【アウトレット】世界チャンピオンの走りを支えた、スーパーエアロロード!!
by: 小西真人

IMG_0466

 

 

 

 

 

 

アルカンシェルを脱いだ途端、ヘント~ウェヴェルヘムで初勝利!!

 

元世界王者の実力をフランドルクラシックでも見せつけたマッズ・ピーダスン。

 

 

同じ日、泥のレースとなったパリ~トゥールの勝者となったのがサンウェブの

カスパー・ピーダスン。

 

 

2人の「ピーダスン」が同じ日にクラシックレースで勝利を飾るとは。

 

見ていて「あれ?サンウェブ?」とちょっと混乱しましたが・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_0458

 

 

 

 

〇TREK  2020  MADONE SLR7 (元メーカー試乗車)

 

¥939,000-+TAX  →  ¥ASK!!!

 

 

 

SLRグレードは「トレック・セガフレード」の選手の愛車そのもの。

ピーダスンがヘントで勝った時も、もちろんマドンSLR。

 

速さと硬さは文句なし!後は乗り手次第!のピュアレーシングバイクです。

 

 

 

 

 

 

IMG_0493

 

 

 

 

ゴリゴリのエアロロードにもかかわらず、ハードな石畳のクラシックレースを

走り切れる秘密がこの「ISO SPEED」。

 

カーボンのしなりがほとんど期待できない大ボリュームなフレーム形状だから

こそ、この手の快適性を高めるためのギミックが効いてきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0470

 

 

 

 

搭載コンポはアルテグラDi2(電動変速)+油圧ディスクブレーキ。

ライド中のあらゆる操作が、スムースで正確でさらに快適。

 

本格的なレースシーンも視野に入れた、隙のないアッセンブルです。

 

 

 

 

 

 

IMG_0474

 

 

 

 

ホイールは廉価版の「PRO5」。50mmハイトのフルカーボンリムで、空力も

上位モデルのXXX譲りというなかなかの実力者。

 

 

レース機材と考えると、重さと剛性面で物足りなさを感じるかもしれませんが

マドンフレームエアロ性能とのバランスは極めて良好。

 

この組み合わせだからこそ体感できる高速巡行の世界をお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

IMG_0486

 

 

 

 

武闘派そのものと言ったバイクのキャラクターに、こんなに美しいカラーを

合わせてくるというのがまた・・・さすがは「プロジェクトワン」。

 

オレンジ~ピンク~パープルへと変化するメタリックなカメレオンカラーが

有機的とも思えるフレーム形状に美しい陰影を描き出します。

 

 

 

 

 

 

IMG_0465

 

 

 

 

フレームサイズは52。

おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

コンディションは良好ですがそこは元試乗車。

ある程度の傷や汚れに関してはご容赦いただければと思います。

 

 

 

ワールドツアーレベルの空力性能を誇るエアロフレームにスペシャルカラー。

大阪本館の店内でも屈指のインパクトを放つ「MADONE SLR7」

 

 

在庫はこれ1台限り、チェックはお早めに!!