【トライアスロン研修会】レディース館もトライアスロン強化店!研修も受講しバッチリ準備OK!
by: 山田勇之介

先日行われました【トライアスロン社内研修会】に参加してましりました!

SONY DSC

(終盤の画像)

私・・ヘバッているのではありません。。汗

当店はトライアスロンとエアロロードの専門店とレディース商品専門のレディース館との複合店です!

もちろん運営側スタッフとしてこのイベントを成功させる使命がありますし、改めてビギナー目線の接客や商品構成を自分達の過去を思い返しながらアプローチできる良い機会となりました。

開催場所は埼玉県のニューサンピア生越です。宿泊もでき温泉にも入れる大きなスポーツ施設完備の施設です。

aaa自宅から下道を行く事3時間、ニューサンピア生越に到着!

IMG_5801 IMG_5802

お取引様のご協力のもと弊社スタッフと運営準備中です。

IMG_5785 IMG_5787

弊社部長よりご挨拶を。

各店舗に所属するこちらの生粋のトライアスリートが運営をサポート!

では講習にGO!

IMG_5786

資料配布からいざ座学へ。

IMG_5788

基礎講義は茅ヶ崎店の安田です。世界大会参加実績を持つ社内屈指のアスリートです。

ここでは基礎中の基礎を学びます。これからの接客に生かせる内容、お問合せの多い内容の共有、今後のお客様向けイベントに向けた実践講義です。

IMG_5799

バイクパートは当店トライアスロン担当中島の講義です。社歴は浅いですが学生時代のカンカレ入賞などキャリアありの強者です!

ロードバイクとトライアスロンバイクの違いやポジション、トライアスロン独自のルールや規定をみっちり学びます。

IMG_5792 IMG_5796 IMG_5798

続いて着慣れないウェットスーツの着脱方法、試着のポイントを学びます。講師はスタイルバイク森田様と茅ヶ崎店安田です。

命を守る大切なウェットスーツは間違いのないサイズを選びたいものです。当店では現役トライアスリートが試着をお手伝いいたしますのでお気軽にお申しつけください。

SONY DSC

こんな事にならないようにお手伝いいたします。

SONY DSC SONY DSC

さてここからは実技に入ります。

ランニングの基礎動作やストレッチからのスタートです。

この後まさかのドリル練習・・とはしてやられました笑

IMG_5803

バイク実技講習です。

越谷店澤田店長もこの調子!最新のFELTトップモデルに堪能しご満悦です。

SONY DSC

私も試乗しますよー!このフレームのデザインが気に入ってます。

FELT IA16 定価358,000円+税

SONY DSC

スイムが終わったとしてバイクに移行する練習も行います。トランジションエリアでバイクを見つけスムーズに決められた位置から乗車降車を繰り返します。

SONY DSC

いよいよスイムの実践講習までたどりつきました。

SONY DSC

スイムを担当するのは当店のトライアスロン担当に真造です。彼のスイムには定評がありお客様からのご指名も多い人気スタッフです。

SONY DSC SONY DSC

座学で学んだ事が実践できるか?

やってみるしかない!という事で泳ぐも頭と身体は正反対・・

思う様に泳げない・・というスタッフが多数、何とかゴールへ。

 

さて、ここまでの一連の研修の成果を発揮するべく通しでやってみる事に。

よーーーーーいドン!

SONY DSC

みんな一斉に泳ぎだす。

みんな本気か!?まいった・・遅れる・・

SONY DSC

スイムパート終了!笑顔だがちょっときついス。

早くバイクに行かないと。

SONY DSC SONY DSC

みっちり練習したトランジットはスムーズにできOK!

乗車ラインを超えてバイクに乗る事を忘れない!と呪文のように。

SONY DSC

連続でこなすとなんでこんなにきついんだ!といつも思いながら走ってます。

SONY DSC

まだ余裕のある時。

SONY DSC

ゴールした後。

(やっぱへばってますよね・・)

楽しい一日となりました。

今後は学んだ事を生かしてお客様向けのイベントも開催出来たらもっとトライアスロンが盛り上がると思います。

SONY DSC

締めて終了となります。

 

 

 

お茶L営業時間案内バナー(定休日なし)

 

お茶Lマップバナー

 

お茶の水レディース館通販バナー

 

 
******************************************************************
ワイズロードお茶の水レディース館

03-5244-4995

2017.7.22 UPDATE TEXT&PHOTO BY yunosuke yamada

******************************************************************