facebook 旧ブログサイトはこちら

【府中×TECH】救世主!?シマノ OT-RS900
by: 浅井智也

府中店整備班です。

我々整備担当は日々あらゆるメーカーの自転車を整備しております。

どんどん新しい規格が生まれるので日々勉強です。

今回はちょっとした小物のご紹介です。

 

 

IMG_4498

 

SHIMANO OT-RS900

¥300+税

なんじゃそりゃ?という方も多いと思います。

こちらは新型DURA ACEのリアディレーラー側のシフトアウターです。

特徴はズバリ

超やわらかい

の一点に尽きると思います。

これがどう便利かと申しますと・・・

 

IMG_4493

 

外装ワイヤーの場合アウターストッパーからディレーラーまでは上画像の様なラインになります。

ストッパーとディレーラーの位置関係はシマノ推奨位置があるので

リアディレーラーは狙いどうりの動きになります。

 

IMG_4494

 

最近多い内装ワイヤーの場合、フレームギリギリから直接ディレーラーを結ぶので

必然的にアウターケーブルが短くなります。

短くなって柔軟性を失ったケーブルは

本来のディレーラーの動きを阻害してしまうのです。

そうなると、目いっぱいBテンションボルトを締めこんだり対策を取らなければなりません。

(B テンションのお話は↓動画の8:40をご覧ください)

(https://www.youtube.com/watch?v=DTD5YXch2s4&feature=youtu.be)

 

そこで新型シフトアウターOT-RS900の登場です。

どれくらいやわらかいかというと、

 

IMG_4500IMG_4501

 

同じ重さをぶら下げてこの差。

これならアウターの硬さがディレーラーの動きに干渉するのを最小限に抑えられます。

 


 

比較動画

Bテンション、ワイヤー長は同じです。

アジャスターの所のキャップが銀色がRS900、黒が従来品です。

 

☆インナー×トップ

インナートップ

 

インナートップの状態が一番わかりやすいです。

キャップが黒色の通常アウターを使用した場合、チェーンが弛んでいるのがわかります。

ワイヤーの硬さが動きに干渉しているのがわかりますね。

この場合はBテンションボルトを締めこんで弛みを取る必要があります。

まぁまず使わない組み合わせですが…。

 

☆インナー×ロー

 

インナーロー

 

RS900使用時の方がプーリーとスプロケの間隔が開いています。

従来品だとゴリゴリです…。

 

☆アウター×トップ

 

アウタートップ

 

 

☆アウター×ロー

 

アウターロー

 

意外とディレーラーの位置変わっている気がしませんか?しますよね?

 

内装フレームで変速調整でお悩みのアナタ!

もしかしたら救世主が現れたかもしれませんよ!?

あ、長さが240mmしかないので、気を付けてください。

切るときはロゴの反対側から!です。

 

 

IMG_4497

 

当店自慢のスモールパーツコーナーにございます。

作業ご用命の際はテックカウンターにお申し付けください。

ご来店お待ちしております!

 

2017/5/16

浅井

 

 

 
170512vittoria_testride

twitter100  Facebookはじめました 
Twitterもやってます
facebook100

ワイズロード 府中多摩川
 

電話:042-352-3308
住所:東京都府中市四谷5-42-3

営業時間
平日 12:00~20:00
土日祝10:00~19:00

府中多摩川店HPは下記のURLからどうぞ!!
特価情報や商品情報、スタッフの近況がご覧いただけます!!
http://ysroad.co.jp/fuchu/