【2019年Cannondale】展示会情報   SystemSix と F-Si HiMOD 【乗ってみたら】
by: 野澤 伸吾

 

本日は富士急ハイランドで行われた

2019年新型Cannondale発表会にっ!

2F2A0187改良

多くのメーカーは都内で発表会をひらきますけど

キャノンデールは試乗会も兼ねていますので富士

沢山のSystemSixがキャノンデールの本気度を示します

2F2A0061

ロード部門での一番ニュースは

エアロロードのデビューです!

2F2A0088

午前中の座学では

難解な方程式により立証された

エアロロードの優位性

2F2A0095

簡単に結論から申し上げますと

軽量モデルとエアロモデルは登坂であっても

 

そうっ! 登坂路であっても6%の傾斜までなら

エアロのほうが速い!!

なにっ!? て感じですが

本当らしい

2F2A0101

体重75kgのライダーが300Wで

超激坂ラルプデュエズを登っても

スーパーSixEVOにたった19秒しか差が付かず

2F2A0103

 

その後の下り坂では逆転してブッチギリです

なにしろ60km/hを出すときに必要な出力がこの差

2F2A0104

そして ドラフティング時にも圧倒的に有利

 

 

↑KNOTシステム

2F2A0062

勿論 ディスクブレーキの利便性もあります

ブレーキ性能のみならず 

2F2A0108

ブレーキ当たり面の制約から解放され

自由なデザインのリム形状は空気と友達♪

2F2A0082↑ タイヤとスムーズに繋がるラインに注目

 

DISCブレーキが認められた直後のツールドフランス

おもったほどDISC装着車が少なかったのは

 

 

トラブル時の交換に要する時間

マビックのオフシャルカーに積まれてないこと

が 一因でもあったときいてます

 

↑ 新しいスルーアクスル

ほんの数回回すだけで脱着できます

しかも このシステムのパテントはマビック

てことは 近々には世界的レースでDISCも進む予感

 

2F2A0115

私も 試乗しましたよ

さあ 最新のエアロロードが

世界最速エアロロードなのかっ

2F2A0193

座学のレクチャー通りに登りの軽さと

 

アップダウンの続く直線で

40km/hを越えたあたりから

明確にエアロ効果を体感できました

 

上半身に対してハンドルを持つ手から下が

スススっと 予想より前に出る感触

ああっ! これがエアロ効果なんだねっ!

 

一緒に試乗した各店の店長の笑顔が

2F2A0127-001

この類い稀な

2F2A0130-001

アエロロードの

2F2A0133-001

確かなる効果を

2F2A0144-001

語っていますね!!

2F2A0196-001

はい  2019Cannondale 快心のエアロはオススメです

 

 

 

さて もうひとつ

わたくしめの魂を揺さぶったのが

81280-001

ほぼ10年ぶりのマウンテンバイク!

 

 

81283-001

新しくなったレフティ!!!

ALL-New Lefty

その名は Ocho 

なんとシングルクラウンです

超軽量ながら素晴らしく動きますよ

↑試乗コースでの一場面

改良され最適化された剛性

2F2A0157-001

ほんと乗りやすい

軽い

欲しいわ これっ

2F2A0158-001

上のハンドリングで

最高のXCシーンを体験できるでしょう

 

2F2A0154-001

75万円 かあああああ

ステキ

 

 

そんなわけで

2F2A0149-001改良

同僚たちと

2F2A0170-001

たのしく キャノンデールを

2F2A0171-001

満喫した一日でした

 

うん自転車って楽しいぞ

by野澤