【定休日のTech便り】 はじめてのタイヤ・チューブ交換はまずここをチェック!
by: 小林

【定休日のTech便り】

 

** ワイズロード川崎店は毎週火曜日を **
** 店舗定休日とさせていただいております。**
(火曜日が祝日の場合は営業)   

 

今回はパンクでのチューブ交換やタイヤ摩耗による交換時に、まず最初に確認するべき「タイヤサイズ」のお話しです。

 

パンクしたのでチューブを交換したいけど、自分の自転車に使えるチューブが判らない。」

実はそういったご相談は結構多いんです。
なぜならば最初はみんな、自分の乗っている自転車のタイヤ・チューブのサイズを知らないからです。

 

ではなぜ知らないのか。

 

それは、自分の乗っている自転車のタイヤ・チューブのサイズを知らなくても乗ること自体に何ら支障は無いから。
でもそれでいいんです!何も悪くはありません。最初は誰もみな乗る事が楽しくて仕方ないんです。
それでもある時初めてパンクを経験して「チューブ交換しよう」となり、自分の乗っている自転車のタイヤ・チューブのサイズを知らなかった事に気付かれるのです。

 

今回はそんな方に向けた自分の愛車のタイヤ・チューブサイズを知るDIY(Do It Yourself)のためのお話しです。

パンク修理の為にチューブを交換するには、まず自分の自転車に使えるチューブを知る所から始めます。

そもそもチューブとは、タイヤの中に入っていて、空気を入れる事によってタイヤを膨らませる物です。
つまり、自分の自転車のチューブのサイズとは、=(イコール)履いているタイヤのサイズです。
外側のタイヤ自体の大きさが変われば、自ずとチューブのサイズも変わってきます。

下の写真をご覧ください。
タイヤが4本写っていますが、実は全てサイズが違います。
今回はこの4本のタイヤを例にとって話しをすすめます。 

IMG_0055

上から順番に、ロード、クロスバイク用の「700×28C」のタイヤ。
マウンテンバイク用の「26×2.1」のタイヤ。
下段、小径車の「20×1-1/8」のタイヤ。
そして同じく小径車の「20×1.5」のタイヤです。

実はこの4つはサイズの規格が違いその表記も異なる4種類です。
順を追ってひとつづつ、対応するチューブも合わせて紹介していきます。

まず最初に、上から2番目の、FS100というタイヤから。
これを最初に選んだのは一番わかりやすいからです。

ちなみにこれは「インチ×インチ表記」です。
タイヤのおおよその外径と幅をインチで表しています。
タイヤに 「26×2.10」という表記がありますね。
このタイヤの場合選ぶチューブは写真のような表記のもの。

IMG_0057

青い箱の中央「26×1.80″」の表記の下に小さく「INCH 26×1.80-2.35」 と書いてあります。

つまりこのチューブは「タイヤの外径26インチ用で、タイヤの幅1.80~2.35インチまで使える。」という事です。
よって、先ほどの26×2.10のタイヤにこのチューブは使えます。

ここまではよろしいでしょうか。

 

では次に一番上のCONTINENTAL
このタイヤの場合右の方に小さく「700×28C」と書いてありますね。
これがサイズ表記でこれは「ミリ×ミリ表記」です。
タイヤのおおよその外径と幅をミリで表しています。

使えるチューブは写真の「700×25~32C」のもの。
タイヤ外径が700C用。
そしてタイヤの幅「28C」が25~32Cの間に含まれているので問題なく使えます。

IMG_0056

ちなみにこのタイヤには別の書き方でもサイズの表記がされています。
「28×1-5/8×1-1/8」という「インチ×分数表記」はタイヤのおおよその外径と幅を分数で表しています。

そして「28-622」という「ETRTO」(エトルト)表記はこれのみ他とは違いタイヤの太さとタイヤが嵌るリムのビード座直径をミリで表しています。

言い換えると「ETRTO」はタイヤの太さとタイヤの内径をミリで表しています。
これだけがタイヤ内径を表しているのがミソです。

「ミリ×ミリ表記」「インチ×分数」「ETRTO」3つとも全てこのタイヤのサイズ表記です。
ただ単純に呼び方が違うだけです。

このタイヤは丁寧にも3種類の表記を
タイヤサイドに書いてくれているのです。

 各タイヤの右サイドにタイヤサイズの表記があるのは、タイヤメーカーは違えどほぼ共通なのですが、どの表記で書かれているかは物によって異なります。

 正直なところ少しややこしくて困ると思います。
そこで、タイヤ・チューブの交換でサイズを確認するときは「ETRTO」を確認することをお勧めいたします。

 最後に、はじめの写真下段の2種類の20インチタイヤを例に挙げて説明いたします。

IMG_0059

写真上のTIOGAは「20×1-1/8」サイズのインチ×分数表記。
下のSCWALBEは表記が見えませんが「20×1.50」サイズのインチ×インチ表記です。
同じ20インチでも使えるチューブは全く違うものになります。

 なぜか!?

 ここでタイヤサイドを確認して「ETRTO」表記を探しましょう。
上のタイヤはETRTO表記が「28-451」
使えるチューブは同じく「28-451」と書いてあるもの。
28ミリ幅でタイヤ内径451ミリ用のチューブです。

IMG_0061

下のタイヤはETRTO表記が「40-406」
使えるチューブに書いてあるのは「35/47-406」35~47ミリ幅でタイヤ内径406ミリ用のチューブです。
そうさっきのチューブより径が小さいんです!

同じ20インチタイヤなのに!

このように同じ径でサイズが2種類あるのは普通20インチ以外には無いありませんが、タイヤのサイズを見るときに一番大切なのはETRTOを見ることです。 

ETRTOが一番共通性の高いタイヤサイズ表記であり、タイヤの規格に関わらず最も確実にタイヤ・チューブの選定が出来ます。

 

まとめると。

タイヤ・チューブを選ぶときは今付いているタイヤの右サイドを見てタイヤのサイズを(ETRTOも)確認して下さい。

また、チューブを買われる場合は、空気を入れる部分のバルブ形状とその長さも確認することが必要です。
実は自転車のバルブ形状は3種類あり英式、米式、仏式が存在します。
これも自分の自転車に使われているチューブのバルブが一体どの種類なのかと長さは何ミリあるのかを見ておきましょう。

もしもご自分でわかりにくかったらサイズ表記とバルブの写真を撮ると良いでしょう。ご来店の上、撮った写真をスタッフにお見せくだされば使えるタイヤ・チューブをお探しいたします。

 

長くなってしまいましたがこれを知れば自分の自転車を知る第一歩になります。
一度、タイヤの右サイドをよくご覧になってみて下さい。
愛車の大切な情報は、きっとそこに書いてあります。

 

 

kawasaki_map_3

 

営業時間

22年6月15日より変更となります。
土 12:00-19:00
日 12:00-19:00
月 12:00-20:00
火      定休日
15:00-20:00
木 12:00-20:00
金 12:00-20:00

 

ウェア館ブログ 

bnr_kawasaki_trek484

AU損保バナー

3のコピー club fb-f-logo__blue_72

インスタ

www.rentio.jpproductsh3

190307

 bnr_kawasaki_yoyaku

044-221-1531 ご予約の電話はこちらへ 

92755786_3681511058556646_374884163142025216_n