【GARMIN】「VARIAリアビューレーダー」シリーズ 接近車両を検知し公道走行をサポート
by: hirayamashouichi

VARIA

少しずつ暖かくなってきましたね。
今シーズンからロードバイクなどの自転車をご購入になった方もおられることと思いますが、公道走行中に車に追い抜かれる際、怖い思いをされたことがある方は多いのではないでしょうか?
今回ご紹介する製品は、そのような公道走行のサポートをしてくれる製品です。

GARMIN VARIA リアビューレーダー

「RCT715」

ドライブレコーダーとしての機能を持ち、後方からの車両を撮影することが出来る最新フラッグシップモデル

 「RTL 515」

リアライトとレーダー機能を組み合わせた、従来のフラッグシップモデル

 「RVR315」

レーダー機能のみで、コンパクトなサイズの製品

公道走行のリスク軽減のために

自転車の楽しみ方は多岐に渡りますが、多くの場合公道の走行が含まれます。

今回ご紹介するGARMINリアビューレーダーシリーズは後方から近づく車両を探知し知らせてくれることで公道走行のサポートをしてくれる製品です!

自転車は身体をむき出しにして走る乗り物です。
特に公道走行中は、大小様々なリスクが連続しストレスが積み重なってまいります。
リアビューレーダーを使って、そのようなストレスを軽減してみてはいかがでしょうか。

接近する車両を140m後方から探知

こちらの製品は、対応するGARMINのサイクルコンピュータと時計、またはスマートホンにインストールしたVARIAモバイルアプリや
KomootやRide with GPSなどの他社製アプリと連携して、接近する車両を140m後方から探知し対応デバイスの画面上に表示し教えてくれます。他社製のサイクルコンピューターでも、対応している機種がございます。

 

後方車両の接近をどのように通知してくれるのか

 

リアビューレーダーサイコン表示

 

 

上記の画像をご覧ください。
サイクルコンピュータの画面の右上方の角に〇がありますね。
こちらが現在の自分の車両の位置です。
 そして、右辺にある黒いラインが現在走っている道路のイメージとなります。

 

加えて、白い〇がいくつかありますね。
この一つ一つの丸が現在後方から接近している車です。
一台目を探知すると、アラート音が鳴ります。
そして、 車両の接近とリンクして
白い〇が下から上に向かって徐々に近づくように動いてきます。
そして、右上方の角の〇の位置で自分と車両がすれ違います。
最大8台の車両を表示できますよ。

ライトが付いている「RCT715」「RTL 515」の場合、接近する車両からの視点では、
ライトの点滅パターンが切り替わり自転車の存在をアピールしてくれます。

リアビューレーダーは、自分の自転車の走行スピードと
対象の車両のスピードの差を計測しますので、
接近してくる車両のスピードによってアラートの表示を変えてくれます。
画面の両端に色づいているところは、接近中の車両の状態を示します。

 

 

グリーン:車両の追い越しが完了し140m以内に車両無し

オレンジ:車両接近中

レッド:車両が急速に接近中

 

自転車の乗車中は前方から目を離して長時間画面を見るわけにはいかないので、

この様な直観的なカラー表示による通知は、とても有用ですよ!

 

 

そして、140m以内後方から接近する車両がいなくなると、グリーンの表示となり、その表示が消えてすべての車両が通過したことになります。
その後、また車両を探知すると再びアラート音が鳴り、車両がいなくなるとグリーン表示に、、、
この様に繰り返されて運用されます。
つまり、一台一台の車両に対してアラート音が鳴るわけではありませんので、交通量の多い道路でアラート音が一台一台鳴りうるさいということはありませんよ!

 

 

スマートホン上のVARIAアプリの場合は下記のように表示されます。

 

VARIAアプリの表示

 

 

 

 

ご注意いただきたいのは、目視での後方確認は必須です! 
レーダーで車両が検知されたら、目視で後方確認し、
その後真っ直ぐ走る事に集中して表示された台数の車に
上手く追い抜いてもらうという流れのイメージです。

検知方法の仕様上、後方車両を検知できないような見通しの悪いカーブや
深いアップダウンが連続する場所では後方車両との位置関係によっては
後方車両を検知できないことがございますのでご注意してくださいね。

リアビューレーダー導入による恩恵は地味なようですが、
公道を走るうえで、常に神経を使う部分をカバーしてくれるので、
走行中のストレス軽減を実感できることでしょう。

そして、交通量の多い幹線道路のような状況だけでなく、
交通量の少ない自然の多い地域とかでの使用も良い感じです
たまに来る車の存在をリアビューレーダーが教えてくれるので、
より自然の中での走りを満喫できると思います。

新製品のRCT715においては、後方をカメラで撮影し、事故などの証拠能力を持った映像として保存されます。
詳細はこちらより

【GARMIN】RCT715 後方車両を通知するリアビューレーダーにカメラ機能が実装

 https://ysroad.co.jp/kawasaki/2023/02/08/128874

 

このように、公道を走行するうえで、とても心強いサポートをしてくれる
GARMIN VARIA  リアビューレーダー シリーズ。
長距離を乗られる方から、通勤・通学をはじめとした街乗り主体の方まで、
公道を走る幅広い層の手助けができる製品だと思います。

 価格

「RCT715」

¥53,900(税込)

「RTL515」

¥29,700(税込) 

「RVR315」

¥22,000(税込)

製品サイト

 対応するデバイスは下記GARMINの製品サイトでご覧ください。

「RCT715」

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/varia-rct715/

 

「RTL515」

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/varia-rtl-515/

 

「RVR315」

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/varia-rvr-315/

 

当店の2階フロアにございます。

是非ご活用を!!

お問い合わせ

わからないことは遠慮なくご質問ください。
チャットにて対応可能でございます。
※リアルタイム返信ではございませんのでご回答までお時間をいただく場合がございます。
会員ログインをしていただいた状態でご質問いただくと質問ログを残すことが可能でございます。

ご検討、ご質問、お待ちしております。

 

kawasaki_map_3

※提携駐車場はございません。近隣の有料のパーキングをご利用ください。
近隣駐車場の検索はこちら(外部サイト)

 

営業時間

土・日・祝 12:00-19:00
月・木・金 12:00-20:00
  水   15:00-20:00
定休日:火(祝日除く)

スクリーンショット 2024-05-27 15.37.25

スタッフ一同お客様のご来店をお待ちしております。

bnr_kawasaki_yoyaku

044-221-1531 ご予約の電話はこちらへ

jpg

shimano_fc_check_top-500x500

ウェア館ブログ

bnr_kawasaki_trek484

CIPO24TOP

AU損保バナー

3種

3のコピー club fb-f-logo__blue_72

インスタ

190307