facebook 旧ブログサイトはこちら

【王滝42㎞】こんな装備持ってきました。反省と対策案。【初参加】
by: 田中義臣

 

 

こんにちは、スタッフ田中です。

 

 

 

えー・・・5月22日、SDA王滝42㎞、参加してきました。

 

 

 

結論から言うと、いちおー完走はしました・・・タイムアップ10分前ですが。

 

 

 

序盤から持病の腰痛に悩まされたとても苦しい道のり・・・

 

 

 

よってレポ出来そうな写真を撮ってるような余裕などありませんでした!(開き直り

 

 

 

なので、当日持って行った装備品だけでも見返して、

 

 

 

反省点を探していきたいと思います。

 

 

 R1050702

まずはバックパック。ダカインの12Lモデル、『ドリフター』。

 

 

 R1050703

容量3Lのハイドレーションパックには水を2L入れていきました。(茶渋でメチャクチャ黄ばんでますがとりあえず使用に問題はないです)

 

 

 

ハイッ、もうこの時点で失敗ですね。

 

 

 

 

バックパックが重すぎて腰痛を悪化させる一因になったのは間違いありません。

 

 

 

走りながらボトルの抜き差しが出来ないような激しいコースではないので、断然ボトルケージ+ボトルが良いです。

 

 

 

エイドも定期的にあるので、途中補給することを考えれば700ml一本でもいいかもしれません。

 

 

 

実は今回、ケージ台座の付いてないプレイバイク(トリック用のMTB)で出たので・・・

 

 

 

ケージ台座は絶対あった方がいいですよ!(あたりまえ

 

 

 R1050706

ちなみにバッグの中身を見ていくとまず『替えチューブ』と『タイヤブート』、『イージーパッチ』。

 

 

 

チューブは3本持っていきましたが1本も使わず。お守り程度に1本だけ持っていけばよかった・・・

 

 

 R1050707

ポンプはトピークの『ターボモーフG』と『サスポンプ』。どちらも出番無し・・・

 

 

 

使い切りじゃない安心感でデカいハンドポンプにしましたが、よく考えると予備チューブの数だけCO2ボンベがあれば十分ですね。

 

 

 

それ以上はパンクしても修理しようもありませんし。

 

 

 

サスポンプは完全に癖で持っていきました。

 

 

 

DHコースに遊びに行くときは、走ってセッティングがしっくりこないと途中で変えられて便利なんですが今回は全く意味なし・・・

 

 

 R1050708

そしてミニツール。これもいつもの癖で2つもっていきましたが、1つで十分でした。

 

 

 R1050710

さらに『予備のハンガー』、『RD』、『ミッシングリンク』、そして『チェーン切り』。これもいらなかったですね・・・

 

 

 

MTBってRDの横への張り出しも少ないですし、ハンドル幅やQファクターも広いので、

 

 

 

転倒でヒット→破損ってあまりないですよね・・・

 

 

 

一番よくあるのは異物(枝など)を巻き込んでの破損だと思いますが、路面はかなり綺麗だったのでそんな心配もなさそうです。

 

 

 R1050711

そして万が一の怪我対策、『ウェットティッシュ』と、『タブレットタオル』(濡らすと膨張する圧縮タオル)。

 

 

 

初参加で全く勝手がわからなかったので、『とりあえず何があっても自走で帰ってこれる装備!』

 

 

 

を目指しましたが、そんなにメチャクチャ荒れたコースではなかったですね・・・

 

 

 

 

荷物の大幅なダイエットが必要そうです。

 

 

 

後半、バンバン追い抜いていく100kmクラスのトップ集団を観察していましたが、

 

 

 

皆さん背中には何もないですね。

 

 

 

まれにジャージのバックポケットに替えチューブや補給食を入れている方がいるくらい。

 

 

 

ではどうやって装備を運んでいるかというと・・・

 

 

 

養生テープで、ダウンチューブやシートポストにグルグル巻きにしている方が圧倒的に多かった!

 

 

 

なるほどそれでいいのか!!!

 

 

 

もしまた参加することがあるならば、

 

 

 

・ドリンクはボトルケージ+ボトル

 

 

 

・装備は予備チューブ×1、CO2インフレ―ター×1、ミニツール×1

 

 

 

・養生テープで車体に張り付ける

 

 

 

これで行けると思います。

 

 

 

多分もう行きませんが!(あまりにもツラカッタ・・・

 

 

 

次に出るなら下り系のイベントですね。

 

 

 

『シマノバイカーズフェスティバル』(7月30~31日)の『DHエンデューロ』か、

 

 

 

『エンデューロナショナルシリーズ第3戦(8月27~28日)あたりが気になっています。

 

 

 

ちなみに『シマノバイカーズフェスティバル』には、

 

 

 

王滝42㎞と同じようなコース距離と高低差の、

 

 

 

『キングオブマウンテン』という競技種目もあるみたいですよ。

 

 

 

「興味はあるけど王滝は出そびれてしまった・・・」なんて方がいれば、

 

 

 

ぜひ1度出てみることをお勧めします!人間何事も経験です!

 

 

 

他にもDHコースを逆走する『MTBヒルクライム』なんかも面白そうですね。

 

 

 

参加締め切りは6月10日なのでもうあまり時間はありません。

 

 

 

皆さんもいつもと一味違ったアクティビティに挑戦してみませんか?

 

 

 

MTBや装備のご相談もいつでもお待ちしています!