【中野×試乗会】同じアシストユニットでホイール径が違うと乗り味はどうなる?TREK「VERVE+」に乗ってみました!
by: 小西真人

R0013714

 

 

 

 

 

 

期待していたTREKのE-BIKEの第2弾。

 

MADONEを思わせる、めちゃくちゃスタイリッシュなデザインの

「DUAL SPORT+」は残念ながら試乗車がなく・・・

 

 

 

 

IMG_9807

 

 

(TREK2019カタログより)

 

 

デリバリーも来春という事だったので・・・次のチャンスに期待。

 

 

  

で、実はまだ乗ったことがなかった「VERVE+」にトライしてみることに。

 

 

 

 

 

 

R0013709

 

 

 

 

〇TREK VERVE+  ¥231,000-+TAX

 

 

 

中野ポタリング用としてちょいちょい乗っている「VEKTRON」と同じ

BOSCHユニットを搭載しているこのヴァ―ヴ+。

 

 

同じユニット/車体違いが乗り味にどう影響してくるのか。

 

ちょっと楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 R0013718

 

 

 

 

〇発進。

 

 

まずはECOモードでスタート。

 

パワー感は控えめで、グワッと進む感じはなくジェントルな味付け。

いわゆるアシストっぽさを期待すると「アレ??」っとなります。

 

TOURモードに切り替えると、力感がアップしますが挙動は穏やかなまま。

 

 

小径のキビキビ感とは一味違う乗り味です。

 

 

 

 

〇加速。

 

 

例によってアシストが切れる24Km/hまではあっという間。

 

 

アシスト域を超えてからの安定感はさすがの700C。

一度速度が上がってしまえば、普通のクロスバイク感覚で走れます。

 

 

 

大径ホイールE-BIKEの場合ちょこちょこした発進加速の繰り返しよりも

 アシスト力で一気に巡航速度までもっていき、後は適度なシフトチェンジで

速度を維持という乗り方が一番しっくりくるようです。

 

 

 

 

〇登り。

 

 

700cホイールだと、適度なギア比のセレクト+アシストのバランスが外れた際の

失速感が大きく感じました。

 

ホイール径が大きい分速度が落ちてからの再加速に結構な力を使うのでしょうか。

 

 

軽めのギアを選んであげると息を吹き返したかのように力感が戻ってきました。

 

 

 

「アシスト力を決めて、ギアを変えるのか」

「ギアを決めて、アシスト力を変えるのか」

「それとも両方をコントロールするのか」

 

 

登りのシーンはもう少し乗り込んでみたいと感じました。

 

 

 

 

 

同じBOSCHのユニットと使っていても、合わせる車体(ホイール径)が違えば、

その乗り味はどうやら違ったものになりそうです。

 

 

E-BIKE、ちょっと面白いかも。

 

 

 

 

 

 

 

営業日は毎日更新!中野店のスペシャルページはこちら!