【お客様の一台】SUPERSIX EVO HI-MOD”キャリパーブレーキ”~前編~
by: 光井 大地

お客様より載せ替えの依頼を承りました。

 

 

 

「2016年ごろのプロチームカラーのSUPERSIX EVO HI-MODが欲しい」というご希望で軽量バイクがよかったのでディスクブレーキではなくキャリパーブレーキモデルをご所望でした。

現在キャノンデールのカタログのHI-MODはディスクブレーキモデルしかラインナップになく、しかもカラーリングも2016からは変わっていました。

しかし、カスタムラボでオーダーするとキャリパーブレーキモデルを手に入れることができます!しかもカラーリングもカスタムできるので完璧に再現とはいきませんが希望に沿ったデザインに仕上げることができます。

 

 

やってきました!!久しぶりのキャリパーブレーキのHI-MODです。

 

20180522_211752

 

 

ちなみにカスタムラボで作ったバイクのイメージがこちら

 

SUPERSIX

 

こちらでカスタムできますhttp://www.cannondalecustomlab.com/

 

 

 

20180522_211922

 

cannondale

SUPERSIX EVO HI-MODカスタムカラー

 

20180522_211941

 

ほぼイメージ通りの仕上がり。お客様も満足されておりました。

 

20180522_211929

 

 

 

ここで気になる重さを量ります。

 

 

20180522_211022 20180522_211044 20180522_211055

 

アウター受けや

 

20180522_211044

 

ディレイラーハンガー

 

20180522_211022

 

シートクランプなどフレームに付属の小物を入れた塗装込みで

 

 

 

 

 

 

 

 

20180522_211014

 

 

0.88kg!!!!(880~889g)

 

 

 

基本的にメーカー公表の重量は塗装無しフレーム単体ですのでこれは優秀な数値です!!!

 

 

20180522_211303

 

コラムカット前のクランク

 

 

 

20180522_211443

 

ヘッドパーツ類

 

フレーム&フォークセットで1280g前後(フレームは885gで計算)になりました。

これだけ軽かったら多少他のパーツを重たくして剛性重視にしても影響が少なそうです。

 

 

 

 

20180522_113838

 

ホイールはBORA ONE50クリンチャー

 

 

 

 

 

ここで究極の超軽量クランクが登場

 

 

 

20180522_170815

 

 

20180522_170829

 

cannondale ホログラムSISL2クランク

 

 

 

 

 

超軽量で高剛性なクランクとしてコアなサイクリストから絶大な支持を得ている逸品でございます。

 

 

参考までにR9100デュラエースのクランク重量ですがメーカー公表値で624g(52-36T)、BBはキャノンデールはBB30aかPF30a規格なのでベアリング&シムの組み合わせ。およそ100gとしておきましょう。

個体差がありますがクランクとBBで720g前後になるとおもいます。

 

 

 

 

 

SISL2クランクはどうでしょうか

 

20180522_170856

 

20180522_170907

 

20180522_170918

 

クランクセットで501g ベアリングと固定ボルトが126g

合計627gと驚きの軽さ!!

 

 

20180522_212626

 

cannondaleジャパンから発売されておりますチームカラーのFSAパーツ!!

 

 

20180522_212644

 

 

20180522_212640

 

 

20180522_212700

 

 

美しいカーボンのOS-99ステムとK-FORCEシートポスト

 

 

 

その他乗せ換え元のフレームからeTAPとビッグプーリーを移植します。

 

 

 

 

完成形は後編にて!!!