【(株)東海汽船プレゼンツ】伊豆大島がとにかくめちゃくちゃ“よかった”件について。#1
by: 木村隆之助

木村です!!

この度東海汽船様のご招待で、伊豆大島ライドに参加させていただきました。

当店からは、同じサンデーライド担当をしている野澤と参加!

野澤の記事はこちらをクリック! 

2K1A7282

 

 

7/9 20:30

志木店での業務終了と同時に、車に乗り込み、

当店野澤、木村と越谷店奥平店長は店を後にしました。

 

9B36105F-DE12-4FCA-87EF-EA3E1B8BA4FE

 

 船の出発地点、東京の竹芝桟橋に到着!

そこには今回当社から大島へ行くスタッフが勢ぞろい。

ワイズロードからは、計7名のスタッフが今回の旅に参加。

 

63BE5336-EF17-4EBF-8E57-E6174A8960B1

 

 

23:00いざ乗船。

 

今回はモニターという事で、そのまま自転車を積んでみます。

どう積めば、自転車に傷がつかないか、スムーズかなど思考錯誤し、

意見を出し合いました。

やはり実際にやってみないと見えてこない部分というのがありますね!

お客様の大切な自転車を傷つける訳にはいきませんから。。

 

 

6FF3FE5C-2F89-4191-B0E6-C864B6EC8B49

 

 全て重ねて、毛布で被せて自転車の方は完了!!

ちょっとチラ見えしてるけど(笑)

私はDi2なので、放電防止でジャンクションから

念のためEケーブルを抜きます。

 

710CBB1A-82E4-4CCA-8A60-B0B184A8680F

 

23:30ごろ出航!

今回の船さるびあ丸からのこの景色は、

この夏公開の、君の名は。でお馴染み、新海誠の新作

「天気の子」で出てくるのだとか。

 

807D5877-AE4E-4948-B08E-77C12493DFEC

 

 

お茶の水店スタッフの小西もこの表情です(笑)

 

A02A5E66-EDBB-4B35-8FF9-329AD1D081FA

 

 

はい、約5時間後の4:40ごろ、大島に到着!

朝日が眩しい&眠いですが、こんな清々しい朝は久しぶりです。

 

EA399912-B271-4059-B60F-614AF517AE9C

 

いい一日になりそうな感じって感じ〜

海に慣れてない埼玉県民の私は、

やっぱりテンションがアゲアゲです。

 

A8E607BA-3791-4168-A1DD-69EFD897E76B

 

 

船から自転車を下ろして、走る準備を進めていきます。

 

A366A7FF-32A9-4B3A-B6F0-16E0855A8A6A

 

 

警察官の方が、タラップ(?)の接続を手伝っていて、

なんだか、住民との距離の近さに驚きつつ少しほっこりしました。

こんな温かみのある警察官ばかりだったら

島民の方たちは安心して暮らせますね。

 

海の上にポツンとある小さい島にもちゃんと生活があるんだなと、

当たり前なんだけど、感動しました。

 

923258BE-4699-4604-8D61-77CAA797FF23

 

 

しばらくこんな道が続きます。

道が綺麗で、そこそこアップダウンがあり、車もほとんどいません。

もう初っ端から自転車乗りテンション上がります。

 

ちなみに前を走るミニバンは、我々の荷物を運んで伴走してくれる、

東海汽船の方々。

実際のツアーにはありませんので、観光協会に荷物はお預けください。

 

 

835949B2-E908-4BB7-B8C9-FE84EBAAD47C

 

 

御神火温泉に到着。

ここで少し、休憩&着替えたりしました。

広間があり、くつろげますので船旅で疲れた場合は

体を休めてから自転車に乗りましょう。

 

E6660482-B71B-4945-9719-D5381CB1E437

 

 

お弁当や、お惣菜などが売っているお店で軽食をいただきました。

島の人が握ったおにぎりめっちゃ美味しかったです。

活力の源になりました。ごちそうさまでした!!!

 

2K1A6944

 

 

しばらく登り、走り続けますと、第一の名所

地層の断面が出てきました。

バームクーヘンのような感じですよね。

バス停もバームクーヘンの形をしていて、

地層見てるとバームクーヘンを食べたくなりました。

っていうのは嘘で、おにぎりでお腹いっぱい。

おにぎりの具は明太子と鮭が好きです。

 

F6D6812B-7708-403F-998D-EEE68115903C

 

 

また自転車に乗りしばらく走ると、

こんな素敵な港が一望できるではありませんか。

 

_1000400

 

 

波浮港(はぶこう)という港ですね。

写真はマニアック古谷野が撮影。

左から、お茶の水小西、志木木村、越谷店奥平店長

 

まだ7:30!?ってなりました。(笑)

 

DECA95C2-5A47-4D4C-B524-7C787FB3F451

 

筆島に到着!

 

65B45215-B876-4A43-B662-DDC5838EF38A

 

 

とにかく爽快感がすごいです!!

 

057F2F2E-E4D4-498E-99D5-B90A074502A8

 

 

走っていると、こうした絶景を堪能する事ができます。

 山も海も楽しめるのは、島ならでは!!

 

パート2へ続く!!