【コルナゴ通信】COLNAGO 二大旗艦モデルインプレ!
by: 髙木駿一

こんにちは。大阪本館の髙木です。

 

 

 

 

 

COLNAGO といえば、

 

 

 

 

 

 

 

464AB2B6-17AF-49FE-9BE8-1481840835E1

 

 

 

 

伝統と深化、そしてC35から進化を続けるCシリーズ。C64。

 

 

 

 

 

 

A65E8842-E7F3-4655-A61C-E761AD4D6637

 

 

 

 

現代に求められるエアロオールラウンダー、初代M10からの血脈、V3 RS。

 

 

 

 

 

今回はこの二大旗艦モデル、C64、V3 RS を試乗いたしましたので、インプレッション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は、堺浜。

 

 

 

 

1周6km弱の平坦なコースです。

 

 

 

 

海辺ですので、時折突風が吹き荒れますが…

 

 

 

 

土日だと多くのサイクリストで賑わい見せる場所ですね。

 

 

 

 

 

 

かし、ここは公道

 

 

 

 

 

 

必ず交通ルールを守って走りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

先ずは、V3 RS から。

 

 

 

70286D67-84A4-4E08-B0B7-A2DC7F50E43D

 

 

 

 

 

コンポはカンパの機械式コーラス。

 

 

 

 

ホイールはカンパのシャマルウルトラ。クリンチャーで出撃。

 

 

 

走り出しは当たり前のように軽い。

 

 

 

 

そこから、ケイデンス90辺りをキープしながらトルクをかけてじんわり踏み込んでゆく。

 

 

 

 

向かい風でリムハイトも低いから伸びないだろうなぁ。

 

 

 

 

20km/h…28km/h…30km/h…33km/h…37km/h…まだまだいけるぞ。。。!

 

 

 

 

あっさり40km/h台に到達。

 

 

 

 

ここからはさすがに伸びないだろうなぁ。

 

 

 

 

 

とりあえずトルク掛ける。ヒュゴォオオオ……!

 

 

 

 

45km/h…47km/h…48km/h… ん? 46km/h…42k/h…。

 

 

 

 

どうやらエンジンが先に根を上げてしまいました。

 

 

 

 

驚異的な加速性。

 

 

 

 

持てるパワーを全てスピードに変換してくれる、

 

 

 

 

フレームがまだいける、まだいける、と教えてくれているような感覚。

 

 

 

 

BB周りの剛性感は十分な仕上がり。

 

 

 

 

リア三角の剛性感も気持ち良く、突き上げる感覚はないですね。

 

 

 

呼吸を整えて、しっかり減速。いざコーナーへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドリングはかなり鋭い。

 

 

 

 

コーナーを抜けてからの立ち上がりも爆発的に立ち上がります。

 

 

 

 

クリテリウムでコーナーの立ち上がり、このフレームは化けそうですね。

 

 

 

 

ヘッドとフォークブレードの剛性がかなりあるように感じました。

 

 

 

 

 

私の体重が軽いのもあるかとは思いますが、ここは好みや慣れ、テクニックが必要なのでしょうか?

 

 

 

 

ダンシング時もフォーク、ヘッドかなり剛性感じます。

 

 

 

 

ディスクブレーキ仕様なので、そのあたりも関係してくるのかな?といった印象。

 

 

 

 

まさに、プロが操るレーシングフレーム。

 

 

 

 

決してストレスになる、といった乗り味ではないですね。

 

 

 

 

ガンガン前へ進む

 

 

 

レースで使用したいと本気で思えます。

 

 

 

 

 

爆発的加速感が堪らない、素晴らしいバイクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして、場所は同じく堺浜。C64で出撃。

 

 

 

 

4D196092-C443-491A-9C65-240B4F475D1D

 

 

 

 

 

 

 

こちらはシマノ電動デュラに、デュラC35チューブラーの組み合わせ。

 

 

 

贅沢だ…。

 

 

 

 

 

 

 

13214AB1-B2FA-4FB9-885D-3AEA87A908C1

 

 

 

なんといっても、コルナゴの象徴的デザイン。ラグドフレーム。

 

 

 

 

クロモリフレームでは一般的だったラグフレームですが、カーボン全盛の今ではめっきり少なくなってしまいましたね。

 

 

 

 

基本的にラグというものは、自転車を構成するフレームの各チューブ同士を

繋ぐ、いわゆる継ぎ手です。

 

 

 

 

 

 

 

CFAD0BFB-BA5D-4614-99C2-3717C9312F26

 

 

 

 

 

 

 

 

継ぎ手があることで、力がかかる部分を強化できるという有効な手段なのです。

 

 

 

 

コルナゴでは、伝統的なラグフレームのレーシングバイクを作り続けているのです。

 

 

 

 

1989年のC35からいかに進化を遂げたのか早速インプレはじめましょう!

 

 

 

 

乗った瞬間、高揚感MAX。コルナゴあるあるですね。

 

 

 

スムーズな走り出し。ヒュルーンって感じ。

 

 

 

トルクかけてじわじわ加速してみる。

 

 

 

 

ヒュルーンとイメージした速度帯まで伸びてゆく。

 

 

 

 

気持ちいい。

 

 

 

 

BB付近の剛性感もかなりバランスがいい。妙に硬いとかでもない感じ。

 

 

 

 

カッチリしているが、ガチガチしていない。

 

 

 

 

振動も吸収するが、吸収しすぎでもない。おぉ。

 

 

 

 

ダンシングでもがいてみる。しっかり車体がついてくる。

 

 

 

 

疲れたので、ゆっくり流してみる。ストレスフリー。

 

 

 

何か優しさを感じるような。

 

 

 

 

体力を温存してくれる感じですかね。

 

 

 

 

V3 RS とおなじく、コーナーに進入。気持ちよいハンドリング。

 

 

 

 

立ち上がりも違和感がない。

 

 

 

ヘッドやフォークの剛性感も私的にはとても丁度いい。

 

 

 

 

ダンシング時も違和感無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

何もかもが高次元上手くまとめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピュアロードレーサーといった感じだ。

 

 

 

 

C64は純粋で素直。

 

 

 

どのライダーが跨ってもしっかり走る。

 

 

 

 

時代に左右されないロードレーサーらしいロードレーサー。

 

 

 

 

エルネスト・コルナゴ氏の情熱を誰しもが感じる事が出来るでしょう。

 

 

 

 

自転車は速くて、カッコよくて、楽しい。

 

 

 

 

ロードレーサーとしての本質的なものを感じさせてくれる試乗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

A2DDA479-CA4D-4C4F-B30C-C96BB2E3B1C5

 

 

 

 

 

 

 

1D51BFFE-A35E-4A14-853B-A8448F90D01F

 

 

 

 

 

 

ふと、一息。眺めても美しい。誰しもが振り返る。

 

 

 

 

コルナゴがスーパースポーツの世界へ誘ってくれるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3B9DAC16-B559-4E14-A450-F494F75F2EE7

 

 

 

 

大阪本館へのご来店、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

大阪本館の髙木でした。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

大阪本館の公式インスタグラム

 

更新してます!

 

 772FBC48-F723-4D66-AF35-7A0ECEAD61DE

 

 

 

 

 

 QRコードをクリック、もししくはQRコード読み取りでアクセス出来ます!

 



 

 

 

 

 

 

 DISCブレーキってどうなの??

 

気になる方はクリック!!

 

bnr_disc_gekkan

 


 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

アルバイト募集バナー

スクリーンショット 2018-12-29 16.25.09

スクリーンショット 2018-12-29 16.24.40