旧ブログサイトはこちら

【ろんぐらいだぁす!】しまなみ海道キャラバンライド&尾道上映会レポート!【ふぁーらうぇーぃ】
by: 松永 剛

 170203_title

 

1週間以上経ってしまいましたがご報告を。

 

先週の2月3、4日の2日間、弊社協力のアニメ作品『ろんぐらいだぁす!』の11&12話の上映イベントが、新宿と広島県尾道市で開催されました。尾道会場のゲストとしてお呼ばれしまして、そちらに参加させていただきました。

 

なぜ尾道なのか?というと、最終話となる12話が、亜美ちゃん達『チームフォルトゥーナ』の面々が尾道~今治間を繋ぐ『しまなみ海道』を走るお話ということで、現地で上映会イベントを開催しちゃおう!という企画だった訳です。

イベントは4日(土)の夕方から開催という事で、当日はアニメプロデューサーの杉田氏(サイクルウェアのアウローラの人ですw)、劇中登場サイクルショップのアルパカサイクルのパカさん役の、走る女性声優・東城咲耶子さん(サイクルスポーツ3月号表紙でお馴染み?)、そして弊社と共にアニメの製作協力を行ってきた、M・マキノサイクルファクトリーの坂西氏、そして自分というメンバーで、尾道の対岸の愛媛県今治市から会場に向かって走って行こうという企画も実施!その道中の模様などをレポートしていきます。

 

現地には前日のお昼に羽田から松山行きの飛行機で向かいました。

 

 170203_01 
着陸少し前には明日走ることになるしまなみ海道を上空から確認!!

 

 

空港には、キャラバンライドを全面サポート頂いた、尾道の自転車ブランド『NAGI(凪)バイク』さんが車にて迎えに来て下さったので、荷物と自転車を積み込みます。(ちなみに飛行機輪行で現地入りしたのは自分のみで、東城さんはシクロエクスプレスで今日の宿に直送、杉田氏は凪スピードのバイクをお借りして走ることになっていました)

 

  170203_03
いたって普通の輪行袋です。
国内線では何度か飛行機輪行していますが、丁寧な扱いをしてくれるので
特に問題が起きたことはありません。(誓約書にサインを入れさせられますがw)

 

車でまず向かったのは・・・とりあえず腹ごしらえという事で、松山駅の近くの商店街からほんのすこし裏路地に入ったところにある『鍋焼うどんアサヒ』さん。

ここで頂いたのは鍋焼きうどん。うどんといえば、愛媛のお隣のうどん県こと香川県が有名ですが、松山にはこんなうどんもあったりします。地元ローカルフードなのでしょうか?平日のお昼時でしたが、お店の外にも待ちが出るほどの人気店。直ぐ近くに同じ形式のうどんを提供する、『ことり』さんというお店もありましたが、どういった関係性なのか・・・知っている方がいたら教えてくださいw


170203_02
アルミの鍋とれんげが特徴。甘い味付けのだし汁と、コシのあるうどんのハーモニーが最高でした。

 

 

さて、美味しいものを頂いたところでお仕事に戻ります。

 

一行が向かったのは、そう、弊社の四国初上陸店舗である、ワイズロード松山店エミフルMASAKI
オープンしてまだ1年経っていませんが、完成車、部品用品、ウェア類とバランスの良い品揃えと明るく広い店舗で多くのお客様にご利用いただいているようです。

 

170203_04

 

兼信店長他、スタッフの皆さんにご挨拶して記念写真などを撮って、東城さんはサインをしてきたりと。店内には、ろんぐらいだぁす!とOPテーマのRayさんのポスターも展示されていましたよ。ちなみに兼信店長は、四国88霊場を自転車で回っており、そのレポートも掲載されています。しまなみ海道のレポートもありますので是非、松山店のHPをご覧いただければと思います。

 

 

そしてそこから、しまなみ海道の南側の始発点、今治へ向かいます。電車でも車でも松山からは1時間程度。ちょっと距離がありますが、自走でもいけない距離ではないですね。

 

 

今回、宿泊したのは、まさにしまなみ海道のルートのすぐ横にある『サンライズ糸山』さん。サイクリングターミナルとしての機能も持ち合わせており、レンタルサイクルやレストランが併設されている宿泊施設です。ちなみに全客室&レストランから、瀬戸内海にかかる来島海峡大橋を眺めることが出来ます。オンシーズンの週末は予約がすぐにいっぱいになるほどの人気で、隣の区画への拡張工事も始まっていました。

 

 170203_05

 

 170203_06 
夜はホテルのレストランで、地元の海産物や野菜をふんだんに使ったコースメニューを頂きましたが、
とても美味しかったです!ぜひ宿泊の際にはお料理も楽しんでみてください!

