今日の志木店  2017LOOKを組んで思う
by: 野澤 伸吾

  立て続けにLOOK795を組み立てる幸運に恵まれ

 ちょい気が付いた事を記します。

GR031949

    ↑ これは795のヤグラにサドルを取り付ける図

  5mmのボルト一本で止まります。

 以前も書きましたけど【カーボンレールの場合】←クリック

締め付けるボルトは一本しか附属しない

そうすると・・・・・

GR031951

    ↑ 今回は真円のチタンレールなのに

   このように イマイチ短くて

                   雌ネジを使いきってませんね―.

     本締めしたらネジが壊れそうに感じて・・・

    怖くて嫌です。

 ここは オーナー様が御自身で調整するネジ・・・・

GR031952

     ↑ 微妙に長さの違うボルトを用意しました

  右端が附属品の首下25mm

  真中は首下30mm  これでは短く

  40mmでは長いので 少し切りました

GR031954

     ↑ このように 雌ネジの外面ツライチがいい感じ。

まあね・・・・これはずいぶん前から やってますけどね

  ちなみに 普通のボルトは頭が大きいので削る必要があります

 【ボルトの頭を削るコツの過去記事】 ← クリック 

 これなら オーナー様が締め直してもネジを壊しにくいと予想。

LOOK社は 2種類くらいのボルトを附属するべきじゃないかなぁ。

  

 

2F2A7031

  ↑ LOOKさんは 地味に改良もしてますね

上図はブレーキ&シフトアウターの

       出口部分のゴム製補強部品

  これは2016には ありませんでした。

2F2A7032

    ↑ これは 納車前夜のその部分・・・・・

  左手で後ろブレーキだから こっちがいいかなあと

 思ったんだけど FBRのワイヤリングに接触しちゃうし

 前出の部品を付け忘れてまーす

 こりゃ やり直しだず。

2F2A7036WEBでは 795のアウター交換が取りざたされてますが

 まず・・・・ 

ライナー管を差し入れて【ライトの場合は必要ないけど】

2F2A7037

    ↑ アウターよりもかなりインナーは長いので

2F2A7041

     ↑ このような状態になれば  ワイヤーを引きながら

   押しこめば・・・・

2F2A7043

    ↑ アウター端部が 簡単にこんにちはしますね。

そんな感じで・・・・・・

2F2A7045

    ↑  こっちの入り口のほうが

   いいみたいですね  左手後ろブレーキは。

  これで4台目のマセラティは無事に納車しました。

 

 と 次は5台めのマセラティを組み出して・・・・

GR031862

    ↑ なんとか この新型ジャンクションが

  トップチューブのに仕込めないかなと

GR031861

   細部を計ると・・・・・

  うーん 簡単にはいきそうにないです

 2016以前の795オーナーから強い要望があれば・・・・

  一度チャレンジしたいですね。

 

まあ 今回は蓋にはつけないけど ハンドル端部に

GR031956

    ↑ 折角なので ハンドルに仕込む訳

  この ラインを入れるのが 最初は迷いました。

 一度やれば 楽勝ですけどね

GR031962

    ↑ ハンドルから 一本だけのDi2配線は

    スッキリしてますな。  うん。

  そんな 志木店の一日でした。

 by野澤