アルバイト募集中 facebook 旧ブログサイトはこちら

IRONMANの思い出 バイク編【JTU会員登録案内窓口になりました!のついでに】
by: 長山靖

 

 

 

  

こんにちは。横浜店の長山です。

 

 

 

 

 

横浜店は、JTU(日本トライアスロン連合)

公認会員登録案内窓口となりました!! 

 

 

JTU_bnr

 

 

 

トライアスロンをやるにあたって、案外敷居が高いのは登録。

 

これを店頭でサポート致します!!

 

実際に店頭で登録するのもヨシ、マニュアルがありますので

印刷物を受け取って家で登録でもOK。

 

 

トライアスロンを目指す方の何かの参考となりましたら幸いです。

 

 

 

 

というお知らせのついでに、私がかつて執筆した

IRONMANトライアスロン参戦レポートを、加筆修正して

ここに引っ張り出してみることにしました。

トライアスロン挑戦の何かの参考となりましたら幸いです。

 

(※10年以上前の話なので、大会の開催状況やウェアのルール等

現在とは変わっているところがあります)

 

 

 

今回は、スイム編に続きバイク編をお届けします。

 

 

 

 

 

地獄のスイムを終えて、一番馴染みのあるバイクパートへ。

 

 

 

bike1.JPG

 

ビリなので、白バイが付いてくれました!良い記念です。

写真では、さあ行くぞ!という感じにも見えます。

 

 

ですがこのとき、気持ち悪い感覚に襲われていました。

サドル高がいつもよりすごく下がっているように感じたのです。

でも、漕いでいる脚やシートポストを見ると、いつもと変わりありません。

感覚と実際の相違が激しく、何度も確認で見てしまいました。 

おそらく、スイムの疲労で脚の感覚がおかしくなっていたのだと思います。

 

 

更に、もうひとつ異状が。

出発してすぐの辺りでは、コース本線に出るために

コースがくねくね曲がっていました。

そのカーブのアウト側に、なぜか古畳が盾のように配置されていました。

 

「まさか、突っ込む人でもいるのかな」

 

と思いながら通過しようとすると、あれっ!?

カーブを曲がれず、急激に畳が近づいてきました。

慌てて減速し、ぶつからずにやり過ごしましたが、次のカーブでも

曲がっている「つもり」なのですが、また畳に吸い寄せられてしまいました。

ここで、2時間強の海のスイムによって、

平衡感覚がいかれていることを確信しました。

 

 

幸い、どちらの感覚異状もしばらくして消えていきましたが、

このバイクパートは容易じゃない、と思いました。

 

 

それでも少しずつ流れに乗ってきて、先ずは一人を抜き、ビリを脱出!

・・・したのも束の間、トイレへ行きたくなり、道端の仮設トイレへ。

そうしている間に抜き返され、またビリに逆戻り。

 

 

そこから一人抜き、二人抜き、と少しずつ追い上げていきます。

でも、大切なのは順位ではなく、ゴールにたどり着くこと。

 

 

五島長崎のコースは島特有のアップダウンが結構あり、

川沿いの平坦区間でも向かい風があったりと、なかなか手ごわい。

 

斜度が一番きつい坂では、地元の方々が応援団を組み、

大きなうちわ?を仰いで

「ファ イ ト!がんばーれ、ファ イ ト!がんばーれ」

と、リズムの良い声援を送ってくれました。

それに励まされると共に、その声援が

頭に残り、道中ところどころ、思い出しました。

 

  

スイムの疲労で全身がすでにガチガチに固まっており、

前傾姿勢の深いDHバーポジションをとるのがとてもきつい。

ブラケットポジションでもしんどく、時々なんとか織り交ぜる位。

上ハンドル部を持って、ようやく

その姿勢を維持し続けられる圏内に収まる、という状態。

途中、何度かブラケットポジションやDHバーポジションを試みますが、

それぞれの状態でサイクルコンピュータのスピード表示を見比べると

明らかに平均速度が落ちるので、開き直って

上ハンドルをメインに走ることにしました。

 

後になって冷静に考えたら、アップダウンが多かった、

つまり登坂が多かったということなので、

上ハンドル多用は理に適っていたところもあったかも知れません。

 

 

 

そうしてごまかしていましたが、スイムによる肩周りの疲労からか、

徐々に頭痛が始まり、遂にはガンガンに痛くなってしまいました。

登坂で力むと特にズキズキ響きます。

かといって休む余裕などなく、ひたすら忍耐。

 

 

 

補給地点で、「IRONMAN」と書かれたボトルを配っていて、

止まりたくはなかったので走りながら受け取った、

つもりが、手で吹っ飛ばして落としてしまいました。

IRONMANを落とした!縁起でもねぇ!

