本日の志木店 795のやぐら修理  F10にDLC11
by: 野澤 伸吾

LOOK 795のヤグラ部品はデリケートゾーンです

2F2A0237

   三角の部品が引き合う事でカシメテいるのですが

  その雌ネジはアルミ製な上に・・・・

2F2A0211

 雌ねじの有効長がお仕事の割りに短いと思います!

  しかも レールの幅によりネジの出入りが変わるのに

      付属のボルトは一種類しかない為 

  このわずかな 雌ネジを使いきれない二重苦

  これじゃあ ネジを壊してしまうオーナー様が多い筈です。

【当該案件の過去記事】←クリック!

↑志木店では組み立て時にレールにボルト長をあわせてますが

2F2A0212

  それでも 壊してしまわれたので 修理。

 本来は部品交換なのですが 

    この小さな部品4,000円もします

 ですので 今回は6mmにボアアップしました。

★あくまで 自己責任の改造です。真似しないでください

2F2A0213

   ↑ まずは 長いままで本締めして。。。。

2F2A0214

  ↑ 少し出るくらいで切ります。

 これで 少ない有効長も最大に使用できますね。

 今回は サドル交換も兼ねていて ISPも切りました。

2F2A0221

   ↑ 切った後にバリを削るのですが

  細いヤスリは危険です! 

 ちょっとでもズレると 見える部分に傷が!

2F2A0222

  ↑ これくらいの 大きなヤスリが安心

2F2A0223

  もう片方の手でガイドしてやればズッコケません

そして 動かし方も

2F2A0225

 ↑ バリがある線分に対し直交は素人作業  NG

2F2A0226

  ↑ バリの線分に平行に動かしましょう。 これ基本。

2F2A0229

  ↑ もうひとつの鬼門が ヤグラの固定ボルト

 緩める前に 

必ず圧縮してパチンとロックを解除しましょう

 そうしないで 無理に回すと壊れますよ。

2F2A0230

  ↑ ステムの部品にリコールがあります

 まあね 和訳がリコールなんですが

 自己回収的 改善部品です

 危険な欠陥が発見された訳ではありません。

385585の刻印が改良品です。

2F2A0231

  ↑ 手前が改良品です

 うーん 無負荷時の広がり具合がとても大きい

2F2A0232

  ↑ 取り付けようとすると広がってしまい

  かなり強く縮めないと ボルトが届きません

  手だけでやろうとすると とても難儀。

 

2F2A0233

  ↑ フト思いついた手持ちのこの工具が

2F2A0234

   ↑ ピッタシカンカーン!!

2F2A0235

   ↑ 超簡単にボルトをセットできまーす

 

 と そんな感じでLOOK795を仕上げると

 今度は 富士ヒルクライムに参加のお客様が

2F2A0238

  PINARELLO F10に DLCチェーンをインストール

 ぐおおおおおっ! です!

2F2A0243

  ↑ いCDJデカプリヲに 赤いダイヤモンド!

 もーメンテ台で回すと凄く軽い回転感触!

2F2A0247

  BBはいセラミックスピードだし

  いパイオニアだし

  無敵な レッド&ブラック号です!

  日曜日が楽しみですね!

  by野澤