【CADEX】2020年新型ジャイアント発表会【プレミアパーツ】
by: 野澤 伸吾

 

2K1A8007

横浜で行われた2020新型ジャイアント展示会!

2K1A8015

8月から10月って翌年モデルを各メーカーが発表します。

自転車業界に身を置きく私は数々の新製品に出合う季節。

それは新しいテクノロジーや素材。

 

 

時折・・・・・・

『こここれは 凄いっ!』と

魂が揺れるような感動的パーツを手にします。

そう  触った瞬間にビビビッとキマス!!

 

 

 

 

 

 

さて・・・・自転車パーツで走行性能に直結し

あからさまに変化を実感できるのは

ホイールでしょう。    車輪。

 

2K1A7926

↑今回発表されたトップモデルに装着される

見慣れないロゴの カーボンホイール。

キャプチャ

↑CADEX   (カデックス)

 

みなさん  この画像を見て ビビッときます

 

 

 

 

 

 

・・・・・・きません よね。

 

  

 

まあ普通のカーボンホイールだもんね。

 

 

だが   展示会で触ったら

ビックリこいたああぁぁぁ!!

2K1A8007

 

CADEXのスポークは

カーボンなのだっ

 

2K1A8005

 

この 写真では黒いステンレスに見える

 

触ってみると とても硬いカーボン!!!

こんな細いカーボン初めて!

 

 

 

今までも輪界にはカーボンやアルミのスポークは存在した。

 

が しかし それらはどれも 鉄製のスポークより太い

 

断面積はずっと大きかった。

てことは空気抵抗大きい!!

 

 

 

CADEXのカーボンスポークは

小さな断面と空気抵抗抑制D形状(なんと前面と後面で形が違う!)

重量  はもちろん軽く

鉄の数倍以上の引っ張り強度により

 

革新的な進歩を自転車ホイールにもたらすと思う。

 

この魅力的なスポークをDBL駆動(ダイナミックバランスレーシング)

すれば 未体験の加速と高速巡航性能

なのではとワクワクが止まらない

 

 

なんとしても 試乗してみたいホイールである!!

登り坂なんて物凄いじゃないか?!

 

 

 

 

 

もう一つの特徴が・・・・・・

2K1A8010

↑フックレスリム!!!!

一見不安に見えますけど 剛性は高いのですのですって。

過去実走試乗経験のある最強リム

ゴキソで味わった

あの素敵な路面を鷲掴みするような

コーナリングパワーを連想します。

 

 

 

まあね 選ぶタイヤが少ないのが弱点かもしれなが

そこらへんは ジャイアントの開発力を信じよう。

 

 

各社の展示会ではお約束のライバル比較表

2K1A7986

 

比較表には本当の魅力は表れにくいように思いますねぇ

 

 

一番軽いチューブラー&リムブレーキモデル

リムハイト42mmで1163グラム 

価格は32万円プラス消費税

 

 

チューブレスレディ&ディスクブレーキでも

リムハイト42mmで1327グラム 

価格は32万円プラス消費税

 

このホイール

当店ではガッチリ在庫する事ように

店長を説得します!!!!

 

最高っす!!!!!!!

 

 

追記08/30

日ごろからホイールの修理を行う身にとって

補修部品の調達は重要事項であります。

どんなに高性能でも触れや回転不良が

修理できなければユーザの為になりません。

ジャイアントサブブランドならば部品供給は安心ですね。

(正常使用可の品質保証は2年間)

 

 更にCADEXは5年間の破損交換プログラムも!

(正規販売店からの新品購入で登録した場合に限る)

安心と高性能の両立もおすすめできる根拠です。

 

by野澤