【定休日のTech便り】 サドル・グリップ交換をして乗り心地アップ
by: 小林

【定休日のTech便り】

 

** ワイズロード川崎店は毎週火曜日を **
** 店舗定休日とさせていただいております。**
(火曜日が祝日の場合は営業) 

 

 

本日のTech便りは、サドル・グリップ交換。
春に新しくクロスバイクに乗り始めた方向けに、より快適に乗るためのサドル・グリップ交換についてお話し致します。

 完成車に元々付いているサドルやグリップが体に合っていない場合、乗っていてお尻や手が痛くなってくる事があります。
その場合は自身に合いそうなサドルやグリップを買って交換してみると痛みが改善されるかもしれません。

実際何を買うかは人によってそれぞれなので、今回は一般的な例でお話しを進めます。

 

やわらかサドル&コンフォートグリップ

 IMG_3712

・VENO フォローサドル BLK ¥4.840-(税込)
見た目がそれほど野暮ったくならない柔らかサドルです。

・ERGON GA3 BLK ¥4.730-(税込)
掌の面で支える定番コンフォート系グリップです。

 

元のサドル

 IMG_3715

こちらの完成車に元々付いているサドルは、ペダリング重視で前傾姿勢強め向けの薄くて固いサドルが付いています。 
サドル自体の厚みを変える場合はサドル高が変わってしまいますので、交換する前に現在のサドル高を「サドル上面からクランク中心」で何mmあるかメジャーで測っておきましょう。

 

ヤグラのボルトを緩めてサドルを外す

 IMG_3718

写真の車体に付いているヤグラは2本ボルトタイプのため、前後とも緩めてサドルを外します。
ヤグラによってはボルト1本のタイプもあります。 

 

新しいサドルをヤグラにセットする

 IMG_3719

 サドルの角度やサドル高は後で調整すれば良いのでこの段階では取りあえず仮止めすればオッケーです。

 

ヤグラのボルトを締めてサドルを固定する

 IMG_3721

 この時サドル前後位置や角度を調整してからボルトを本締めします。

 

サドル高を確認する

 IMG_3720

 サドル高を確認し、元の状態と同じ高さになっていれば交換完了です。

 

元のグリップ

IMG_3714 この車体に付いている元のグリップはゴム厚が薄目のためクッションは性が低めなので、乗っていて手が痛くなる方がいらっしゃるかもしれません。

 

元のグリップを外して新しいものと交換する

 IMG_3716

新しいグリップの方が元の物より長くなる場合は、この時にシフターとブレーキレバーを増えた長さの分ハンドル中心側へずらしてあげる必要があります。 

 

グリップの角度を決めて固定をする

 IMG_3717

 このグリップはロックオンタイプなので、角度を調整した上で工具を使って固定してあげれば交換完了です。

 

サドル・グリップは交換するのもそれほど難しくはありませんので、実際にご自身で交換するのに挑戦してみてもよいかもしれません。

自分で自分の愛車をいじってみると、より一層愛着もわき楽しいものですよ。

kawasaki_map_3

 

営業時間

22年6月15日より変更となります。
土 12:00-19:00
日 12:00-19:00
月 12:00-20:00
火      定休日
15:00-20:00
木 12:00-20:00
金 12:00-20:00

 

ウェア館ブログ 

bnr_kawasaki_trek484

AU損保バナー

3のコピー club fb-f-logo__blue_72

インスタ

www.rentio.jpproductsh3

190307

 bnr_kawasaki_yoyaku

044-221-1531 ご予約の電話はこちらへ 

92755786_3681511058556646_374884163142025216_n