facebook 旧ブログサイトはこちら

【STAFF BIKE】じわじわと組んでおります。【MONDRAKER】
by: 松永 剛

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_07

 


昨年末からフレームや部品の手配を初めて、ようやく今月の上旬に部品が揃ってきた、新宿本館MTB & テック担当の私、mattsのNEW BIKE!!ですが、じわじわと組んでおります。

 

部品点数の多さや、構造の複雑さ、下処理なども含めると、一気に組上げたとしても1日は余裕でかかる作業を、昼休みの半分だったり、終業後に進めている物ですからいつまでたっても組みあがりません。

 

以前、ホイールが入荷したよ!とレポートしてからかなり期間が開いてしまいましたが、現状報告です。

 

 

と、その前に。メインとなるフレームをご紹介しておりませんでしたので、今更感すごいですがご紹介します。

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_01

 

 

MONDRAKER 2017 FOXY CARBON R
フレームキット
Size : L

 (参考価格:¥430,000)

 

 

だいぶ前に気になるブランドとして紹介した『MONDRAKER』ですが、やはり気になったら乗ってみないと!ということで購入を検討し始めた昨年秋、運命的に2017年のフレームが代理店のmom & popsさんに残っていたのです。しかもLサイズ。これはもう買うっきゃない。ということで、おなじママパパさん扱いのFOX RACING SHOXのフロントサスとドロッパーポストも一緒にオーダーしました。

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_08

 

フォークはトレイルバイクに最適な34 FLOATのFactoryモデル。
ストロークは150mm、BOOST規格対応。

 

 

mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_09

 

 

ドロッパーポストTransferも同じくFactoryのカシマコート仕様。
フロントサス、リヤショック、ドロッパーポストのFOX3兄弟はみなカシマコートのゴールド。

見栄を張って150mmストロークを選んでみましたが、足が届くのでしょうか?w

 

 

 

MODRAKERのフレームは独特なシルエットも魅力です。

  

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_02

 

 カーボンによる滑らかな曲線を描く造形。
短めのヘッドチューブでしっかりとした剛性を確保する為のデザインが
MONDRAKERのバイクを印象付けていますね。

ケーブル内蔵用の小物も埋め込まれています。
(上側の穴はフロントディレイラーのケーブル用)

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_03

 

 

BB直上に斜めに配置されたリヤショック。
フルフローティングマウントされ、路面の凹凸に敏感に反応します。

ZERO SUSPENTION SYSTEMと名付けられたそれは
パワーロス、キックバック、ブレーキジャック、バンプをゼロにしたサスペンションです。
ペダリングやブレーキングの影響を受けずに、効率よくスムーズに動く設計です。

実際にはまだ走行していないので、どれほどの物なのか、とても楽しみです。

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_04

 

リヤショックを真後ろから見るとこんな感じです。
下側のリンク、スイングアームの付け根、チェーンステーとシートステーを繋ぐ部分など
完全左右非対称設計。
リヤショックに泥が掛からないようにオリジナルのマッドガードも付属しています。
マウント部分はフロントディレイラーの台座の固定も兼ねています。

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_05

 

 

実は、FOXY CARBONは2018年からはリヤハブサイズがBOOST化(148mm)されました。
2017年以前は従来の142mm。ということで、このフレームは142mmです。
購入の際に悩んだポイントではありますが、ハブの影響どうこうの以前に、モンドレイカーの
バイクに乗ってみたいという気持ちと、このマット&グロスブラックのカラーリングのカッコ良さが
勝っていたので、購入しました。

使用するINDUSTRY NINEのホイールはハブのサイズも選べるので、フロントは15 x 110mmのBOOST、
リヤは12 x 142mmの従来サイズのスルーアクスル仕様になっています。

 

 

 mondraker_17_foxy-cbn-r_171222_06

 

 

MONDRAKERの独特のシルエットは、長いフロントセンターと寝たヘッドアングル。

FORWARD GEOMETRYと名付けられたその独特のジオメトリは超ショートの30mmリーチの
ステムを使用する事で、高速走行時や下りでの安定感と、ダイレクトで癖のないハンドリングの両方を
絶妙なバランスで実現しています。

実は、以前某所でホントに一瞬に近い時間、MONDORAKERのバイクを試乗させてもらった事があるのですが
その時にこの両立の難しいリクエストをしっかりと成立させているのを体感出来て以来、
ずっと気になっていたのです。

見た目からもなんだか下り寄りな印象の強いMONDORAKEですが(DHのワールドカップや世界選手権での
活躍が目立つせいもあるかと思いますが)、このジオメトリは登りでも最適な重心バランスで
リヤタイヤのトラクションをしっかり稼げるとの事。登りも下りもイケちゃう万能ジオメトリのようです。

登りは体力的に苦手ではありますが、そんな謳い文句なら少し頑張って登ってみようかと思いますw

 

 

という感じで、組んでますよ報告だったのですが、組んでいる写真がありませんね・・・

 

そこは次回のお楽しみで。(まだ引っ張るんかい!)

 

 

実際には店頭でご覧いただけると分かるのですが、かなり組みあがっています。あと1時間も作業すれば完成。
ブログはだいぶ時差があります点、ご了承くださいw

 

次回はかなり細かいポイントなどのご紹介になるかもしれません。お楽しみに!

 

(matts@18冬はゆるキャン△とよりもいが最高でしたね)

 


 

『ワイズロード新宿本館』ホームページは
毎日各ジャンル担当スタッフが最新情報を更新中! !

SPHP_banner400.jpg

 

 

期間限定【学割】やってます!

学生応援キャンペーン

 

 

店舗営業情報などはこちらをご覧ください!

oshirase_banner

 

 

Facebookでも情報発信中!いいね!&フォローをお願いいたします!

ysshinjyukuhonkan_fb_banner400

 

 

マウンテンバイクのご購入・カスタムのご相談も
専門スタッフがいるワイズロード新宿本館にお任せください!!