 

 

さてさて、夜が明けて4日。朝7時頃から出発の準備を進める面々ですが、当日の天気予報は終日曇り。気温はそこまで寒い予報ではありませんでしたが、一応真冬なのでそれなりの装備を身にまといスタートします!

 

 
lr_01

スタート前に記念写真!左から自分、マキノ坂西さん、東城さん、杉田P、
そしてサポートをしてくださったNAGIの佐渡さん。写真撮影はNAGIの高橋さんです。

 

スタート前に、まず最初の橋、来島海峡大橋を見渡すことが出来る展望台に移動して、新宿の上映会会場に送る為の映像を撮影。本記事のタイトルの写真もそうですが、朝焼けに光る水面と巨大な橋のシルエットがとても素敵でした!

 

 170204_01

 

予報では曇りでしたが、雲の合間から日が指してきました。
よく見ると橋のケーブルの奥に縦に虹が見えますよ!一同感動!

 

 170204_02

 

こんな感じで動画撮影。カメラマンは杉田P。機材は最新のiPhoneです。
iPhoneの4Kカメラ、すごい高性能でしたw

 

しまなみ海道のルートは橋と島を繋ぐ道で、総延長は70km以上。そこそこの距離がありますが、一部の区間を除いてほとんどが海沿いの平地。橋は海面からそれなりの高さがあるのですが、そこへのアプローチ道路は傾斜が3%程度なので、意外とサクサク登れてしまいます。

 

 
170204_03

来島海峡大橋を渡った後の登りはじめの所、尾道側からくると、坂を上りきってすこし下ると
正面にバーンと橋が連なっているのがよく見えるポイントです。
以前自分がここを通った際は非常にきれいな夕焼けでした。(↓写真)

 151015_02

 

アニメの最終話でも非常に印象的な演出がされていましたね!
ここでもライドの様子を伝えるムービーを撮影しました。

 

 170204_04
各橋へのアプローチからはこういった感じで海と橋と島が一望できるポイントがたくさんあります。
のんびり走りながら雄大な風景を楽しめます!

 

 170204_05

しまなみ海道の島々には漁業や柑橘系の 農業、そして造船といった産業に関係する場所が多数見られます。
ルートからちょっと横に逸れた場所にある「しまなみ造船」ではまさに進水式を迎える直前の大型船を見ることが出来ました。
この大きさ、大迫力です!

 

 170204_06

道中にはこういったルートマップが沢山あります。距離や休憩できるポイントも記載されているので次の休憩場所を
決めて走るのに最適です。 

 

 151015_01

これは過去に行った時の写真なのですが、しまなみ海道の自転車ルートとして設定されている道路には
こういった感じでどっち方面に向かっているかと、両端の今治と尾道までの距離も記されています。
地図などがなくてもこの線を辿っていけば辿りつけますw

 

 170204_07

道中での撮影は続きます。これは奥の方から走行中の東城さんを杉田Pが追走して撮影しているところ。
それを手前で撮影している坂西氏を撮影している私w

 

   170204_08

大体中間地点のところに、サイクリストの聖地の碑がある『多々羅しまなみ公園』があります。
杉田Pが撮影している多々羅大橋を渡るといよいよ広島県尾道市に入ります!

 

 さて今回は1日で今治~尾道間を駆け抜ける予定での走行だったのですが、距離にして約70km以上ですが、アップダウンもそれ程ないので1日で走りきるのには問題のない距離ですが、道中にはいろいろなスポットがありますので、途中で一泊していくのもアリ。原作やアニメの12話で、チームフォルトゥーナの面々が宿泊したのがこちらです。

 

 170204_10

 

 

先ほどの多々羅大橋を渡って広島県に入って最初の島となる、生口島の瀬戸田にある『住之江旅館』さん。今回のキャラバンライドの面々は泊まることがなかったのですが、ご挨拶に寄らせていただきました!

