【府中多摩川×社内試乗会】Cannondaleが満を持して投入してきたSystemSixに乗ってみた
by: 佐藤大輔

すでに、各店舗のスタッフがインプレを大量に

アップしていると思いますが、

先日の10/18にスタッフ向けの試乗会があり、

色々とニューバイクを試乗してきました。

 

 

IMG_0890

続々と集合してくる各店舗のスタッフたち

 

 

 

まずは、注目度の高いCannondaleのSystemSix!!

 

IMG_0932

 

他ブランドがエアロロードをラインナップにどんどん追加していくなかでも、

頑なにラインナップにはエアロロードを投入しなかったCannondaleも

時代の波には逆らえず、ついにエアロロードを発表です。

 

エアロロード最後発と言っても過言ではないのではないでしょうか。

それだけに色々と研究開発を重ね、良い具合に仕上がっているように

感じます。

 

 

IMG_0937

フレームダウンチューブの形状は、流体力学の最新の

カムテール理論に基づいた形状に成型されています。

しかも、ボトルケージが取り付けられる部分も

ボトルケージの幅に合わせて太く加工され、

ドラッグの影響を受けにくい様に工夫されています。

シートチューブ形状もリアホイールに合わせて弧を描くように

なっていて、ここでもエアドラッグの低減がしっかりと考えられています。

 

 

 

 

他にもホイールやタイヤサイズに関しても空気抵抗を以下に減らすか

という事を考えつくして開発されているとの事。

 

 

 

 

実際に試乗してみたインプレッションですが、

 

通常のロード同様に膝位置をペダル軸の延長線上にくるように

乗車ポジションを取って乗った場合、若干モッサリとした反応に感じました。

 

 

 

エアロロードなのに、なんかモヤッとしてるなぁ、、、、、、

とその瞬間には感じましたが、

 

 

 

 

いやいや、前後の重量配分で印象も変わるのでは?と思い、

前乗りぎみにサドルに座るようにしてみたところ、

 

車体の反応がガラッとかわり、ペダリングに敏感に反応して、

キビキビとした印象になりました。

 

まさしく、レーシングバイクといった感じですね。

 

 

 

 

 

リアルレーシングだったり、草レースだったりの

正にレースを楽しみたい方には最高ともいえるバイクではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナーリングについては、

佐藤個人としては、路面に吸い付くようなコーナーリングの挙動をする

バイクが好みな事もあり、コーナーリングの挙動はやや腰高な感じをうけました。

 

不安定という程ではないので、好みにはなってくるかと思います。

(ヒラヒラと素早い反応が好きな方にはいいのではないでしょうか)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0933

 

特筆するべきはこのクランク!!

 

なんと、パワーセンサー内蔵のクランクが最初からアッセンブルされています。

パワートレーニングがパーツのアップグレードをしなくてもできちゃうんです!!

 

 

 

 

 

ただし、ロックを解除してパワー計測できるようにするためには、

US$500-のアップチャージが必要となっています。

 

それでも、後から追加でパワーセンサーを購入することを考えたらお買い得?!!

 

 

 

 

 

 

パワーセンサーがアッセンブルされているのは2種類あり、

ULT Di2仕様で¥790,000-(税別)

D.A Di2仕様で¥1050,000-(税別)

 

となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントやレースで自己の最高のパフォーマンスを発揮したい方、

いかがでしょう。

 

 

 

Text by D.Satoh

2018/10/23

 

 

 

 

 

 

第8回ワイズカップバナー

sbd2018開催決定バナー

20181201埼玉バナー20181215大阪バナー