facebook 旧ブログサイトはこちら

【シマノ】コンポーネントアップグレードしませんか?【ろんぐらいだぁす!】
by: 松永 剛

lr_ishi-caad9_12

先日、とある方からご連絡を頂き、『長く乗っているロードバイクのコンポーネントをアップグレードしたい』というご相談を受けました。

 

”ある方”というのは、タイトルにもある人気自転車漫画『ろんぐらいだぁす!』の担当編集をされている、一迅社(新宿本館から徒歩3分くらい)の”いしこうさん”こと、石井さん。
ろんぐらいだぁす!関連をチェックされている方ならお馴染みのあの方です。アニメのブルーレイをご購入いただいている方なら、副音声のサイクルコメンタリーで登場して自分と共にいろいろ喋ってる方です。

 

 

で、お持込いただいたバイクがコチラ。

 

 lr_ishi-caad9_01

 2008 Cannondale CAAD9 LIQUIGASカラー

 

以前はブルベなどにも使用したり、ガッツリ乗られていたとの事。

ろんぐらいだぁす!のコミックやアニメで登場キャラの紗希がかつて、日光いろは坂でカーブを曲がりきれずに崖下に転落したというエピソードがあるのですが、実はそれはいしこうさんの実体験に基づくお話で、このバイクはその落下して平気だった奇跡のバイクなのです(笑)

 

 

 lr_ishi-caad9_04

 

 

さて、今回はリヤ11速の5800の105でというオーダーでしたが少し前に、新型のR8000アルテグラが発売開始になったタイミングでしたので、差額はありますが、リヤのみ新型のR8000アルテグラのリヤメカにすることをご提案。新しいタイプのリヤディレイラーは剛性アップや横方向の突出しの減少、操作感の向上など完全フルモデルチェンジですが、従来の11速のシフトレバーにも対応しているということで、早速採用。

フロントディレイラーも、R9000デュラエース、R8000アルテに採用された新可動方式のタイプが同じくリリースされていたのでこちらも採用しました。(型番ではFD-5801とマイナーチェンジ系の型番ですが、実質的にはフルモデルチェンジです。)

 

 

ということで、まずは付いているパーツを外していきます。

 

 lr_ishi-caad9_02

 

 

今回はハンドルバーも交換するので、STIレバーなどは付けたままゴッソリ外しました。

フレームやホイールのメンテ、クリーニングなどを行います。

 

過去の使用履歴などから、パーツの消耗も考えられたので、ヘッドパーツのベアリングなどもチェックすべく、フォークも外しました。ヘッドのベアリングは大きな損傷などは無く、内部のグリスの追加のみで完了!

 

 

と、ここでフレームからパーツを外して1つ気になった点があったので、処理を行います。

  

 lr_ishi-caad9_03

 

 

ボトムブラケットが入る部分ですが、メーカー組立の車両で過去に分解整備or交換を行っていない為、この部分も未処理でした。
若干BBの噛り付きがあったので、ネジ山の再生とBBシェル端面の平滑処理を行う為に、専用の刃物でタップかけ&フェイシングを行いました。

今回、回転部分の耐久性や性能を少しでも上げる為、BBのみR9100グレードを入れています。シマノのBBはトップグレードでも5000円しないので、ここは少し奮発してみるのも良いかと思います。

 

 

ということで、下処理も済ませて磨き上げたので一気にパーツをインストールしていきますパカ!(突然のパカさん成分)

 

 

 lr_ishi-caad9_11

 

 

こんな感じに仕上がりました。コンポのカラーをブラックにしたので、だいぶ印象が変わった気がしますね~。

 

 

 lr_ishi-caad9_12

 

 

ギア周りはこんな感じです。5800xR8000のミックスですが、もちろんちゃんと動きます。前後ともディレイラーの動作が軽く確実で快適です!最新型はいいぞ!!

 

 

 lr_ishi-caad9_13

 

 

これが最新型のリヤディレイラー。

MTBをやっている人からすると、非常になじみのある形状をしていますね。シングルテンション&シャドータイプと呼ばれる方式ですが、シフトケーブルの導入方向も変わっており、ケーブルが短くよりダイレクトに入るので、軽い操作感に大きく影響しています。

 

 

 lr_ishi-caad9_14

 

 

これがモデルチェンジしたFD-5801です。見た目で従来型とケーブルのルートなどが異なりますが、根本的に動作方法や調整方法を変えている、過去のロード用フロントディレイラーでは最大の変更ともいえる方式です。ワイヤーテンションとプレートの作動位置をそれぞれ独立して調整が出来る為、かなり繊細なセットアップ技術が必要だった従来モデルと比べると非常に簡単に調整が出来るようになっています。(ただし、構造が全く変わっているので、その仕組みを把握するのに時間がかかりますw)もちろん動作も軽くなっていますよ~。

 

 

 lr_ishi-caad9_15

 

 

ハンドル周りはこんな感じ。もともと付いていたDEDAのステムを使用して、ハンドルバーを同じDEDAのRMH02に変更しました。
フラット部分が平たいタイプで、ロングライド時などそこに手を添えて楽に走れる形状です。

 

 

 lr_ishi-caad9_16

 

 

そしてバーテープはろんぐらいだぁす!のFORTUNAバーテープ!既に発売元や当店の在庫は無くなってしまっています。再販しないのかな~(チラチラ)

 

 

という感じで、今回カスタムをさせていただきました!

 

旧モデルのバイクでも、パーツをリフレッシュすることで、また乗る楽しみが出て来ますね。

こちらのバイク、ここの所はローラー台専用車になってしまっていたようですが、またどこか走りに行きたいなー、なんて話をしておりました。

 

 

最近コンポを使ったカスタムのご提案という感じで、皆様の参考になればと思います!

 

 

 

アニメ・ろんぐらいだぁす!公式サイト

 

コミック・ろんぐらいだぁす!公式サイト(一迅社)

 

アウローラ(プロデュース)公式サイト

 

 

 

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

 

TEAM・Y

 

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!