一泊分の荷物ってどれくらい?おすすめバックパックは?
by: 向井 未来

 

 

 

4月も連休を残すのみ。いよいよGW突入ですね!!

 

 

1泊2日で○○に走りに行くんです、ってお話をうかがうことも増えていますが

よく訊かれるのが

 

『どれくらいの大きさのバッグが必要か』

 

というもの。

 

 

これまで私自身の一泊輪行ライドでの例を挙げてご紹介していたのですが、

私が使用しているバックパックと同型のもの(トップ画像のもの)は

現在店頭では在庫していないアイテムになるため、

同じくらいの容量の人気バックパックを例にしてご案内しようと思います!

 

 

 

 

 写真左:deuter レースX(12L)

写真右:VAUDE CLUSTER(10+3L)

 

 

一泊二日のお出かけにおすすめしているのは、

 

容量12L~15Lくらいのモデル。

 

 

実際私が一泊でのライドの際に使用しているバックパックが

12+2.5Lの容量であるという実体験からの数値ですが、

ある程度しっかり荷物が入って、背負ったまま走っても負担になりにくいのが

ちょうどこれくらいの容量・サイズ感だと思います。

 

 

そこで、↑の売れ筋2アイテムをピックアップ。

一泊二日の荷物を詰める実験をしてみましょう!

 

 

 

 

私が以前、ちょうど今くらいの時期に

一泊二日で徳島に輪行ライドしに行った時の荷物を

(ほぼ)再現してみました。

 

 

改めて見ると我ながらめちゃくちゃ多いですね…(^-^;

 

この大量の荷物、実は12Lもあれば入っちゃうんです!!

 

 

ちなみに、徳島旅ライドの様子に興味がある方は↓こちらをどうぞ

 

輪行で行く旅ライド【徳島】:1日目

輪行で行く旅ライド【徳島】:2日目

 

 

 

 

着替えと、輪行での移動時には装備しないライド用アイテム。

 

 

私の場合は初日は移動+街乗り散策程度、

一泊した翌日にガッツリ走ることが多いので

一日目にはインナーパンツ+カジュアルパンツ、

二日目にロングタイツ等の

本格的なサイクリングスタイルを用意することが多いですね。

 

宿泊先で洗濯をして、翌日も同じものを着用するって方は

もっと容量を減らせそうです。

 

 

左上の黄色いのはウィンドブレーカー。

気温変化に合わせて温度調節できるウィンドブレーカーや

とっさの雨に対応できるレインジャケットは気象予報に合わせて用意!

 

コンパクトに収納できるパッカブルタイプが便利です。

 

 

 

 

 充電ケーブル等と、眼鏡、化粧品、日焼け止め、制汗スプレー、

財布に筆記用具、タオルとポケットティッシュ

御朱印帳やMAPなど(ここは私の趣味の持ち物です)

 

このあたりは要不要の個人差の出る部分ですね。

 

 

 

 

鍵、スタンド、携帯ポンプ、

ツールケース(予備チューブ・パンク修理キット・工具など)

 

 

ツールケースや携帯ポンプ、鍵などはボトルケージやサドルバッグ、

車体に直接取り付けたりすることで自分が背負う荷物を減らすことができます。

 

私はまだボトルケージ1つしかつけてないので全部背負ってますが、

正直重いし嵩張るのでそろそろ車体に取り付ける方向で考えてます(>_<)

 

 

グループで走りに行く場合は経験者の方が工具やパンク修理用品を持ってくれて

初心者の方は用意しなくてもいいよ、ってケースもあるので

必要に応じて用意しましょう。(予備チューブくらいは是非)

 

 

コース近くの自転車屋などをチェックしておいて、

万一の時には駆け込むっていうのも一応ひとつの手段…

 

自転車に力を入れている自治体があると、

サイクリングロード沿線のコンビニで空気入れの貸出があったりします。

私の場合、事前に調べておいてそういう場所が多いようなら

あえて携帯ポンプを持って行かないこともあります。

(携帯ポンプで空気入れるの結構体力要るので…)

 

 

 

 

輪行袋とエンド金具

 

 

超必要最小限の輪行セット。

(本当はチェーンやスプロケット部分にかぶせるカバーも用意するのがベターです)

 

 

自走で行く方や車を手配できる方は基本的に不要ですが、

出先での万一のトラブルに備えて持っておくと便利だったりもします。

 

輪行袋もボトルケージに入れたりサドル下に取り付けできたり

色々なモデルがあるので、状況に応じて荷物を分散させることができます。

 

 

 

さて、ではこれらの大荷物(笑)を

実際にバックパックに詰めてみましょう!!!