大変歴史のある老舗旅館さんなのですが、玄関を入ると、ろんぐらいだぁす!のポスターをババンと貼ってくださっていたり・・・

 

 suminoe_ryokan2

 

 

こんな感じで、ろんぐらいだぁす!コーナーがあったりと。杉田Pいわく、料理も絶品!!との事だったので、是非次回しまなみ海道に訪れる際にはのんびりこちらに宿泊してみたいものです!お忙しい中、ご対応いただきましてありがとうございました!

 

さてこの後は、ちょうどお昼も回ってお腹が空いてきたので昼食をいただく事に。

立ち寄ったのは、同じ生口島にある、『しま一(イチ)』さん。街角にある小さな食堂ですが、こちらも杉田Pオススメのお店です。頂いたのは『あなご丼』。尾道をはじめとする広島エリアでは、あなごが名産で、うなぎ以上に良く食べられているとか。折角なのでお刺身の盛り合わせも頂いて、瀬戸内海の海の幸を満喫しました~♪

  

170204_11

 

 

さてさて、ご飯を頂いたらデザートも欠かせません!こちらも原作やアニメにも登場しているお店、ジェラートが人気の『ドルチェ』さん!

瀬戸田エリアはレモンをはじめとする柑橘系フルーツの名産地として有名ですが、その柑橘系を中心としたジェラートが多数販売されています。季節によっていろいろメニュー変わるようですし、どれも非常に美味しそうです!同行メンバーもみなそれぞれ悩んで好きなものをチョイス!

 

 170204_12_2

今回私が頂いたのは、瀬戸田のデコみかん(デコポン)と、二つ手前の島の伯方の塩ジェラート。
広島と愛媛のコラボ!美味しかったです!(撮影しているそばから溶けかけている!w)

 

デザートも食べてリフレッシュした面々は次の島を目指します!

広島県に入って二つ目の島は『因島』。ここにも立ち寄りたいスポットがあります!

 

 lr_03

 

 

自転車の神社としても有名な、『大山神社』さん!

神社の中には道中の交通安全を祈願できたり、ハンドルにつけられるバンドタイプのお守りがあったり、もちろんバイクスタンドも用意してくださったりで、連日多くのサイクリストが訪れているとか。

最短距離でしまなみ海道を走るとすこしルートからは外れてしまいますが、是非立ち寄っていただきたいポイントです!

 

さてさて、今回のツアーで最後に立ち寄ったのが、同じ因島にあるこちらです!

 

  170204_13

 

 

名産のはっさくを入れた『はっさく大福』が大人気の『はっさく屋』さん!!

今回は夕方に訪れた為に、すでに完売となっていましたが、事前に連絡をしていたので少しですが頂くことが出来ました。はっさくの酸味とあんこの甘さ、おもちの柔らかさが絶品です!ここまで走ってきた疲れが癒されますね~。

 

と、ここで残念なお知らせが・・・

 

あとひとつ橋を渡って、島をぐるっとまわり船に乗れば尾道到着だったのですが、上映会を行う会場への到着予定が16時。この時点ですでに15時を回ってしまっていましたので・・・なんとここでタイムアウト!!!

全力で走っていけば何とか間に合いそうでしたが、安全や東城さんの体力などを加味して、ここからはサポートいただいているNAGIさんの車に自転車を積み込んで行く事に。東城さんも『完走したかった!!』と非常に残念そうでしたが、イベントに遅刻するわけにも行かなかったので、苦渋の決断ですがここでライド終了となりました。

ちなみに車に乗り切れなかった為に、マキノ・坂西氏はここから本気モードで自走して尾道に向かうことに。実は前日も尾道側から今治まで自走しているので、2往復完走という・・・流石です!!(さらに会場への到着はほぼ同時刻だったという点もスゴイ・・・w)

 

とういことで、無事?尾道会場に到着して、一迅社の担当編集・石井さんも合流し、待ち構えていた50名の現地参加のファンの皆様と一緒に上映会を開催することが出来ました!

