【バイオレーサー5000】 モニター施工編。いい感じです!!
by: 山岡崚平

今月から始まった、バイオレーサー5000モニターキャンペーン。

 

さっそく大阪本館でも実施させて頂きました。

 

担当は私、ヤマオカ。

 

モニターは、自転車歴一年のT様。

 

『クライム向けのポジションにしたい。』

 

『手探りでポジションを探しているので、指標が欲しい』

 

という、事だったので早速、施工開始。

 

 

unnamed (15)

 

施工前の様子。

 

「ハンドルが少し遠い」と感じるご様子。

 

サドル高 675mm

 

ステム長 100mm

 

GP~ハンドル中心 110mm

 

ハンドル~サドル落差 約70mm

 

ペダル SPEEDPRAY チタン

 

シューズ SIDI KAOS

 

という状態。

 

(骨格データは個人情報のため省略

 

 

unnamed (16)

 

骨格データとバイクのデータ(ジオメトリ+パーツアッセンブリ)

 

の情報をコンピューターに計算させます。

 

その結果、『ベストポジション』が数値として出力されます。

 

それをバイオマシーンで再現。

 

(極端にバイクサイズが合っていない場合等はできません)

 

 

unnamed (17)

 

下ハンドルを握っている状態ですが、

 

バイオレーサーの凄味はこれから。

 

乗り方や、体の柔軟性等によって三つのポジションが選べます。

 

・コンフォート

 

落差が少なく初心者向け。

 

・スポーツ

 

一般的なモード。中級者向け。

 

・コンペティション

 

落差は最大。上級者向け。

 

かなり自転車のジオメトリーに依存して出力されますが

 

好きなポジションを体感でき、我々フィッターの提案の下

 

最適なポジションを選んでいきます。

 

T様は、コンペティションに決定です。

 

 

unnamed (18)

 

コンペティションの数値を落とし込んでいきます。

 

・ステムは10mm短くし、6度から17度に変更。

 

寄り落差の出る、コンペティションに対応させるため。

 

・ヘッドスペーサーをステム下5mmまで下げます。

 

上記と同じ理由。

 

・サドル後退を5mm後ろへ

 

ハンドルからの距離を調整。胴長、足の長さに依存。

 

・サドル高を7mm下げます。

 

上記と同じ理由。

 

 

unnamed (19)

 

最終的に落差が92mmまで延長。

 

unnamed (20)

 

ヘッドスペーサーで落差は調整します。

 

結果、前向きな感想を頂きました。

 

『大落差の違和感を感じない自然さ』

 

『思ったより楽』

 

『力が入りやすい』

 

今回は、フィッティング実現レベルも高く

 

ご満足いただけたと思っております。

 

このように

 

安い(5000円)

 

早い(約一時間)

 

説得力(数字的、統計的な説得力)

 

のバイオレーサー5000。

 

是非ご検討下さい。

 

 

スタッフヤマオカ

 

 

バイト募集バナー