【旅ブログ】大阪発、往復一万円で行く大分の旅 その2
by: 橋崎裕幸

 

旅のハイシーズンにつき再投稿中です。

 


 

 

 

格安フェリーで大分に向かい、日帰りで走った記録の第二弾です。

 

 

第一弾はこちら!

 

 

 

 

今回の旅のコンセプトは

ガッツリと山を走って温泉に入るでした。

 

ルートはこんな感じです。

 

 

 

別府観光港から湯布院を経て牧ノ戸峠まで

 

大体同じルートを往復した後は時間と体力の関係上、

帰りは湯布院駅から輪行で別府駅まで帰りました。

 

距離:片道で約60km

獲得標高:片道(往路)で1940m

 

といった行程になります。


 

 

今回の相棒はこちら

 

DSC_0151

 

 

ブロンプトン S6L  NEW YORK Edition

 

 

 

 

今回の旅は、6速ブロンプトンのポテンシャルを九州の山々で証明するために企画しました。

 

同じルートをロードバイクでも走ったことがありますが、

レース志向ではない私の脚力でもロードには及ばないながらも

十分に山岳に挑めました。

 

輪行の手軽さも相まって、身軽な旅のお供には最適です。

 


 

 

以下は写真を交えたダイジェストとなりますが、

走った当時は所々吹雪に見舞われたため別の時期の写真が混ざることをご了承ください。

 

 

船を下りてからしばらくは別府市内の激坂を登ることになりますが、道も狭く交通量も多いので、手早く抜けることをおすすめします。

 

最初の10km程度を過ぎればその後は道も開け、

 

DSC_4905

 

素敵な道を

 

DSC_4912

 

ひた走れます。

 

 

DSC_0241

由布院観光は次の機会に取って置き、ひたすらに走ります。

 

DSC_0244

よく見ると相棒が写ってますがわかるでしょうか?

 

 

DSC_0264

 

所々に展望台もあり、休憩には最適です。由布岳と、眼下には先ほどまでいた湯布院の町が見えました。

船を降りて数時間でここまで山深くなります。

 


 

DSC_0269

 

そこから15kmほどアップダウンを繰り返すと、九重連山のお膝元にたどり着きます。

ここまでくればもう一息。登りっぱなしで500mほど標高を上げると、

 

DSC_4933

 

ようやく目標であった牧ノ戸峠にたどり着きました。

実際にはピークに近づくにつれ吹雪始めており、路面の凍結が始まる可能性があったので到着後すぐ折り返すことになりました。

 

自分の体力、路面のコンディション把握は旅には不可欠ですので、皆様もご注意ください。

 


 

 

復路については下り基調であり、標高を下げるにつれ天候も回復していきました。

 

DSC_4922

 

いよいよ温泉、そしておすすめスポット、といったところで次回に続きます。

 

DSC_6531

 


 

新型コロナウイルスによる影響

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防に伴い、

 

ご来店時のマスクの着用をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来店時にマスク、もしくはマスクに替わるものの着用のない方は

 

 

 

 

入店をお断りさせていただきます。

 

 

 

また、複数人数(3人~)でのご来店は

 

 

極力ご遠慮頂くようにお願い致します。

 

 

 

感染拡大防止のためですのでご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

インターネットでご注文頂きまして

大阪本館での納車、ホイール、パーツのお渡しが可能です!
(商品によっては配送になります。)

ワイズロードオンラインショップ!

【画像をクリック!】

92695409_1070274360033567_528917607525384192_o

 


 

 

 

|各種SNSをチェック!!

 

↓↓FBをフォローしてお得情報をチェック!! 写真メインのインスタもやってます

 

 

 772FBC48-F723-4D66-AF35-7A0ECEAD61DE 

 

 


 

 

 

お知らせ

 

2-e1593153906872

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 DISCブレーキってどうなの??

 

気になる方はクリック!!

 

bnr_disc_gekkan

 


 

 

 

アルバイト募集バナー

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40