冬の装備、暑がりだけど、薄手秋物じゃさすがに風がキツくて…って方にピッタリなのがコレ!!
by: 向井 未来

秋冬のサイクルウェアは、主に

 

・秋口~初冬での使用に適した10℃帯のアイテム

・真冬での使用に適した0℃~5℃帯のアイテム

 

に大きく分類され、

その違いはだいたい防風の性能を備えているか&起毛の度合いにあります。

(あくまでも大雑把な括りの上での話ですが)

 

 

そのため、10℃~15℃の頃に5℃くらいのアイテムは暑すぎるし、

0℃~5℃の頃に10℃くらいのアイテムだと寒風が刺さってきて耐えられない…

 

なんてことになるので、

この2つの温度帯を両方用意して気温の移り変わりに合わせて

装備品を変えていっていただくのが一般的なのですが、

中にはとても暑がりで、特にペダルを回している足に関しては

真冬でも10℃くらいのアイテムでほぼ問題ないって方も。

 

 

私自身も、どちらかというと結構暑がりなので

上はしっかり防風アイテムで防寒しつつ、下はだいたい10℃帯のタイツで事足りるのですが

風の強い川沿いや海沿い、下り坂、雪がチラつくような日には

さすがにキツくて防風タイツが欲しくなり…

でも5℃帯ほどの厚さは暑そう…と二の足を踏んでいたのです。

 

 

そんな私みたいな、5℃と10℃の間くらいのものが欲しい!!

っていうタイプにピッタリなのが、こちら!!!

 

 

 

 パールイズミ ウィンドブレークライトタイツ 

 

¥14,800 → 店頭販売価格 ¥13,320+TAX

 

 

肌触りの良い起毛素材であたたかい10℃帯のタイツの前面に

5℃帯よりも薄い防風シートを施しているため、

ソフトさとストレッチ性+風に対する耐性を備えた扱いやすい1枚。

 

春先・秋冬や朝夕の寒暖差の大きい季節の変わり目にも

暑がりさんの冬装備にもぴったりのイイトコどりアイテムです。

 

 

見た目も5℃帯のアイテムよりシンプル。

伸縮性もあり穿きやすく、痒い所に手が届く系の丁度良さが魅力です。

 

 

ただ、あくまでも10℃帯に+防風性能というアイテムなので、

寒がりさんや代謝機能のあまり高くない方、風の強い場所や厳寒期を走る方は

ちゃんと0℃~5℃のアイテムを用意してくださいね!

己の過信禁物。これ、結構大事です!

 

 

ちなみにビブタイプ(店頭販売価格¥15,120+TAX)もありますので、

お好みに合わせて選べますよ~~。

 

 

ぜひ、店頭で合わせてみてください!!!

 

 

 

by ムカイ

 

 

 

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o*:.。..。.。o ○*:.。..。.。 o*:.。..。.。o*:.。..。.。o○*

 

 

 

大阪ウェア館 facebook・instagram始めました!

フォローお願いします!

 

 

↓↓↓クリック↓↓↓

facebook

 

 

 

 

 通販できます!詳細はこちらのバナーをクリック♪

↓↓

 

 

 

 

 ※10月16・17日は社内研修のため臨時休業とさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

定休日案内ブログ用画像

 
  
 

 こちらのブログでお知らせしています情報は全てブログ掲載時のものとなります。

在庫は常に流動しておりますので、

気になるアイテム等ございましたらお電話でお問合せ下さいませ。

  

 

関西最大級90坪を誇るサイクルウェア専門店でスタッフ一同お待ちしています ★

 




大阪ウェア館ご案内 MAP