スキマ時間にフィットネス!あなたもKAATSしませんか!?
by: 宮﨑 裕次

kaats_logo

先日スタッフ清水と共に、KAATSのKSアドバイザーセミナーへ参加してまいりました。

※KSアドバイザーとは、加圧トレーニング発明者、株式会社サトウスポーツプラザ佐藤義昭、及び
株式会社ゼノアにより認定された、加圧スポーツウェアを販売するための正規のアドバイザーのことです。

この講習で、常時KAATSウェアがご購入頂けるようになりましたので、

KAATSが気になったら今すぐ上野ウェア館へGO!です!

kaats_manu

 

 Vネックフィットシャツ+加圧ベルト ¥18,000+TAX

フィットハーフタイツ+加圧ベルト ¥19,000+TAX


 

加圧トレーニングKAATSとは?

加圧トレーニングとは軽い負荷の運動で大きな成長ホルモン効果を得られる、世界初のトレーニング方法です。専用の加圧ベルトで腕・太腿に適切な圧力をかけることで、血流を適度に制限しながら、短時間(1日10分程度)、軽い負荷のトレーニングを行います。これにより、血行を促進し、成長ホルモンの分泌を促し、健康な体をつくることができます。加圧トレーニングの理論は、(株)サトウスポーツプラザの佐藤義昭氏が発明し、日米英仏など世界6カ国で特許(日本/特許第2670421号)を取得しています。(KAATS公式HPより)

 

  

以下個人的な感想となります。

KAATS自体は脚の方を自前で購入していて、時短でトレーニング!や、いきなりクライマックス!といった感じで使用しておりました。

実際に使用してみて効果があることは重々承知していたのですが、正直うさんくさいなと思っていました。

 

 

全体の流れとしては

 

①血流をコントロールした状態で運動をする。

②乳酸濃度が高まる。

③その状態でさらに運動する。

④成長ホルモンが分泌される。

⑤筋肉細胞の破壊なしで筋肉細胞が成長する。

 

ということらしいのですが、特に⑤があやしい。

自重のみで運動するので、筋肉の破壊が起こるほど負荷がかからないのですが、

それでも筋肉が成長してしまうとのこと。

 

完成車買ったらアップチャージなしで電動コンポに乗せ変わる。

みたいな、そんな都合のいいことがあるわけないと思うのですが、

実際にKAATSをやってみると、翌日既に筋肉の盛り上がり方が違うんですね。

 

そんな都合のいい話に落とし穴がないのだろうか?と思い講習時に話を聞いてみると、

自分の体から成長ホルモンが出ているだけなので問題ないとのこと。

通常は成長ホルモンが出るくらいのトレーニングというと、ハードなトレーニングが必要なのですが、

KAATSだと(筋力にもよりますが)自重で運動するくらいでOKです。

 

電動コンポを買うのに夏休み一杯バイトしないといけなかったのが、3日くらい軽く働いたら買えちゃうみたいな、それどんなアブナイ仕事?みたいな気がするんですが、大丈夫らしいです。

 

トレーニングの時間も腕10分脚20分で十分効果が出ますので、忙しくて運動できない!とか、筋力アップしたいけどつらいのは嫌だ!という方でも取り組めますので、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

個人的には筋肉痛にならずに、すぐに成果が目に見えるので最近ハマっています。