【定休日のTech便り】 ディスクブレーキパッド減っていませんか?
by: 小林

【定休日のTech便り】

 

** ワイズロード川崎店は毎週火曜日を **
** 店舗定休日とさせていただいております。**
(火曜日が祝日の場合は営業) 

  

ワイズロード川崎店Techコーナーです。
本日のTech便りは「ディスクブレーキのパッド交換について」です。 

  

パッドが減ってきたら交換しましょう!

IMG_3221

上の写真は減ったブレーキパッドの一例です。

ディスクブレーキはパッドで金属のローターを挟み込んで制動するため、ブレーキを掛ければパッドもローターもお互いに少しづつ削れていきます。

パッドが薄っぺらになってしまう前に、安全のため定期的に交換してあげましょう。

 

 

削れたパッドの汚れでも制動力は落ちてしまいます。

IMG_3223

削れたパッドは粉末状になって周りに飛び、ブレーキ本体付近に付着します。
これがパッドとローターの間に吸い込まれれば制動力は落ちますし、雨などで濡れれば泥状となってそれも悪さを及ぼします。

 

 

元はこんなにキレイ。

IMG_3233

当たり前ですが元々は汚れておらずこんなにキレイ。
やはり定期的に愛車を掃除をして、ここまでではなくとも汚れは拭い去っておくのが良いでしょう。

 

 

新しいパッドに交換するタイミングは?

IMG_3235

上が新品の減っていないパッド、下が要交換の減ったパッドです。
パッドの厚みが残り0.5mmになっていたら即交換しましょう。 

 

 

こうなる前に交換がベストです!

IMG_3222

新旧のパッドを横から見てみましょう。

左の新しいパッドに比べてやはり右のパッドはペラペラになっています。
0.5mmより薄くなってしまっており、もう少しで座金でローターを挟んでブレーキを掛けるところでした。

座金でブレーキを掛けると金属で金属を挟んでしまうためものすごい音とともにローターが異常に削れていってしまいます。
そうなればローターも交換しなければならなくなるため、やはりパッドは早めに交換をしましょう。

ちなみに通常の使用でもローターは少~しづつ削れて行きます。
ローターの厚みが1.5mm以下になったら、その時は新しいものに交換が必要です。

 

ディスクブレーキのパッドは普段からブレーキキャリパーの奥にあり目に入らない所でもありますので、乗る頻度にもよりますが数か月おき半年おきなど期間を決めて、定期的にメンテナンスをするように心がけておきましょう。

 

kawasaki_map_3

 

営業時間

22年6月15日より変更となります。
土 12:00-19:00
日 12:00-19:00
月 12:00-20:00
火      定休日
15:00-20:00
木 12:00-20:00
金 12:00-20:00

 

ウェア館ブログ 

bnr_kawasaki_trek484

AU損保バナー

3のコピー club fb-f-logo__blue_72

インスタ

www.rentio.jpproductsh3

190307

 bnr_kawasaki_yoyaku

044-221-1531 ご予約の電話はこちらへ 

92755786_3681511058556646_374884163142025216_n