facebook 旧ブログサイトはこちら

【2020 カワシマサイクル】毎度おなじみ新製品情報。フルクラムやエリート、フィジークなど注目モデル多数あります。
by: 池田哲也

毎度おなじみの展示会情報。今回はカワシマサイクルサプライです。

 

 

といっても「カワシマサイクルってどこよ。」問い方の方が多いと思うので説明すると、ピナレロやフィジーク、フルクラムやカンパニョーロ、エリートやピレリなどイタリアメーカーをメインに扱っているロードバイク乗りにはおなじみの会社です。

 

 

 

 

 

 

今回の展示会はパーツの新製品がメイン。

 

 

 

 

 

 

入ってすぐのところに展示してあったのはフルクラムのディスクブレーキ達。

 

63617A8D-9BD8-4BB2-B415-F64B3BC8611D

 

 

 

 

 

 

中でも注目はレーシングクアトロシリーズの後継ウィンドシリーズ。

FA6D2876-0DB9-42AD-9DCB-8DB82A2A3448

 

 

40mm、55mmと高いリムハイトでありながら17万前後と破格の安さを実現した2本。(他社は35mmぐらいで18万円台のものが多い)

 

 

 

 

 

 

チューブレスにはもちろん対応。

 

しかも、他社だと1万近いフリーボディーを買わなければならないXDR仕様もわずか1、000円アップで実現可能と至れり尽くせりの仕様となっています。

 71B5FBC2-8E79-4265-8EA9-C723C4E1D7BF

 

 

 

 

フルクラムのチューブレスはリムに穴がないのでメンテナンスが簡単なのもメリット。

 

2D5A9F06-3A0D-401D-B663-CA9CEDAE6DAF

 

タイヤはほとんどがレディー仕様なのでシーラントは結局必要ですが、リムテープがないと空気漏れも少なく扱いやすいことは確か。クリンチャーで使う場合もテープを張り替える必要がないというメリットもあります。

 

以前は、ブレーキの不安があったカーボンホイールですがDISCになればその心配は無用。DISCロードのホイール交換でハイエンドのアルミホイールを検討している方なら少し値段は上がりますが、こちらの方が間違いなくオススメです。(ワイズではフルクラムホイールは10%OFFですし)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルクラムではこのほかにアルミとカーボンのハイブリットである究極の反応体「レーシングゼロ DISC」も注目。

 

947AC995-5C2C-4C12-A7E7-38412A31FD3D

 

リムはスポークの部分を補強するように化粧カーボンが施された最近では珍しい派手な仕様。

 C9B5B989-82E8-4D1F-B7FD-E5EB516FF2CD

 

個人的な話ですが、最近フレームとコンポとパワーメーターを買ったので残るはホイールのみ。(実は今までハイエンドのホイールはあまり興味がなかったので買ってませんでした)シクロクロスに最適な仕様のこのホイールは候補の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラー台の一大ブランドエリートの注目製品は二つのスマートトレーナー。

 

 

一つはこちらのTUO。

 

C6FCD8E9-FA54-4D33-9EB5-2751B69F809EF2DA3248-6E9C-4004-BFD6-8071BB14D1D3C5EE6554-D101-435F-815F-25DAC27C3BB2

 

超珍しいタイヤドライブの新製品で木を使った脚が特徴的。無線通信はANT+とBLUETOOTHに対応してサイコンやデバイスを選びません。

 

  

特徴は何と言っても静けさで会場で乗った感じでは音がほとんどしない!

 

 

あまりに静かで違和感を覚えるほどですがこれはおなじみのエラストゲルと負荷装置にマグネットが使われていないため。そのおかげでローラーでおなじみのグオ〜ングオ〜ンという音がしないそうです。

 

価格ははっきりとは覚えてませんが10万を切る結構リーズナブルな価格でスマートトレーなデビューに最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはすでに話題になっていたダイレクトドライブの新作SUITO。

 

603F3439-E9BF-4173-A3C8-870EDF12BF6D

 

10万以下(9万8千ほどだったはず)のダイレクトドライブスマートローラーでこちらもマグネットレスで音が非常に静か。

 

 

会場写真だとわかりにくいですがこれまで出た他のスマートトレーナーと比べてもボリュームは小さく足を畳めばほとんど場所をとりません。

 

 

  

重量はありますが持ち運びに便利な取手も付いているので家の中で置く場所がないし、静かなローラーが欲しい方に最適で今後の定番となりそうな一台です。いずれもチャーリー店では注文受け付けていますので是非お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はフィジーク。

C3B8AE17-0D27-4260-817B-F49ED451C0D1 

 

初のショートサドル(トライアスロン用以外では)TEMPOシリーズが多数展示。

3853302B-C8DE-496F-A830-3228226956464DE6F23A-85D5-4DE9-8A07-316D3331FD2D
 

 

 

 

 

 

その他当店でも注文を受けているOPENカラーシリーズも展示。それにしてもフィジークも今後は穴あきが中心になるのでしょうか?

