【環八R1店限定!!】期間・台数限定でMIYATA EIGERをちょっとお買い得に販売させて頂きます!
by: 深堀 皓大

IMGP1514

 

 

GW前という事でメーカーさんのご協力の元

MIYATAのランドナーEIGERを

ちょっとだけお買い得に販売させて頂きます!

お買い得の具体的な内容に関しましては店頭でお尋ね下さい

期間はGW最終日の5/7まで、

対象は店頭在庫分3台のうちの2台までとさせて頂きます

5/9現在

550(GRN) 1台

520(RED) 1台

470(RED) 1台

の在庫になります

店頭在庫分以外に関しましては通常の価格(クーポン金額)になりますので

予めご了承下さい!

 

 

いずれにせよお買い得感でも時季的な意味でも

今がチャンスです!

 

 

以下、マイナーチェンジした際の車体のご紹介の記事になります


 

 

IMGP1501

 

MIYATA

EIGER

¥129,900- +税

現金お支払い時5%分のクーポン券お付けします

上記は通常時価格

 

 

 

 

 

先ずフレームは以前のアイガーと恐らく変わりはないでしょう

MIYATA独自のスパイラル・スプレッド・トリプル・バテッドチューブを採用しております

ラグ回りの造りはやはり新家のツーリストと比べると

高級感がありますね

 

 

fukuoka131205 010.jpg

 

フレームカラーは

GRNとREDの2色展開

どちらもツーリング車としては定番のカラーで

失敗はありませんね

 

IMGP1515

 

 

 

IMGP1519

 

 

 

では個人的に気になった部分を順を追って

ご紹介致します!

先ずはハンドルバーですね

 

前回のアイガーに付いていたのは所謂”丸ハン”

大きなハンドルはクラシカルで

大き目のフロントバッグを置くのには良かったのですが、

いかんせんブレーキレバーをどこに付けても握りにくく

ツーリングの快適な姿勢をとるのが難しかったです(汗)

 

今回のはと言うと、

肩部分のライズが大きい造りのハンドルバー

NITTOで言うとB132に近い形状だと思います

 

IMGP1506

 

 

横から見ると上ハンと下ハンが平行になっている

平行マースバーといった感じです

 

IMGP1507

 

 

大分握りやすくリラックスした姿勢が取りやすく改良されております

ただ個人的にはこの形状にはギドネットレバーを取り付けたくなります

ランドナーバーに関してはまだまだ知識の浅い私が書いたものですが

コチラを参考にしてみて下さい

 

お次は泥除け

 

IMGP1509

 

 

今回はありがたいことに分割式が採用されております

ランドナーには輪行が付き物ですからこれは大きなアドバンテージです

固定のネジも蝶ネジを採用しているので工具無しで取り外し可能です

(ここは、ですが)

 

IMGP1494

 

 

マッドガードの切れ端を内側に入れる方式で

お手製感満載ですが、

路面の振動でもカタカタと音がしづらく必要十分だと思います!

 

ただステイの固定は六角レンチが必要なので

いづれにせよ工具が必要になります

勿論ランドナーの輪行を工具無しでやる事はほぼ無理なのですがね、

 

IMGP1512

 

 

しかしホームセンターなどに蝶ネジは売っていますので

100円位出せば交換可能です

当店のツーリングマスター吉田もここは蝶ネジを使っていますね

(ちょっと分かりづらい写真ですみません)

 

 

ステイは一本止めで

ダルマネジを使ってくれているのが良いですね

 

 

IMGP1513

 

 

 

そのままのパーツでも

泥除けのクリアランスはしっかり揃える事が出来ます

 

IMGP1511

 

 

 

大分長くなってきましたが、まだまだ続きます!

 

MIYATAオリジナルのポンプとポンプペグです

これが欲しいが為にEIGERを買う人も少なくないはずです!

カッコいいですね~

 

IMGP1510

 

 

ちなみにちょっと残念なことにシートステイにチェーンフックがありません

輪行の際はエンド金具にチェーンを引っ掛けるようですね

 

クランクは4本アームでちょっと変わった形ですが

思ったほど悪くはありませんね

 

IMGP1508

 

 

変速機関係も前回のアイガーはSHIMANO2300でしたが

今回からは流石にCLARISに替わっております

これまでの写真にちょこちょこ写っておりますが、

ブレーキもSHIMANOのCT-91になっております

調整は慣れが必要ですが、上下の幅も大きくトーインもつけ易いです

 

 

他にも細かい所もまだまだありますが

詳しくは店頭で実車を見ながらお話ししましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

環八R1店は国道1号線(第二京浜)沿い!
蒲田から1駅隣!川崎からも近い!
大型スポーツバイクショップです!