【バイオレーサー5000】 適切な距離感は 【モニターフィッテイング】
by: 利田 卓也

IMG_20160513_015145

正しいポジションで乗れているでしょうか

正しいというよりは現在の適切なポジションで乗れているでしょうか?

ロードバイクに限らず、ポジションというのは非常に重要であります。

 

 

例えば、腕がすぐ疲れる人
すぐに肩周りが凝る人
はたまた、前傾姿勢がしんどいので高いハンドル位置で乗っている人

 

 

・・・

 

 

上の症状があったとします。
どんな処置をするのが正しいでしょうか?

 

 

ステムを短くする?
・・・間違いではないかもしれません。

 

 

 

しかし、ホントにそうでしょうか?

コーナーが曲がりにくい、下りが苦手、上りが苦手、ダンシングが苦手・・・

これらは技術面、体力面に寄るところが多いのですが、

 

 

 

それだけでしょうか?

 

 

適切なポジションが出ていないが故に苦手と感じているだけなのかもしれません。

 

 

 

私のバイオレーサー5000を受けて頂いた方、
または遠目から見られた方は私の施工をご存知だと思います。

 

 

 

適正なポジション、または現時点で乗り手にあったポジションには
それにあったフォームが必要にもなります。

 

 

これは人によって、その人の癖であったり、乗り方によっても変わりますの
これが正しい乗り方ですというのはありません。

 

 

同じポジションの人がいたとして、踵があがり気味の人と下がり気味の人。
これだけでフォームは別のものとなります。

 

 

ポジションとフォームは別物

 

 

バイオレーサーで私がご提案させて頂くポジション、フォームはいくつかある答えの1つ。
もしくは基準値でございます。

 

 

 

IMG_20160513_213025

 

 

そしてポジションが変わり、フォームが変われば、使う筋肉もかわります。
そのフォームで漕ぎ続けると、さらに理想値に近いポジション、もしくは新しいポジションへと変化。
1度やったから終わり。
そういうものでもないのがフィッティングでもあります。

 

 

IMG_20160513_014831

 

 

より踏み下ろせ、回しやすいサドル高。

適切なサドル後退量。

そこからのステム長とハンドル高。

 

これまでよりも回しやすく、力が入るポジションをご提案。

 

 

 

 

そうそう、以前にもお伝えしましたがシューズ。

 

これは超重要ですよ。

シューズのサイズのあってる、あってない・・・他にも要素はあるのですが今回は伏せさせて頂きます。

シューズとの一体感によって明らかに変わるものがありますので

大阪ウェア館にてご相談くださいませ。

 

 

 

 

バイオレーサー5000を受けて頂いたお客様とサンデーライドで実際に一緒に走り、

お話もしておりますので是非サンデーライドにもご参加下さいませ~