【DISC?キャリパー?】ロードバイクのブレーキ問題!どっちがいいのか考える
by: 原澤直起

ディスクとキャリパー

 

これから買うならディスクブレーキ?

それともキャリパーブレーキ?

 

  

もうすでにプロ選手もディスクを使い始めていて

今後ディスクが一般化する流れがすでにあるので

ディスクがオススメではあるのですが

それぞれのメリットデメリットから考えてみました 

 

 

 

 

 

bnr_kawasaki_no1_02

 

 

【川崎店セール情報ブログ!!】

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

fb-f-logo__blue_72インスタ

 

↑↑

フェイスブックインスタグラム始めました、是非クリックといいねをお願い致します!

ダウンロード 

金利がなんと1%のショッピングローン!

  

最大36回のお支払いが可能!

 

 

 

 

 

 

まずはロードバイクでディスクブレーキよりも

従来のキャリパーブレーキを使う場合の

メリットを考えて見ましょう

 

 

 

現時点ではホイール選択が豊富

(マウンテンバイクのタイヤ規格が変わった時

のように今後は少なくなってしまうかも・・・

以前スタンダードだった26インチタイヤは

もうすでにレース向けのものは入手が困難)

 

 

シュワルベ

(当たり前のように26インチ用は

新しいタイヤには存在しない )

 

 

 

 

 

 

 

輪行時にディスクローターが曲がる心配がない

(ディスクのMTBでよく輪行してますが

私はいまだに曲げたことはありません)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛車(左)と友人M(右)

 

 

 

 

 

 

長く使われてきたという信頼性があり

現在いまだ主流

(ディスクモデルではモデル名に「DISC」

と付くくらいですからね)

 

 

20190408_174749

 

 

 

 

 

 

ワイヤーの交換は油圧ディスクの

オイルライン交換よりも簡単

(人による?油圧も簡単と思う方もいる)

 

 

 

20190408_175349 (1)

(油圧ブレーキのメンテには必要な

工具がそれぞれ存在します)

 

 

 

 

 

 ・・・・ こんなところでしょうか

 

 

では次に

従来のキャリパーブレーキよりも

ディスクブレーキを使う場合の

メリットを考えて見ましょう

 

  

晴天時と雨天時のブレーキングの差が少ない

(キャリパーブレーキは雨の日に

ブレーキが利きずらくなる)

 

 

20190408_172947 

(春のクラシックレースなどでは各ブランド

ディスクブレーキのものをかなり見かけますね) 

 

 

 

 

ブレーキシューが減ることによる汚れがなく

リム部を綺麗に保ちやすい

(ディスクブレーキでもパッドの削りカスは出るが

キャリパーブレーキよりも汚れない)

 

  

20190408_164051 

(削りカスでけっこう汚れます)

 

 

 

 

 

 

 

カーボンリムとアルミリムのホイール交換時に

ブレーキシューを交換する必要がない

 

  

20190408_164227  

 (おっとセラミックリム用もありましたね)

 

 

 

 

 

 

 

長い下りでブレーキを当てぎきさせ続けた場合に

熱が発生するのがディスクブレーキ本体とローターのみ

(キャリパーブレーキではリムが高温になりパンクや

カーボンリムではブレーキ面の破壊につながる)

 

 20190408_164356

 

 

 

 

 

 

油圧ディスクの場合ワイヤーよりも操作が軽い力で出来

少しブレーキをかけたりしっかりブレーキをかけたりの

操作上の調整がしやすい

 

 

 

 

 

 

油圧の場合ワイヤー(ホース)の耐久性が高い

(一般的なキャリパーブレーキはワイヤーでの

操作のため自転車での保管の問題ではあるが

油圧のディスクと比べアウターワイヤー内にほこりが溜まると

動作が悪くなる 場合によってはワイヤーが錆びる) 

(油圧のリムブレーキとかまだ作ってる例外の

MAGURAのことはいいじゃないですか・・・ )

 

 

20190408_175530

(こんな風に錆びてるワイヤーが

付いたバイクを割と修理でお預かりします)

 

 

uno_groupset-l1

(ROTORのフル油圧操作コンポの

ブレーキもMAGURA製)

 

 

 

 

 

 

こんなところでしょうか・・・

 

 

さらに今後のことではありますが

ロードフレームのシートステーを

キャリパーブレーキがない分より

しなやかに設計できるかも?とか

ホイールはリムブレーキで

挟まれる強度を計算しなくて

いいはずなのでリムをより軽くできる?とか

そのようなことも期待できます

 

 

MTBがディスクブレーキに移行するときには

様々な規格が様々なメーカーから提案され

現在の状況に落ち着くまでには

現れては消えていった

規格たちがたくさんあったのですが

ロードバイクにおいてはシマノが主導した

現在の規格でほぼ決定とみていいと思います

 

数年前は各社からあまり種類が

販売されておらず

選択肢が少なかったホイールも

ディスクブレーキ対応のものが

ホイールメーカーから

数多く販売されるようになり

選べるようになってきました

 

こんな具合で

今これからロードバイクを買われるのなら

ディスクロードのほうがいいかと思います

 

 

2019年に新しく登場したPRINCE DISC

が最近では特にオススメですね!

 

 

20190325_154428

 

 

 

ワイズロード川崎店ではディスクロードを

各種展示販売しております

ぜひ一度ご来店ください!

 

 

 

 試乗会WEBバナー4_第一回

 

 

 

アイウェア5

↑↑クリックすると前回の様子が見られます↑↑

 

 

 

bnr_crossbike2019

 

 

 

【川崎店在庫一掃セール!!掘出し物も!!】

 

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

 

AU損保バナー

 

 

 

スペシャルホームページのみのお得な情報満載!!

☟☟要クリック☝☝

 

 

☆☆川崎店は即日納車可能!☆☆

 

 

★★ワイズ最大級のウェア、ヘルメット、シューズコーナー!!★★

 

 

★★ワイズ唯一!アレックスモールトンございます!!★★

 

 

PINARELLOバナー

 

 

★★アジアで唯一!ピナレロコーナー★★

 

 

DISKブレーキ様バナー

 

 

 ★★DISCブレーキ時代の到来!川崎店はDISCロードに力を入れてます!!★★

 

 

レディースコーナー

 

 

★★小さめのサイズのバイクや女性モデルのウェア等、

レディースの在庫も豊富にございます!!★★

 

 

3月修理予約

 

 

 

川崎案内バナー190307