【スタッフバイク】MTBを新調しました!
by: 村拓治

この間の休日、「メイドインアビス」の劇場版を観てきました。

TV版も結構エゲツない描写がありましたし、前評判を聞いて覚悟して行ったつもりでしたが、想像以上に心をえぐられました…。

映画としての出来はすばらしいので、未見の方はTV版を予習したうえでご覧になることをおすすめします。

あとナナチはかわいい。 

 

 

昨年12月に購入したものの、ブログに載せられていなかった新車をご紹介します。

TREK Fuel EX 5 ¥255,000-(税抜)

DSCN4402[1]

 

DSCN4401[1]

トラベル量がフロント:140mm、リア:130mmのトレイル向けフルサスです。

 

 

Mサイズ以上はホイールサイズが29インチ。

2020年モデルからタイヤクリアランスが拡大され、29×2.6インチのタイヤが装着可能になりました。

DSCN4404[1] 

 

BOOST規格なので、エンド幅はフロント110mm、リア148mm。

29インチという大径ホイールながら、高い剛性を備えています。

DSCN4411[1]

 

 

昨年あたりから主流になりつつある、トラニオンマウントのリアサス。

ユニット下部にリンクを設けるFull Floaterと比べてシンプルな構造になり、剛性も向上しています。

廉価版のためThru ShaftやRE:aktivは搭載されていませんが、無駄な動きがなく、FuelシリーズのルーツがXCバイクにあることを感じさせます。

DSCN4406[1]

ちなみにこのサスユニット、ネガティブエアを増量したDEBON AIRを採用しています。

商標の関係からか日本語版カタログでは「デボンエアー」と表記されていますが、これは「デボネア」って読んじゃいますよね…?

そして思い浮かべるのは、三菱車よりアニメ版レイアース……!

 

 

ヘッドにはトレック独自のKNOCK BLOCKを採用。

ハンドルが一定以上切れない構造になっており、29erでありがちな、ブレーキレバー等がトップチューブに当たるのを防いでくれます。

DSCN4412[1]

 

 

 またフォークのクラウンが当たる心配がないので、ダウンチューブがストレートになり、剛性が向上しています。

万が一に備えて、バンパーもしっかり付いていますね!

DSCN4413[1]

 

 

アンダーガードも付いて、飛び石対策は万全です。

DSCN4414[1]

 

 

元々はシマノ・デオーレ組みで1×10の完成車ですが、手持ちのM8000系XTで1×11化済み。

RACE FACEのクランクは11速対応なので、そのまま使っています。

DSCN4407[1]

 

DSCN4408[1]

 

 

純正のグリップは少し太く感じられたので、同じボントレガーのXR Elite Gripに交換しました。

ボントレガーはパーツが豊富に揃っているので、他にもいろいろ試してみたいですね~

DSCN4393[1]

 

DSCN4403[1]

 

フォワードジオメトリに29インチホイール、BOOST規格、トラニオンマウント、ドロッパーポストと、トレンド全部乗せの1台。

27.5インチホイールが主流だった頃と比べて、格段に進化しているのをひしひしと感じます。

今後も乗り込みつつカスタムしていきますので、ご期待ください!

  

 

 

 

 


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


松山BIANCHI  STORE


 

 

 SRバナー正方形参加方法 SRバナー正方形参予定表

 

毎週日曜開催のサイクリングイベント!

!!参加者募集中!!


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x


 ご興味ある方は↓画像をクリック♪

EPSON MFP image