【マウンテンサイクリングin乗鞍】石川初めてのレース参戦記【超長文】
by: 石川康輔

 

石川です

 

 

乗鞍ヒルクライム行ってきました!

いやー涼しくて良いとこですね!!!

埼玉の暑さが嘘みたいです!

水もおいしいし

空気もおいしいし

夜は星も綺麗で

最高でした!!!

また、遊びにいきたいd・・・

 

ってそんな事はどうでもいい!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いや、大事ですね

 

あんなに良い環境で走れる

滅多に無いチャンス!!

 

クローズドコースで

運営のサポートがしっかりしているので

個人で走るよりも遥かに安全で

トラブルがあっても助けてくれる人がいます

レース自体も

たくさんの人と走れるので

楽しいです!!

 

 

 

 

富士山も良いですが

山好きとしては

日本アルプスの大自然の中走るの最高ですよ!

 

 

もちろん、多くの人が真剣に走るために来ています

ですがレース以外の魅力があるからこそ

今年で33回と国内で最も歴史のあるヒルクライムレースとして

今でも絶大な人気を有しているわけです!!

 

 

見てください!

この美しい朝焼け!!

DSC_1378

 

 

3000m級の峰峰が綺麗に染まっていますね

 

 

時はさかのぼって

前日

寄り道しながら半分した道で向かったので

割とギリギリに到着しました

 

松本市街地は暑いぐらいに晴れていましたが

乗鞍高原はちょっと曇っていて肌寒い感じ

 

DSC_1367

 

 

ブースでは

色々と展示販売がされていましたが

エントリーを済ませたら

明るいうちに練習!

 

DSC_1365

 

 

 

 

基本仕様ですが

本番はライトとサドルバッグ等は全部置いていきます

 

DSC_1366

 

 

 

ギヤ比は

38×34T

勾配に応じて30Tも使えるので

11-34Tのカセットは気に入っています!!

 

 

 

フロントをノーマルのままでロングライドやヒルクライムを楽しむなら是非入れてみてください!

 

 

重量は測ってないですが

特別軽くは無いです!

 

 

タイヤはIRC FORMULA LIGHTの25C

パンクするイメージが全然ありませんが

その上、空気抜け防止でシーラントを入れているので

いざパンクしても怖くありません!!

てか全然パンクしませんね!

 

 

前日にその辺を軽く何本か走って(コースは試走不可)

調子を確かめます

 

 

 

朝は軽くランニングするぐらいとストレッチだけで済ませ

会場入り!!

 

DSC_1380

 

 

身体自体の調子は良さそうですね

 

初レースなので自分自身どのぐらいのアップが必要なのかは正直わかりませんが

まぁ、ようはほぼアップしていない状態ですね

 

 

 

若いので比較的早い出走順でした

DSC_1383

 

 

周りの人の身体をみると

プニプニの僕とは違いますね

 

コレが”アスリート”か

 

流石に、半年でしかも結構サボりながらの自分とは違いますね

 

 

ですが、レースである前に

ヒルクライムは自分との戦い

まずは20kmのヒルクライムという未知の世界

立ち止まらず完走する事を目標に

そして、1.5hの目標タイムをエントリー後に想定しながら練習してきたので

一応それも視野に入れて出発進行!!

 

 

 

 

 

~ゴール~

 

DSC_1384

 

 

 

 

 

 

もう

文字通り

何とかゴール

という感じ

 

 

結果は

1h52m20.694s

 

DSC_1395

 

 

 

まぁ、コレが今の実力ですね

 

 

レース内容としては

スタートから勢い良く登る人たちを横目に

パワーメーターを参考にしながら

平均で三倍を超えないようにゆっくり登っていきます

心拍数も上がっていき

先に行っていた選手を次々とパスしながら

身体も温まって三倍付近ならゴールまで持ちそうだなと

ゴールタイムも1h40mくらいが期待値として見えてきたところですが

 

 

足がぴくぴくしてきた

 

 

一時間を越えるあたりからかなりヤバイ状態に

途中で水をかけるも逆効果

高度が上がってハイマツ帯に入ると

超寒い

一瞬で体温が奪われて

石川エンジンは止まりかけ

足も冷えちゃってどうにもならない状態に

 

(目標は2h、てか完走!)

と、心の中で妥協した瞬間でした

 

残り五キロ地点・・・・・・

そこからはペースを上げると完全にあしがつる状態に

勾配も10%程のきつい箇所が増えているが

足を使わないでどうにかパスしないといけない状態に

 

心拍数も落ちている為

体温も下がり

マジで寒かった

 

後ろからスタートする先輩方に道を譲りながら

抜かした人たちにも抜かされながら

足つりを我慢する事40分

 

 

でも、なんとかゴール

最後は本日最高出力の588wを出しました

瀕死でも瀕死なりのスプリントはするんだな

だって、心はアスリート!レースですから一秒でも先着したいよね

 

 

ゴールの県境から少し行ったところで荷物を回収

鶴ヶ池が見えますね

そこのピークは富士見岳ですかね

 

