facebook 旧ブログサイトはこちら

本格的シーズン突入!――補給の貯蔵は十分か
by: 高野恵介

CA3I0791

 

 

どうも、こんにちは

 

新宿本館、高野です

 

 

 

早いもので9月も一週間が過ぎまして

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか 

 

 

 

こう過ごしやすい時期になりますと、同時に走りやすい時期にもなってきまして

 

 

本格的なツーリング、そしてレースシーズンとも言えるでしょう!

 

 

 

僕自身も、明日には早速「第7回 GSRカップ」があり、出場を控えている訳ですが

 

 

 

昨年、初めてこのGSRカップでエンデューロレースというものを体験しました

 

 

出場前は、普段からそれなりの距離を走っている事もあって、体力は持続するだろう

 

と、漠然と考えていたわけですが

 

 

しかし、出場して初めて気が付きました

 

 

 

 「ツーリングとレースでは、全く異なる補給が必要」

 

と、いうこと

 

 

 

ロングライドをする要領で言えば

 

食べる時間も食べた後に休憩する時間も十分にある場合が多く

 

体に食べたものを馴染じませながら走る様な感覚でいけますし

 

食べる物も好きに選んでも大丈夫な場合がほとんどです

 

 

 

 

しかし、レース中にはそうはいきません

 

 

摂る時間もそれを馴染ませる時間もまったく取れませんから

 

補給食の成分や味について、かなり吟味する必要が出てきます

 

 

もちろん、レースといってもエンデューロ等の場合は

 

時間が来るまで好きな速度で走ってもいいわけなんですけど

 

 

ついつい周りにつられて速度は上がりがちです

 

 

 

 ここで出てくる「ロングライドとエンデューロの補給の差」

 

 

それは

「瞬間的に大きな筋力を使う場合」「長時間ゆったりとした筋力を使う場合」では

 

血中の糖質の消費量

そして、カリウム、マグネシウム、カルシウム等

筋収縮を助ける成分の流出量が違う、と、いう点なんです

 

 

ゆったりとしたライディングには、ゆったりとした補給を

 

 

 そして、急激な運動には、急速な補給が不可欠!!

 

 

 

と、いう事で

 

今回は、短距離決戦で大事になる成分と商品について

 

ご紹介したいと思います!

 

 

 

 

CA3I0795

 

 

井村屋

 スポーツようかん   一本 ¥120(別)

 

 

まずは、運動に不可欠なエネルギーである糖質を摂取しなければ始まりません

 

 

レース前の食事ももちろん大事なのですが、自転車での走行はかなり高強度の運動になりますので

 

運動しながら、走りながらの摂取が必要になります

 

 

しかし、自転車で走りながら食べ物を摂るのは、少しむずかしいですよね

 

 

そこで、この井村屋のスポーツようかん

 

パッケージの真ん中や下から片手で押すだけで

羊羹が飛び出してくるというアイデア商品なんです!

 

 

慣れている方は両手を放して摂取できる方もいるかもしれませんが

 

どうしても速度が落ちてしまいがちですし

大人数がいるコース上でふらついてしまう危険もあるためオススメできません

 

 

そこで、この羊羹でスパッと補給してみるのが有利かもしれませんね

 

 

 

 

 CA3I0792

 

 

グリコ・パワープロダクション

  ワンセコンドCCD   一本 ¥190(別)

 

 

 

さて、続いてはジェル飲料のご紹介です

 

ジェルやゼリーといろいろ言い方のあるこのタイプのドリンクは、通常のドリンクと違って水に溶けにくい栄養素も添加出来るとあって

 

スポーツ向けから介護食にいたるまで、非常に幅の広い展開が見られる商品です 

 

中でもスポーツ向けの物には様々な用途に向けた商品が並びますが

 

 

今回、こちらの商品をピックアップしたのは

 

注目していただきたい栄養素、カリウムの存在です

 

 

CA3I0793

 

 

カリウムは、主に細胞の浸透圧の調整を行い

筋肉へスムーズにエネルギーが流れるよう調整する役割があります

 

通常の食事の中でももちろん摂取できる栄養素ですが、汗などで流れ出してしまう場合

 

一時的に補う必要性が出てきます

 

カリウムが不足した状態では、先程の羊羹のように

エネルギーを摂取したとしても、それを活かすことができなくなります

 

 

つまり、パフォーマンスが著しく落ちたり、「足をつる」等の原因にもなりますので

 

これは注目すべき栄養素の一つとして、決戦向けに意識したいものであります

 

 

 

 

栄養素のお話としてもう一つ、ナトリウムの存在があります

 

 

細胞内液の働きを助けているのが、カリウムとナトリウムのバランスなのですが

 

塩化ナトリウム、つまり「塩分」を摂っていると、自然とナトリウムは摂取できます

 

「汗をかいたら塩分を摂りましょう」と、よく言われるようになってきた昨今では

積極的にナトリウムの摂取を行う方が増えていると思いますが

 

 

 

「水分も塩分も摂っているのにパフォーマンスが下がってきたように感じる」

 

 

「疲れて食事をとれる気がしない」

 

 

 

等の症状の原因には、上記のカリウム不足

 

もう一つの存在、マグネシウムの不足も考えられるのです

 

 

 

 

CA3I0791

 

 

 

 Mag-on      一本 ¥280(別)

 

 

マグネシウムと言えば、お馴染み「マグオン」です

 

 

マグネシウム自体が、そもそも体内で生成することが出来ず、食べ物から得ることしか出来ません

 

 

それでいながら、骨の成分から栄養素の生成に至るまで、かなり広い範囲で利用されている

非常に重要度の高い栄養素なんです

 

 

普段の生活でも、カリウムやマグネシウムの不足によって疲労感や脱水症状などを引き起こす可能性があるわけですから

 

「休憩せずに高強度の運動を続ける」と、いう過酷な条件の元で行うサイクルスポーツにとって

 

いかにこれらの栄養素が重要かはお分かりいただけると思います

 

 

さてさて、こちらのMag-onは

日本の化学製品メーカー「タテホ」の水溶性に加工された高純度マグネシウムを利用した

 

本格アスリート向けマグネシウム補給食です

 

 

いざ!と、いう場面で必ず効いてくれる「勝負強い」補給食といえそうですね!

 

 

 

 

 

高いパフォーマンスを維持するとともに、体調管理に置いても重要な役割をもつ必須栄養素

 

 

摂り過ぎはもちろん良く無いわけですが、失われがちな成分

 

 

きっちり摂って、勝負していきましょう!!

 

 

 

ではまた

 

 

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!