【もしもBROMPTONで走るなら】 S6Lをご紹介
by: 稲垣 雄樹

当店推しの折り畳み自転車です♪

BROMPTON(ブロンプトン)

 

DSC_0699

 

実用性の高い街乗り自転車みたいなイメージもありますが、

実はスポーツ走行もできる軽快な自転車です💡

 

 

スポーツサイクリングもできるBROMPTON

 

2021年型 BROMPTON(ブロンプトン)

S6L

 

DSC_0698

 

DSC_0703

 

定価225,500円税込

 

ハウスレッドの車体を展示中!

 

ブロンプトンのラインナップの中ではかなりスポーツ志向な車体です。

こちらのS6L。

 

おさらいしますと、

 

「スポーツタイプのハンドルを搭載で」

「混合6段変速を採用」

「キャリアは搭載していない」

 

そんな車体でございます💡

 

先日のブログでご紹介したS2Lと同系統の車体で、

実用性が少々劣る代わりに走りの良さを求めたモデルとなります。

 

坂道にも対応できるという点で汎用性が高いので、

ブロンプトンを使ってツーリングを楽しみたいという用途であれば

こちらがオススメとなります♪

 

汎用性が高い混合変速機

 

ブロンプトンのお家芸です💡

 

外装式2段変速と内装式3段変速を混合した機構が、

S2Lにはない汎用性をこの車体にもたらします♪

 

DSC_0701

 

DSC_0702

 

DSC_0705

 

6段変速のキャパシティはそれなりで、軽い坂道なら苦にしません。

長距離を走るなら大きな助けになります。

 

 

色んな地形に対応できるという点で、

ツーリングもできるブロンプトンと言えます。

 

 

伝統色ハウスレッドに感じる英国情緒

 

ブロンプトンの定番色のひとつ、ハウスレッド。

マット系のキツくない赤色です。

 

ブロンプトンの故郷イギリスでは工業製品によく使われる色で、

実際に住宅の塗り壁なんかにも使われることがあるそうです。

 

DSC_0699

 

ちなみに、ルーツを辿ると王侯貴族の身分の高さを示した色なんだそうです(●´ω`●)

 

そういえばバッキンガム宮殿の衛兵さんの制服もあの色…

モノに歴史アリというヤツでしょうか💡

 

DSC_0697

 

ハウスレッドを眺めながらロンドンの街中に想いを馳せて…

というのはあまりにもマニアックな楽しみ方ですが…(*´▽`*)

イギリス文化の片隅をブロンプトンで知るのもオツなものです。

 

 

DSC_0704

 

 

以上、S6Lのご紹介でした!

軽快に走ってくれる自転車です。

ブロンプトンで走りを楽しみたいならこちらをどうぞ♪