【2020年モデル入荷情報】全面刷新!エアロ+ディスク化でさらなる速さを手に入れたADDICT RC!
by: 小西真人

IMG_4465

 

 

 

 

 

 

スコットの「ADDICT」と言えば、超軽量クライミングバイクの代名詞。

 

 

今回のエアロ+ディスク化で「お前もか!」と思わなくもなかったのですが

レースシーンを考えた時、実は正常進化なのでは?と考えを改めました。

 

 

 

 

 

 

IMG_4407

 

 

 

 

〇SCOTT  ADDICT RC 30 ULTEGRA  ¥468,000-+TAX!!

 

 

この新型ADDICT RC。

 

先日の社員試乗会でも、実走派を中心にかなり評価が高かったモデルでして、

あの時無理してでも乗っておくべきだったか・・と今になってちょっと後悔。

 

 

 

 

 

 

IMG_4439

 

 

 

 

最新モデルらしく、フレーム形状はシンプルでスマート。

 

 

初代FOILのデビュー以来得意としてきた「F-01(要はカムテール)」形状の

エアロシェイプを全面的に採用しています。

 

ヘッドチューブとダウンチューブの間に意識的にエッジをつけているのにも

おそらくなんらかの空力的な狙いがあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_4437

 

 

 

 

フロントフォークと高さを合わせることで、前方からの空気の流れを妨げない

ようにオフセットされたリアバック。

 

ここにも敢えて入れたと思われるエッジが見て取れます。

 

 

ちなみにシートクランプは超シンプルなイモネジ式。

 

これでちゃんと固定できるなら、あれこれやって来たのはなんだったのか・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_4427

 

IMG_4422

 

 

 

 

以前からステム・カバー・スペーサーを組み合わせたハンドル周りトータルでの

空力性能にこだわってきたスコットでしたが、ついにここまで進化しました。

 

 

ステムはケーブル類を完全内装、パズルのように組み合わされたエアロカバーを

採用することで可能な限り凸凹を無くしてフラッシュサーフェス化。

 

 

ヘッドスペーサーもヘッドチューブを同じ太さまで拡大されています。

 

この部分を細くして前面投影面積を減らすより、ここに段差を作らないで空気の

流れをスムースにする方が空力的にプラスという結果が出たのでしょう。

 

これはマネするところが増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

IMG_4443

 

IMG_4412

 

 

 

 

搭載コンポーネントは油圧ブレーキ/機械式変速のアルテグラ。

 

電動コンポも使わずにここまでケーブル類を内装化してスッキリ見せることが

できるのは流石の一言。

 

 

アルテグラ組みながらバイク重量はギリギリ8kgを切る7.95kg(カタログ値)。

 

足回りの軽量化次第で、ディスクブレーキロードでの7kg台前半もいけるかも。

 

 

 

 

 

 

IMG_4415

 

 

 

 

標準装備タイヤはちょっと珍しいシュワルベ「ONE」の28C。

 

同じドイツのコンチネンタルと比べ、転がりの軽さとしなやかさに優れます。

派手さはありませんが、実はかなりの高性能タイヤだったり。

 

以前使っていた身としては、これから来るはずのワイドなレーシングタイヤの

流れを上手く捕まえて、もっと存在感を高めていってもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

IMG_4409

 

 

 

 

フレームサイズはS。

おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

歴代ADDICTの武器である登りの軽さと速さはそのままに、下りでも勝負できる

エアロ性能、ハンドリング性能、ブレーキ性能を手に入れた新型「ADDICT RC」。

 

 

登りもあれば下りもあるハードな山岳ステージを、誰よりも速く駆け抜けられる

そんなモデルへの進化とあっては、もう認めないわけにはいかないでしょう。