【レースレポート】チームケンズカップトライアスロン長良川大会
by: 光井 大地

DSCF4990

 

しんどすぎてよくわからない顔になっている光井です。

 

 

 

 

 

毎年恒例のチームケンズカップトライアスロン長良川大会に出場してきました。

 

 

 

 

 

 

4回目の出場となる今回はメーカーさんや同僚に機材を借りたりといつもよりバイクに注力しました。

 

 

 

 

というのも私はバイクが一番苦手!!!(仕事なのに)

 

 

 

機材については別の記事で詳しくご説明します………

 

 

 

 

 

 

当日は水温21℃、気温も25℃前後と最高のコンディションに

 

 

 

20170924_084749

 

 

 

 

数日前の雨の影響もなく流れも穏やかでした。

 

 

 

 

 

20170924_084721

 

 

 

 

 

今回は160名の参加がありました。

 

 

 

 

10時32分にスイムスタート

 

 

 

 

DSCF4944

 

赤色の袖が私です

 

 

 

 

練習不足は機材で補う!!!!

 

 

 

HUUBの一番高級なウェットスーツのおかげで序盤はとても楽に泳ぐも500mあたりから苦しくなる。心拍数では余裕があるので苦しみを受け入れながら残りの250mをもがきます。大きなバトルなくスイムは終了。

 

 

 

 

 

DSCF4946

 

 

 

スイムラップ 14:22 31位

 

スイムは昨年より1分遅く……ウェットスーツのおかげで1分で済んだというのが正しいでしょうか

 

 

 

 

バイク

 

 

 

DSCF4953

 

 

 

トランジションエリアではフラフラでしたが比較的スムーズに移行できました。

東商会様の御厚意でサーベロのP3を、同僚の伏見君にTNIの80mmディープリムのホイールをお借りしました。

 

堺浜で何度か平地の練習を取り入れていたので違和感無く走れました。

 

 

 

 

 

バイクコースは片道2.5kmの直線を4往復します

川上に向かって少し向かい風なのでパワーと心拍を見ながらペース配分。向かい風36km前後、追い風38km前後を維持。

 

 

 

 

DSCF4978

 

バイクラップ 36:00 11位

昨年より1分20秒短縮バイクとホイールの効果は物凄い!!!

 

 

この時点で15位

 

 

 

ラン

 

 

DSCF4990

 

冒頭の写真と同じです。カメラに向かって何かしようとしてどうにもならなかった感じでしょうか。

 

 

 

 

 

ここまで来たら後は限界まで追い込むだけです。力むとフォームが崩れてしまいます。しんどさの割にスピードは上がらないのでリラックスすることを意識しながら攻めていきます。

抜きつ抜かれつを繰り返しながら終盤へ

 

 

 

 

 

 

 

終盤になってかなりしんどくなってきたぞ。よし!こういう時こそリラックスだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4999

 

 

 

めっちゃ力んでる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5008

 

 

 

 

手首も変な方向いてる

 

 

 

 

 

 

 

さっきの意識は忘却の彼方に飛んでいきました探さないでください・・・・・

写真からでもわかるくらい上半身に力が入っていますね。

 

 

リラックス?大切なのは根性です。

皆さんはちゃんと綺麗なフォームを意識してくださいね~

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5009

 

 

みんな疲労困憊

 

 

ランラップ 22:14 21位

 

 

 

 

トランジションの時間を含めた総合成績は

 

 

 

1:12:36    総合16位

 

 

 

 

昨年よりトータル1:30短縮できました。順位も23→16へ

 

 

 

 

久しぶりに内蔵が痛くなったので追い込めたと思います。順位もそこそこでした。来年はトップ10入りたいな~

 

 

 

 

 

機材については後日しっかりご紹介いたします。

 

 

 

 

 

ド平坦・気温も暑すぎない・大阪から車で3時間・距離もスプリントで短めと初めてのトライアスロンにはもってこいの大会です!!!

 

 

 

 

ワイズロード大阪本館には私を含め、ロードレースやトライアスロン、シクロクロス等自転車好きがそれぞれの得意分野で皆さんのサイクルライフをサポートいたします。

 

 

 

 

気になった方は是非一度ご相談下さいませ。

トライアスロン担当:光井