 

 lr_05

 

会場はこんな雰囲気の議会場。建物は『尾道商業会議所記念館』という歴史のある建物です。
こんなところで上映会ができるというのもなかなかないですね!

 

現地でもお話させていただいたのですが、ろんぐらいだぁす!という作品を通じて、自分が自転車と同じようにずっと好きだったアニメーションのお仕事をお手伝いさせていただいたり、こうして公式のイベントに出演させていただいたりと、今でも不思議な感覚なのですが、ろんぐらいだぁす!を通じて自転車の楽しさが伝えられたり、逆に自転車を好きな人がこのアニメや原作コミックに触れていただき、その世界のすばらしさにも共感していただけたりしたら、その橋渡しのお手伝いだ出来たなら、こんなにうれしい事はないと思いました。

アニメーションの放送はすでに終了してしまいましたが、ブルーレイやDVDも続々発売されますし、各種配信サイトでも見ることが出来ますので、是非見ていただければと思います。

 

今回の上映会、尾道会場と新宿会場に参加していただいた皆様、日ごろからろんぐらいだぁす!を応援してくださっている皆様、TVでのOAをごらん頂いた皆様、アニメーション製作をしてくださったアクタスの皆さん、吉原監督、他関係スタッフのみなさん、主人公の亜美ちゃん役の東山奈央さんをはじめとするキャストの皆様、そして今回一緒に走った東城さん、坂西さん、杉田P、現地に出来立てのVTRを持って駆けつけた石井さん。そしてそして原作の三宅先生!すべてのろんぐらいだぁす!に関わった皆様に感謝を。ありがとうございました!!

 

さて、大きなイベントとしては次は6月にファン感謝イベント的なものが開催されます!今後発売になる映像ソフトにも、また副音声のサイクルコメンタリーで参加させていただいていたりしますので、引き続き、ろんぐらいだぁす!をよろしくお願いいたします!!!

 

これにて、ろんぐらいだぁす!しまなみ海道キャラバンライド&尾道上映会レポートを終わります!

 

アニメ公式サイトにも同日のレポートが掲載されましたので、是非あわせてごらんください!

『尾道でも無事完走!『ろんぐらいだぁす!』完走記念上映会尾道レポート』

 

 

アニメ・ろんぐらいだぁす!公式サイト

 

コミック・ろんぐらいだぁす!公式サイト(一迅社)

 

アウローラ(プロデュース・グッズ展開)公式サイト

 

  lr_kyouryoku

 

 

 

 

 

 

【以下はオマケ】

 

 

今回、2日間をお仕事として参加させていただいたのですが、せっかく四国方面に行ったので、そのまま2日間お休みを頂いて、翌日より再び四国にわたり、香川と高知を回ってきました。(徳島は通過しただけになってしまいましたがw)

 

翌日は香川の観音寺で、『結城友奈は勇者である』という作品のイベントとスタンプラリーに参加して、その次の日は土佐まで移動し、劇場アニメ『ポッピンQ』という作品で舞台のモチーフとなった土佐久礼を回ってきました。

 170205

『結城友奈は勇者である』の舞台、香川県観音寺市の有名な銭型砂絵を見下ろす展望台近くから。
ちょっとしたヒルクライムでしたw 観音寺のうどんは最高ですよ!

 

 170206

こちらは『ポッピンQ』に登場する灯台のモチーフとなっていると思われる、高知県土佐久礼港の灯台。
土佐の海はとても綺麗でした!魚も美味しかった~!

 

自転車でアニメなどの舞台になった場所を訪れるのはよくやっているのですが、遠方になればなるほどなかなか訪れる機会も少なく、アニメというものがキーとなって行くきっかけを与えてくれていることに感謝しています。昨年もお店のHPでは触れてはいませんでしたが、京都の宇治(響け!ユーフォニアム)、青森の弘前(ふらいんぐうぃっち)、飛騨高山(君の名は。と氷菓)と訪れています。今年ははたしてどこに行くのかなぁ・・・いろいろ行きたいですね。(あ、お正月には大洗(ガールズ&パンツァー)に行ってましたw)余裕があればまたレポートをしたいと思います!(需要あるかな?w)

 

アニメと自転車の架け橋になりたい!!

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y

 

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!