【初心者のためのスポーツバイク購入ガイド】スポーツバイクのサイズ選び
by: 石川誠

A 自分に合った自転車の種類を見つけましょう!

 

 1⃣  自転車の種類について 

 2⃣  どんな使い方をしますか?

 3⃣  こんなご用途のお客様にはこんなスポーツバイクはいかがでしょうか?

 

 

 

 

B スポーツバイクのサイズ選び

 

 1⃣  スポーツバイクにはサイズがある!?

 2⃣  クロスバイクのサイズ選び

 3⃣  ロードバイクのサイズ選び

 

 

 

 

 

C スポーツバイクを買ったら必要なもの

 

  1⃣ クロスバイクを買ったら必要なもの

  2⃣ ロードバイクを買ったら必要なもの

 

 

 

 

 

 

 

 3⃣  ロードバイクのサイズ選び

 

 

ロードバイクのサイズ選びは重要です。

クロスバイクよりもサイズ展開が豊富で用途的にもよりシビアなサイズ選びが求められるからです。

 

ロードバイクのサイズ選びで重要なのは「フォーム」、「ポジション」、「サイズ」の3つです。

どれも同じような言葉に見えてしまいますが、その意味するところはちょっと違います。

 

まず「フォーム」ですがこれは自転車の上でライダーがつくる「体勢」です。

絵を見てもらうとイメージしやすいと思います。

 

フォーム

 

 

次に「ポジション」

これは自転車の「ペダル」「ハンドル」「サドル」の3つのパーツの位置関係です。

先ほど紹介した「フォーム」はこの3つのパーツの位置関係に依存してしまうのでロードバイクのサイズ選びにとってこの「ポジション」の重要性がお分かりいただけると思います。

ポジション

 

 

そして最後が「サイズ」

サイズはロードバイクの設計寸法です。

 

サイズ

 

 

この絵はメーカーのWEBサイトやカタログでよく見ますね。

前回の記事 1⃣ スポーツバイクにはサイズがある!? でもご案内したTOPTUBEの長さが○○cm、SEATTUBEの長さが○○cmというようなフレーム各部の数値が書かれたロードバイクの設計図です。

 

 

 

 つまり、適切なサイズを選ぶということは理想の「フォーム」を取るための「ポジション」が無理なく設定できるフレームの「サイズ」を選ぶということなのです。

 

 

 

 

野球やテニスならプレイヤーは自由に自分のフォームを決められるのですが(重力とか地面とかは別にして)、ロードバイクの場合ライダーの「フォーム」「ポジション」に完全に依存してしまいます。間違った「サイズ」を選んでしまうと正しい「フォーム」さえ取れないということになってしまいます。

 

正しい「フォーム」が取れなければ本来出せるはずの力がだせない、体を痛めてしまうといったマイナス面が容易に想像できますので、やはりサイズ選びは重要です。

 

 

もちろん、何をもって「正しいフォーム」とするかは難しいところですが、ワイズロードでは「バイオレーサー」という独自のバイクフィッティングシステムによってお客様の最適な自転車のサイズ選びとポジション設定をご提案することができます。

 

 バイオレーサーには「プレミアム」「5000」「1000」と3つのコースがあり、ロードバイクの販売に際しては必ず「バイオレーサー1000」を実施してサイズ決定をしております。計測料は千円かかりますが計測実施から1カ月以内に完成車やフレームをご成約いただくと計測料千円をキャッシュバックさせて頂いております。

何より、サイズ選びに関してきちんと計測をしたうえで適切なサイズをご提案できますので安心してロードバイクをご購入いただけると思います。