【今、走るという事】Ride solo ・・・Stay home
by: 利田 卓也

いつもお世話になっております。

 

 

新型コロナウイルスの影響で自粛が多い中

 

3密(密閉、密集、密接)とは対極に位置する自転車が注目を集めてはいますが、

 

 

今の時期、知っておいてほしいことがあります。

 

 

5B6CA3D3-3B9A-4B5C-B7AE-65BF0A8BDE13

※緊急事態宣言前の画像です。

 

 

外を走られる方は

 

 

『Ride solo   , Ride alone』

 

『一人で走りなさい。』

 

 

他人と走ることで万一の感染リスクもあり得ますので避けましょうねというもの。

また、山や落車の危険のある下り坂のコースは避けた方がいいかとも思われます。

落車等で怪我をした場合は病院に行くことになる可能性があるとは思いますが、今は病院は猫の手も借りたい程の忙しさ。

無用な怪我を持ちこむ必要はないですよね。

 

また可能な限り寄り道での無用な飲食等も避けた方がいいかと思われます。

 

 

 

IMG_5017

 

 

 

『Stay home』

 

 

 

『家にいなさい。』

 

 

 

 

外で走るのが危険という認識は変わらず、かと言って家にいて運動不足もよくない。

 

 

そうなると

ローラーの出番でしょうか。

 

ZWIFT(仮想空間でのヴァーチャルライド)であれば、楽しく?室内でのライドも可能です。

時折、開催されるイベントでは海外のプロ選手とバッティングして震えた・・・なんて話も。

 

 

ZWIFTは仮想空間を走り、その世界は当然登り坂、下り坂もあります。

そんなコースの勾配の変化をも楽しみたいという方には

 

IMG_5167

 

このようなスマートトレーナーというもので“お家時間”に運動不足を解消されるのもいいでしょう。

自粛宣言でてるのに来店するのは・・・

その為に全国対応の通販なんて便利モノも世の中にはあります。

 ゴメンナサイ。ちょこっと商品のご紹介です。

 

 

 

この室内サイクリング、室内トレーニングでも

気をつけていただきたいのが、

 

 

やりすぎ注意。

 

室内サイクリングといえど、疲労は溜まります。

疲労が重なり、溜まると免疫力の低下に繋がり感染リスクは高まります。

 

各々、思うところ、目指すところはあるとは思いますが、

 

今の時期は頑張り過ぎる時期じゃないハズです。

 

 

 

参考にさせて頂いたのはコチラ

 

書かれているのシクロワイヤード編集長の綾野氏です。

許可を頂き、こちらの記事のリンクを貼らせて頂いております。

 

 

重複する内容も多くありますが、大変参考になるかと思いますので必読です。

 

 

 

どうか皆様ご安全に。

 

微力ながら発信させて頂きます。