facebook 旧ブログサイトはこちら

自由気ままに伊香保温泉一人旅。温泉・グルメ・ライド行ってきました。-往路-
by: 千原 裕年

群馬では今週ぐらいまでが紅葉の見頃になってます。

まいどどうも、ワイズロード新宿本館の千原でっす。

 

やっぱ、この季節は空気も澄んで、紅葉もキレイでとても良かったです。

地産地消の美味しい物を食べて、温泉にたっぷり浸かり、紅葉を愛で、自転車で走る。

もう、我ながら素晴らしいプランでした。ちょっと天候トラブルはありましたが。。。

さて、向かった地は関東圏の温泉地として余りにも有名な群馬県渋川市伊香保になります。

 

tizu

 

片道136kmとありますが、なんやかんやあって150kmくらいでした。

都心から荒川沿いを登って高崎に行くだけなので大体迷うことは無いはずです。

そして、高崎市までは高低差も全く無くマッタリと走行出来そうかなと思います。

 

朝 07:07

 

伊香保の宿のチェックインが15:00ですので、8時間程あります。

150kmで8時間とか余裕じゃん。天気も快晴でジャケット着るとちょっと暑いくらい。

 

DSC_0141

 

雲一つなく今日は良いライディング日和かな、かな……。

あれ、なんだか風がヤヴァイ。ちなみに9日は気圧の谷の影響で暴風が吹き荒れ。

風速8m/s(時速30kmくらい)の強い風が北北西から吹き荒れるコンディション。

 

 無題

 

お気づきだろうか、工事現場でよく見かけるグリーンの奴が風でたなびいてます。

ヤヴァイ、非常にヤヴァイと思いながらペダルを踏んでいきますが、

時速は20kmを超えるか超えないか、突風に吹かれ15kmしか出ない

俺が遅い!?俺がスロウリィ!?

下ハンドルを握りギリギリまで姿勢を下げても超煽られます。

 

 

DSC_0144

 

本当に天気は良いんですけどね。

空気が澄みまくっていて富士山がババーンと見えていました。

(写真だとわかんないなぁ)

 

そのまま、埼玉側の荒川沿いを北上しようと思ったら色々工事中。

一度公道に戻ってまた荒川沿いに入ろうとしてもどこも工事中。

どないなっとんねん。まぁしゃあないので、

一般道でいきます。17号線はバイパスで交通量も多いので、

一本外れた道を進んでいきますが、もう風が……。

 

無題1

 

ちなみに途中でこんな眼科医さんが……。

(大宮は、まだ眼科?次は何になるんだろう呼吸器科かな?みたいな)

 

熊谷あたりから心折られ始めておりましたが、

前方に一人のロード乗りが居て勇気をわけてもらう。

ちなみにその方は、軽井沢に行くと言ってました。

私もひたすら無心にペダルを回して行きますが、

風速8m/sだと、もうねヒルクライムみたいですね。

風により体感で6~7%くらいの坂を100km近く上ってる感じ

もう辛い……。

フロントをインナーに落としてケイデンス重視で漕いでいきます。

 

お昼過ぎ 14:25

 

DSC_0154

 

やっとこさ高崎市に着いた頃にはチェックインの15時近くになってました。

本来は、ここまで5時間ちょい、12時に到着する予定でしたが、

ガッツリ3時間遅れという。本当はここから榛名山ヒルクライムして

伊香保に入るルートでしたが、変更して渋川の方から入っていきます。

 

しかし、渋川から伊香保に行く15号線もがっつりヒルクライムで、

宿に到着したのが17:30過ぎ。もう15号でポッキリ心折られてました。

大急ぎで温泉に入り19:00から夕食頂きました。

ちなみに、今回手配した宿は「松本楼洋風旅館ぴのん」さんです。

(着いた時には日が落ちてましたので、ぴのんの外観は後半のブログで)

伊香保の老舗旅館である松本楼の別館となり、こじんまりとした一人旅に

オススメのお宿です。そして「ぴのん」のメインは夕食にあり!

フレンチと中華のミックス「フュージョン」を頂きました。

 

DSC_0169

 

DSC_0167

 

食前にビールを貰いましたが、オススメのワインも注文!

 

DSC_0174

 

非常に満足なコース料理でした。上州牛のヒレ肉が超美味しかったです。

あと、キノコ尽くしなのも良かったです。うまキノコ。

 

夕食後は、ライトアップされた河鹿橋へ向かいます。 

 

20171109_211240804

 

20171109_210249086

 

なんか、ピンボケ感がすごいですがライトアップされた紅葉が綺麗です。

ちなみに、どこもかしこも家族連れは全く居なくて、カップルだらけ。

 

しかし、今日は大変疲れました。主に風の影響で。

明日は榛名山を伊香保からヒルクライムして帰ります。

ということで、復路編につづく!