですし

硬いものを踏んでパンクしたなら

タイヤ自体が部分的に弱くなってしまったりと

再度のパンクが容易に想像できるので

 

交換する事でその不安を払拭します

 

その後はまた寿命まで使えるのですから

出費も特別増えるわけでは無いですからね

無駄にチューブを消費する事もなくなりますし

 

 

実は経済的ではないかと

 

 

 

少し話がずれたかもしれませんが

 

軽量なレースタイヤを使うのには

速さと引き換えに

耐久性(時間、距離)が犠牲になります

 

その代わり、タイヤが薄くなることで

タイヤ自体がしなやかになるので

総じて乗り心地が良く

グリップも良く感じられます

 

 

レースに向けての人も

そうで無い人も

軽量タイヤの世界を体感していただけると

 

今までと違った走りの感覚を得られると思いますよ!