facebook twitter facebook

【からだケア】腰が痛い!!その2
by: 高橋賀也

 

今回は痛みの種類による対応を紹介します。

 

 

腰痛痛み分類.JPG

 ↑赤字のもの以外は基本、専門機関での診断を受けて下さい。

 

その上で、ポジションなど相談に乗ることは出来ます。

 

 

 

 

下記は 通称 ぎっくり腰についてです

腰痛症.JPG

最近は、安静にする時間が長いほど、元に戻るのも時間がかかるといわれています。

「できる範囲」で動けるだけ動く方が回復が早いようです。

 

圧痛とは文字通り、押す(圧がかかる)と痛いことです。

 

 

★身体の軸となる大切なところなので、自己判断だけでなく専門の医療施設にかかるようにして下さい。

 

その3では

ポジションやフォームについて掘り下げます。

腰痛が出る人はこんなポジションの傾向がある

背部痛が出る人はこんなフォームで走っているなど実例と合わせて皆さんに、自身を考えて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

twi

 

 

HB野澤

 

MEISYA