instagram

【GIANT 2022】待ってました!ディスク仕様の「TCR ADV」!
by: 小西真人

IMG_5767

 

 

先日ご紹介したリムブレーキモデルからちょっと遅れたカタチですが。

大本命、ディスクブレーキ仕様の「TCRアドバンスド」が到着です!

 

KOM=キングオブマウンテン=山岳王

 

IMG_5749

 

〇GIANT  2022 TCR ADVANCED 1 DISC「KOM」 
¥352,000-(税込)

 

8.1㎏の車体、軽めのギア比やローハイトのホイールなど、ヒルクライムを軽快に走ることに特化したアッセンブルとなっている「KOM」。

なかなかに仰々しいモデル名ですが、実態は初心者にも優しいワイドギア仕様。普段乗りから山越えロングライドなど、競技以外のシーンでもその恩恵が受けられること間違いなし。

 

何処から見てもTCRなフレーム形状

 

IMG_5733

 

フレーム素材は普及クラスのアドバンスド(無印)カーボン。

なんですが、実は上位グレードの「PRO」も無印アドバンスドだったり。そう考えるとフレームのポテンシャルはかなり高いと予想できます。

空力方面には無頓着のように見えますが、フロントフォークやスペーサーにはKVF形状を採用。いつもの感じはキープしつつも実は代を重ねる度にちょっとずつ進化している模様。

 

機械式のアルテグラは11速のままで継続

 

IMG_5758

 

搭載コンポは機械式のアルテグラ+油圧ディスクブレーキ。

最新の12速アルテに注目が集まりがちですが、アレはDi2専用。機械式は11速のまま変更がないようなので気にする必要ナシ。

KOMの由来となった54-34T×11―34Tのワイドなギア構成を活かして、どんどん激坂にチャレンジしてみて下さい。

 

チューブレスレディも一般化してきました

 

IMG_5761

 

ホイールとタイヤは初めからチューブレスレディ仕様。

このバイクが本気でスポーツライドを楽しむためのツールとして作られているからこそ、敢えてのチューブレス。メリットだけでなくデメリットも考慮した上でのチョイスと思われます。

もちろん普通にインナーチューブを入れればクリンチャー的に使うこともできますが、折角のTLR装備、試さないのはもったいない。

 

今回の入荷は「1」と「2」

 

IMG_5751

 

フレームサイズはS(445)。
おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

この「1」の他に105仕様の「2」のSサイズも入荷済み。同じフレームで
お値段¥302,500-(税込)とこちらもかなり魅力的。

 

見た目に派手さはないものの、熟成を重ねた堅実な走りと抜群のコスパで常に安定した人気を保ち続けている「TCR」。

「ONCE」でツールを走っていた頃から数えると、なんとこれが9代目!
ジャイアントが如何にこのモデルを大事にしてきたかが良く分かります。