9173127F-2AD1-468A-82BE-4CB36958A6F5 

 

 

 

 

 

こちらはユーロバイクでも展示されていた圧力マッピングをもとに開発されたというADAPTIVE。

 

6EAA0306-A69D-4D31-89A4-85C84479D218

 

一見試作品のような外観はこれで完成品。すでにプロレースなどでも導入されいるそうです。表面のパッド?部分はゲルというわけではなくかためなのですが、これで快適性が確保されているのか興味深いところ。

 

価格や販売時期は分かり次第お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

フィジークで忘れてはいけないシューズたち。

047B2E41-8ACD-404A-88DD-0F08EECBA5DC 

 

 

今回は試着用の靴があったので話題のパワーストラップを試着。

 

E4379D6C-9549-4707-BD56-2E583D3C7A21

 

これまでのベルクロと違いアッパーを抑えるだけでなくサイドも含め立体的に足を抑えるようにしまってくれることにまず関心。

 

締め付けの強さもバッチリでなんならBOAよりもしっかりしまっている感じ。それでいて、どことなく柔らかさを感じるはき心地はベルクロならではかも。価格を含めて人気があるのも分かり気がします。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは最上位モデルのインフィニティー。

 

5CF19AE2-1731-46E6-8046-58FBD73157BF

 

 ニットを使ったフィジークシューズは初めて試着しましたがトップもでっらしいかっちりとした締め付けとソフトなはき心地が両立した不思議で快適なはき心地でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パナレーサーのブースでは新種のシクロクロスタイヤが二本。

276EA628-B99D-47DB-83ED-26B2D83D39BD

 

 

 

 

 

 

一つは私も昔よく使っていたCG(MTBのスーパースターセドリック・グラシアの協力を得てできたモデル)デザインの万能モデル。

 

02B25BA3-7044-4561-860F-7EB07E1BA254 

 

ほとんどの場面で使えるグリップと転がりの軽いセンターノブのバランスが優れた初めての人に最適な一本。

 

 

 

 

 

 

もう一つが見た目から分かるようにマッドコンディションようにグリップと泥ハケを高めたモデル。

 

CBEC69DB-37D4-43B9-B704-3308F283CC0D 

 

いずれも比較的5千円台とチューブレスとしては破格の安さなので初めての一本としてもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの店舗で在庫しているr.E.medサドルにはよりスポーティーなニューデザインが登場。これも各店舗定番のサドルになりそうです。

7093C18E-3AB9-490B-986F-9AE0B17BE8C9 

 

 

 

 

 

個人的に常に注目しているゲルたっぷりのLOOK INサドル。

 

7CB5A8DD-FB9E-424A-B980-90CF728ED624C43B56D8-C934-4565-ADB5-6487A06C7208

 

シティー用としては若干高いですが、快適性抜群なので私も幾度か買っているオススメサドルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はイタリアハンドルメーカーの定番DEDAのホイール。

 

333B74C8-D1D9-449F-B63B-94DFC5FD7AB0

 

 

 

 

 

ホイールの力の入れっぷりはかなりものでこちらは62mmハイトのモデルでありながら22万円台と超破格の一本。取り寄せできるので気になる方は是非お問い合わせください。

83DEDF16-9553-4ED9-A3C1-CC5B9897221E

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でカワシマサイクルは終了。紹介した製品はいずれもチャーリー店で取り寄せ可能なので是非ご注文ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会後は浅草で御徒町の名店寛八(去年閉店)の弟子の1人やっている寿司屋 かね庄へ。

 

 

 

 

 

 

 

その後はかっぱ橋道具街を見て回りました。

 

業務用マスタードが驚きの安さでした。マスタードって家庭だとソーセージぐらいにしか使わないはずなのにいつのまにかなくなっていて謎です。

 7244D3B9-91F4-4D27-A84D-BF958DC4719A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の事からパーツのインプレまで。「池田哲也のじこまん」は不定期更新中です。