 

 

 

 

 

鍵やスタンドなど使う頻度が高めで細長いものをサイドポケットに。

 

 

 

 

12L容量に全部入りました!!!

 

 

しかしパンパンですね…(´ω`;)

やっぱり車体に取り付けられるものは取り付けよう(決意)

 

私の荷物量はかなり多いので、

私より荷物が少ない方はこの容量でもっと余裕だと思います。

 

 

 

 

もうひとつ、VAUDEのバックパックにも入れてみます。

 

VAUDEはほとんどのモデルが↑の写真のように

背中とバックパックの間に隙間を設けてあり”涼しい”仕様なのが特徴。

 

ただ、この構造のため

 

 

 

 
このように背面部分が湾曲しているので、

一見荷物を入れにくそうな印象だったり…

 

なので、実際に荷物を詰め込んでみましょう!!

 

 

 

 

表面部がこのように全開するので、思った以上に入れやすいです!!

 

奥の方にすぐに使わないもの(翌日の着替えなど)を詰め詰め…

 

詰め込んだら少し閉め、また詰めて…って感じでパッキングしていくと

空間を無駄なく使って収納できる印象です。

 

 

 

 

収納完了!!

 

やっぱり…パンパン…(´ω`)

 

 

 

 

でも気づいたらこのファスナーを開放していなかったので、

まだ約3L分の容量が残っている模様。

 

※VAUDEやdeuterの一部モデルで、

容量の表記が『○○○L』となっているものは

サイド部分にあるファスナーを開放することでマチが広がり、

収納できる容量が+○分増える構造になっています。

 

先にここを開放しておいて、荷物を詰め込んでから閉めることで

荷物をコンパクトに収めるという技もあったりします。

 

 

 

 

あと、持っておくととても便利なのがサコッシュ。

 

私の場合、往路の移動ではヘルメットを入れて肩から掛けたり

帰りには購入したお土産を入れたりしています。

 

使わないときは小さくたたんで荷物に入れておくだけです。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

私は本当に荷物が多いので参考にしにくいかもしれませんが、

どういうものが必要でどれくらいの容量があればいいか、

なんとなくイメージしていただけたでしょうか。

 

 

私よりも荷物が少ない方はもっと小さい容量のバッグで十分ですし、

もっと荷物多いなあって方(シューズを持っていく方など)や

二泊以上のお出かけをされる方なら

もう少し大きめのバッグをご用意いただければと思います。

 

要らない物は極力減らしたり、ロッカーや宿泊施設に預けたりすると

もっと快適にサイクリングが楽しめますよ~!

 

 

今回はあくまでも”私の場合”の一例なので、

よかったらこれを参考に

ご自身のライドスタイルに合わせたものを選んでくださいね(´▽`*)

 

迷った時にはもちろん当店スタッフがご相談に乗らせていただきます!!

 

 

 

by ムカイ

 

 

 

 

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o*:.。..。.。o ○*:.。..。.。 o*:.。..。.。o*:.。..。.。o○*

 

  

2018年春夏新作サイクルウェア買うなら今!!!

最新入荷情報、商品情報はブログ・facebookでチェック!!

 

 

 

大阪ウェア館 facebook・instagramやってます!

フォローお願いします!

 

 

↓↓↓クリック↓↓↓

facebook

 

 

 

 

 通販できます!詳細はこちらのバナーをクリック♪

↓↓

 

 

  

 

 

 

 

 

 

定休日案内ブログ用画像

 

!! 5月1日より営業時間が変更になります !!

詳しくはこちらをご確認くださいませ

 
  
 

 こちらのブログでお知らせしています情報は全てブログ掲載時のものとなります。

在庫は常に流動しておりますので、

気になるアイテム等ございましたらお電話でお問合せ下さいませ。

  

 

関西最大級90坪を誇るサイクルウェア専門店でスタッフ一同お待ちしています ★

 




大阪ウェア館ご案内 MAP