と凹みましたが、深く気にしないように努めました。

 

 

 

そうして何とか進み続け、あとちょっとでゴールだ、

というところまで来てみたら、突然、微妙に長く、

傾斜もきつめで容赦のない登坂が立ちはだかりました。

なんとバイクのゴール地点は、坂の上だったのです。

最後の最後にコレかよ!?まじか!!

という感じで精神的ダメージ大でしたが、力を振り絞ってもがきました。

その区間はバイクコースとランコースが重なっていて、

バイクを終えランパートに入ったランナーが

坂を逆方向へ軽やかそうに駆け下っていく姿が右手に見えました。

もちろん、見えているランナー達だって決して軽やかではなく

しんどさに耐えて走っているはずなのですが、

それでも羨ましいと錯覚してしまう位、ケイデンスの上がらない

最後の登坂は、私にはきついものでした。

 

 

 

 

bike2.JPG

 

粘って粘って、どうにかこうにか、バイクパート完走。

6時間48分20秒。

 

 

 

スイムもつらかったですが、バイクパートも

負けず劣らずつらいものでした。

徐々に頭痛に襲われていく中でも、

スイムと違って慣れているパートなだけに

 

ここで少しでも遅れを取り返さないと!」

 

という思いが強く、手(脚?)を抜くことが出来ず、

180.2kmぶっ通しで全開だったからです。

区間中、脚を止めたのは序盤にトイレに寄った時のみでした。

 

 

 

 

バイクから降りて大地に立ったとき、ものすごい安堵感に包まれました。

思えば、スイムとバイク、合わせて9時間

ほぼぶっ通しで不安定な状況にありました。

自らの足で、安定した大地に立っているのが、こんなに良いものとは。

当たり前すぎて気付かないありがたみというやつですね。

 

 

 

大会ゴールの制限時間までは、あと6時間ほど。

それがどの程度の時間残なのか、よくわかりませんでした。

実はこの時が、フルマラソン初挑戦だったのです。

 

 

 

 

ラン編へとつづく

 

 

 

 

 

webtop_04

 

 

 

 

kit2020

 

登録だけでなく、自転車選びからもご相談承ります。

ロードバイクコーナーは2階!

ヘルメット、ゴーグル、ウエットスーツ等は3階!

 

 

 

NASチラシimage

 

今ならスイムスクール無料チケット配布中。

場所はお近くのスポーツクラブNASでOK。

 

 

 

DSC_7305

初心者の方、トライアスロン経験者が多い横浜店で、お待ちしております!!

 

 

 

 

 

他のお買得な情報や2020年の最新情報は

下記のフェイスブックからもご覧いただけます。 

 

fb-f-logo__blue_72

 

↑↑

フェイスブック始めました、是非「クリック」と「いいね」

をお願い致します!

 

 

 

 

 


 

 

ワイズロード横浜店は、オールジャンルを取扱う

スポーツバイクの専門店です。

 

ワイズロード横浜店は、最寄り3つの駅から

アクセスが可能です。

 

取扱い量が豊富な事もあり、いろんなブランドの

取寄せが可能ですよ!

 

 

スポーツバイク選びに困ったらワイズロード横浜店が便利です!

 

  

 

_DSC0359

bnr_amenohi_tyushajo (1)

 

   koto 

 

JTU_bnr

 

トライアスロンアイテム充実

 

 

 

 

店長が世界中から集めたお買得品を随時更新中!!!!

 

 

『PINARELLO』『TREK』『CANNONDALE』

『BIANCHI』『GIANT』『SCOTT』

『FELT』など

有名ブランド揃ってます!!

 

 

 

 _DSC0387

_DSC0383

_DSC0370

_DSC0371

_DSC0372 

 

 

 

当店の旬なお買得品やオススメ商品の情報はこちらからどうぞ!

 

 

 

【月々の支払い楽々!!お得なローンの

シミュレーションはこちらから!!】 

 

 

  

 

世界に1台のMy Bike通称『バラ完』のご相談も承ります。

 

 

_DSC0379

 

 

レース経験豊富なスタッフや熟練のメカニックが

皆様のサイクルライフをサポートいたします。