衝撃的なルックスの3Dプリントサドル『fi’zi:k ANTARES-ADAPTIVE』最先端の座り心地は衝撃ナシ!?
by: 津森 弘晃

 

その独特な見た目とカラーリング、正直言ってキワモノ系

サドルでお値段5万円オーバーってのも衝撃的…。

 

 

でもコレがサドルの最先端!?

 

P3260550

話題の最先端アイテムが在庫ございます♪

 

 

 

【fi’zi:k】

ANTARES VERSUS EVO 00

ADAPTIVE

P3260553

 

販売価格¥52,800-(税込)

 

 

 

正直、この手の最先端系モデルに手を出すのはちょっとした冒険?

でもどんな物かは気になっちゃう!!

 

P3260545

…と心くすぐられる不思議さも魅力な最新モデル

 

 

P3260554 

独特なアミアミ構造が目を惹く3Dプリンターで造られたパッド部分は1つの素材でクッション性を調整でき、従来のサドル寄りもパーツ点数が少なくシームレス(継目がない)。

 

P3260546

 

実際に触ってみると場所によって「柔らかい」「支えてる」の違いをしっかり感じられ違和感や頼りなさは全くありません。

 

P3260551

 

ビクともしないメチャ硬のフルカーボンベースを土台に3Dプリントパディングの実際に座った感触は違和感なくいい意味で至って普通。

 

 

妙にフワフワしている訳でもなく反発が強い訳でもない、表面に樹脂特有のツルッと感もなく、安定して着座できそうな感触です。

 

 

P3260542 

 

REGULAR(139mm幅)・LARGE(146mm幅)の2サイズ展開があり、実測で重量はそれぞれ

 

 

 P3260540

139mm/158g

 

 

P3260541

146mm/157g 

 

 

と、なぜかLARGEの方が1g軽い謎実測重量。

(いずれにしても軽い!!)

 

 

…とこの手のジャンルではしっかりと体感できる機能とスペック。バイクを軽量に仕上げつつも快適性を損なわせたくないという方のカスタムにはアリでしょう。

 

 

心配となるのが耐久性の点ではないでしょうか?

 

 

 0326_サドル耐久テスト

100万回以上の衝撃耐久テストをクリアしているとのことで一般的な使用であれば問題はなさそう。…構造的に何か引っかかったりしたらどうなんでしょね?

 

 

0326_cleanup 

細かい網状の構造なので、ホコリ・汚れも入っちゃいますが丸ごと水洗いもOKで即クリーン‼

乾くのも速いから、従来サドルの「乾いたと思ってたら中から滲み出し不快な思いをした」なんてこともありません。

 

 

 

最新技術の世界初サドルだけあって未知数な部分も多いですが、話題になるだけあってなかなか悪くなさそう!?

 

 

 

特徴的なカラーリングもあってバイクとの色合わせも中々難しそうではありますが…、

 

P3260558 

 

こちら同系色なSUPACAZの蓄光バーテープ「SUPER STICKEY(MIDNEIGHT GLOW)」と合わせても面白いかも♪

(※サドルは蓄光しません)

 

 

クロスバイク買えちゃう、お値段5万オーバーの高級最新3Dプリントサドル『ANTARES VERSUS EVO 00ADAPTIVE』それぞれ1点ずつの在庫中。

 

 

P3260544

お探しならば池袋チャーリー店へ♪

 

 

 

 

 

車体の他にもアクセサリ・パーツも豊富!!

 

180707池C地図

 

 

お気軽にお立ちより下さい♪