旧ブログサイトはこちら

【スタッフ日記】ドロッパーポストあれこれ。【MTB】
by: 田部隆士

自分の車体(15 TREK FUEL9.8)に付いているものを掘り下げてみる

「あれこれシリーズ」。

 

今回はミドルグレードの完成車に最初から装着されていることで一気に認知度があがった「ドロッパーポスト」です。

ロードバイクと違い、オフロードを一気に登ったあとに曲がりつつ下る。。

なんてことが当たり前なMTB。

MTB初心者の自分に恩恵はあるのか?どうやって使うのか?どの場面で?

 

まず、主な使いかたですが、登りや比較的平坦な道では上げておいてサドルに座る。

下りではサドルを下げ、車体の重心の上に身体が来るように腰を浮かす。

すごく簡単な感じですが、走りながら自然にこれをやるのは自分にはかなり難しく

登り始めてるのにサドルを下げたままだったり、サドルが高いまま激坂を下ってて怖い思いをしたり。。

しかし、ちゃんと使い方を覚えてコースに合わせて自然に操作出来れば恩恵は絶大です。

 

さて、ドロッパーポストが無い時代はどうしていたのか?

 

クロスカントリーやオールマウンテンのように、里山を走り回る車体はサドルは高めに(それでもロードバイクほど高くはありません、)ダウンヒルのように、ゴンドラで車体を山の上まで上げて後はひたすら下る車体は、サドルに腰を下ろすことはまずない為かなり低い位置で固定しています。

なので走る途中でクイックレバーゆるめサドルの高さを変えていました。

そのためダウンヒルバイクで登ったり(車重も重い)、クロカンバイクで下ったり(サスのトラベル量が足りない)はしなかったわけです。

 

自分もダウンヒルバイクと、MTBは似て非なるものと認識してました。。

それが「手元で」「乗りながら」出来る!と、とても画期的なわけですが、

いかんせん値段がそこそこするため

すぐに浸透するまでには至らなかったわけです。

 

 しかし、近年車体の性能が上がりクロカン系の車体は下れるように、ダウンヒル系の車体は(ある程度)登れるようになってきてます。ある程度乗り手の技術も必要ですが、特にそこまで大きく区別するものは徐々に無くなってきていると思います。

 

新宿本館でもドロッパーポストは在庫してます!

 

 img_45611

 

 

 

 

商品横のPOPの詳細です。

NUKEPROOF

OKLO AIR POST

EXTERNAL ¥22,000+TAX

INTERNAL ¥25,000+TAX

ストロークが125mm、直径が30.9mm。国内販売では群を抜いてお買い得なドロッパーポスト。

ケーブルルートは内通し「INTERNAL」と外通し「EXTERNAL」の2種類。分解メンテナンスは出来ませんが、2年間のオイル漏れ補償が付きます。Φ31.6mmのフレームにはUSE社のシムを利用することで使用可能です。

ドロッパーポストを試してみたい方にオススメです。

 

img_45621

 

 

FOX RACING SHOX

TRANSFER F-S(FACTORY MODEL) ¥36,000+TAX(コントロールレバーは別売り)

ストロークが100、125、150mm、直径が30.9、31.6mm。

ケーブルをフレーム内に通す「INTERNAL」、ケーブルがシートポストの下側に付くので稼働時にたるまない外通しの「EXTERNAL」の2種類。カシマコート(株式会社ミヤキが研究開発した、硬質アルマイトに潤滑機能をもたせ、耐摩耗性の向上を目的とした潤滑アルマイトです。)採用の「FACTORY MODEL」

ブラックアルマイト仕様の廉価版「PERFORMANCE MODEL」¥30,000+TAXの2種類があります。

用途や車体に合わせて選べます。

 

img_45631

 

 

 DA BOMB

RPG REMOTE ¥34,000+TAX

ストロークが100mm、直径が30.9、31.6mmの2種類。

ケーブルルートは外通しなので、大抵の車体に取り付けが可能です。

細かい調整などが不要なメンテナンスフリータイプで、ドロッパーポストを試してみたい方にオススメです。

稼働量も短めなので、小柄な方にも使いやすいモデル。当店MTB担当松永も愛用中です。

 

 

これまでのスタッフ日記はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【MTB】MTB始めました。【スタッフ日記】

【MTB】王滝に参加します!【スタッフ日記】

【MTB】ロックアウトのあれこれ【スタッフ日記】

 *10/2内容修正しました。

【MTB】タイヤのあれこれ【スタッフ日記】

【MTB】遂にオフロードデビュー!【スタッフ日記】

【MTB】転がる石のように【スタッフ日記】

 

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

 

TEAM・Y

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!