DSC_1386

乗鞍を形作っている23の峰の内の1つですね

 

下りは下山荷物を入れたデカサドルバッグを頂上で回収

ウォーマーとウィンドブレーカーを着て下りました

 

こちらが天空に一番近いゴール地点です

DSC_1387

 

下りは集団でおこなう為

しばらく待機

 

DSC_1388

 

 

 

ちなみに

あの真ん中へんの平らなところから登ってきました

DSC_1390

 

こうしてみると

 

すげーな(笑)

 

 

 

下山も登りと同じだけ走るため

すっごく長いです

手が痛いですね

というか腕全体

登りでも腕を使って

下りでも腕を酷使して

家についてからしばらくしてスマホも持てない感じになりましたね

 

 

そういえば

最近のカーボンクリンチャーは優秀ですね

乗鞍ほどの長い下りでも

全然大丈夫!

万が一を想定してフロントだけ空気圧を下げましたが

タイヤの心配はすれども

リムがダメになるという話は最近耳にしなくなりましたね

 

 

お土産を色々といただき

DSC_1394

 

 

 

着替えて片付けて

早々に帰宅

 

 

明るいうちに家に着きました

 

 

 

 

乗鞍の挑戦は終わりをむかえたのです

 

終わり

 

 

 

 

ここからは僕の話を延々とするだけです

 

 

 

全然走ってなくてどうにかしたい

いつかはヒルクライムに出てみたいけど不安だという人は

参考にしてみてください

 

 

 

ブログを熱心に読んでくださる方はなんとなくご存知かもしれませんが

 

今回の乗鞍の挑戦を決める前は

体調不良がきっかけで

それから二年以上まともの自転車に乗っておらず

年に1回か2回の走行と月に数回の通勤のみといった感じ

 

去年はほとんど乗らず

運動不足で最終的に今年の年始に体重が85kgを超え

いざ自転車に乗るも

もがいて40km/hというやばい状態に

 

そんな状態を乗鞍にエントリーするという

期日の決まった目標を設定する事で

「自分を変える」という意味合いが少なからずありました

 

 

ガーミンコネクトをみると

二月からトレーニングを始めてました

一月は1度も走っていません

ガーミンコネクトは全てを記録していました

 

 

最初に取り組んだのは

自転車で通勤(片道14km)を週に1回以上できるようにする事

 

通勤で自転車に乗るという事は仕事に影響が出ます

年始ぐらいまでは自転車通勤を一度でもすると一週間がつらいレベルの貧弱度だったため

まずは、通勤をしても大丈夫なレベルまで室内トレーナーにまたがりました

 

 

 

文字通り「またがる」だけの練習未満の行為でしたが

だんだん20分漕ぎ続けるとこまでできるようになりました

 

ガーミンのFTPは200wと出ていましたが

まぁ、そもそも一時間漕げないし

練習量が少なすぎたのでまともに測定されてなかったのでしょう

 

 

それからこつこつローラーで練習

もちろん、毎日練習できるほどの身体は無いので

疲れてやらない週なんかもありました

 

内容は

練習は20分を目安に全力を出すという物です

 

5分だけという日もありましたね

逆に休みの日は1時間もやっている日も

 

 

3月中には通勤もわりとできるようになり

なんとか100km以上の走行も

たしか定峰に行ったと思います

白石からの下りでパンクしたせいで

カーボンホイールがダメになった記憶もあります

 

5月は道志みち

ここで熱中症気味になり

そこからしばらく全開で走行ができない感じに

 

その後も

越生や白石、あしがくぼなど

外を走りつつ

 

基本はローラー

そして通勤

通勤は5km程ノンストップで走れる環境の為

有効活用しない手は無いと

高出力なトレーニングを

週三回と決めた自転車通勤でなるべくやるようにしました

(毎日通勤で乗ると休日ライドに疲れが残るので)

 

 

機材も

SRAMeTAP

QUARQパワーメーター

BONTRAGER AEOLUS XXXと

本気の機材で固め

言い訳できないところまで

 

参考画像

DSC_1311

 

 

 

レースまで間もなくとなり

 

距離を乗ったり

長い峠に行ったりはほとんどしないまま時間が過ぎてしまい

 

 

このままで

20kmの

長い峠をこなせるのか不安になりました

 

 

 

 

そこで最後にロングコースで長い峠のあるところまで行ってこようと

軽井沢(碓氷峠)ロングライドを決行することに

 

そこで頑張ったおかげで

乗鞍に対しての不安は全くなくなりました

 

無理をしないといけないぐらいのロングライドをこなす事で

それまで練習で培ってきた事が身になっていることを実感しましたし

 

単純にメチャメチャ楽しかったです

 

 

 

 

半年程取り組んだ結果ここまではこれましたが

目標にしていた

良い結果というわけではなかったので

乗鞍ヒルクライムは来年も参加したい気持ちはあります

ロングライドをメインに

来年こそは登れる身体に(まだ80kg前後)仕上げていきたいですね

 

 

そんな感じで

長くなりましたが

半年頑張れば乗鞍も何とかなる

という話でした