自分に合うモデルはどれ?【エンデュランスとグラベルの違い】
by: 石山英紀

こんにちは。
ワイズロード熊谷店のISHIYAMAです。

新年を迎え、過ごしやすい季節になってきました。
新学期・新生活に向けて準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。

今回はスポーツバイクにおけるジャンル毎の違いをご紹介!
一口にスポーツバイクと言っても、ハンドルとサドルに高低差のあるレース仕様や、楽な姿勢で走れるカジュアル向きだったりとジャンルは多種多様!

「こんな乗り方がしたい!」というイメージ車種ごとの大まかな違いが把握出来れば、お目当ての車体にグッと近くなります♪

もちろん、ご購入の際には店舗スタッフがご案内致しますので、車体でお悩みのお客様はご相談ください✨

 

pose_shinpai_fukidashi_woman

速さや疾走感を追求したいのか
まったりと景色を楽しみたいのか、
登り坂に挑戦したいのか

初めての1台なのか、乗り換えかetc…車体を選ぶ際の参考となるようご紹介していきます✨

長くなりましたが早速、違いを紹介していきましょう!!

 ※ 車体のグレードに関してはコチラから!

エンデュランスバイクとは

始めに紹介するのは エンデュランスバイク
エンデュランスは英語で耐えるの意味
一言で言うと、長距離を楽に安定して走れるバイク

当店ではTREK DOMANEシリーズ、MERIDA SUCLTURAシリーズ等がこれに該当します。
ハンドル下が長いフレームが特徴!
乗車姿勢が起き上がるので、リラックスして走れる設計となっています。

DSC_0459

DSC_0451

その他、フレーム自体が柔らかく衝撃吸収性に優れている、太いタイヤによる安定感といったメリットもあります。
カジュアルに乗りこなしたい方や初めての1台にオススメのジャンルです(^^♪

 

IMG_8230

モデルによって異なりますが、32〜35Cというマウンテンバイク顔負けの太いタイヤを装着出来る車体が多いのが特徴です✨

IMG_8219

グラベルバイクって?

一方、グラベルバイクは砂利道を表すGravel(グラベル)が由来
ロードバイクの軽快さとマウンテンバイクの走破性を併せ持つ万能バイク

通勤通学などの普段使いから凹凸の激しい山道まで対応!
泥除けや多数のボトル取り付けが可能でツーリングにも最適✨
通勤から休日のサイクリングまで、1台で色々な場所に出かけたいという方にオススメのジャンル

当店ではCANNONDALE TOPSTONE 1、RALEIGH CARBON-DCなどが該当。

 IMG_7484

ハの字に広がったフレアハンドルが多いのも特徴。
小回りが利いてハンドリングがしやすく、街中や獣道でも安心です。

IMG_7500

ドリンクボトルやバッグ等が取り付けられるダボ穴を複数完備!
泊りがけのキャンピングの様な使い方も可能な車種となっております✨

IMG_7497IMG_7498

DSC_0813DSC_0816

エンデュランスバイクよりも更に太い40Ⅽのタイヤまで対応
ブロックタイヤの車体が多く、凹凸も気にならない走破性が魅力(^^♪

DSC_0822

 制動力の高いディスクブレーキを搭載

ディスクブレーキとは路面が濡れていてもしっかり止まれるブレーキ!
ロードバイクやMTBにもよく使われてます。
砂利や泥が詰まりにくいことも未舗装路を走るグラベルロードに適したブレーキです✨

DSC_0824

 

最後にサッとまとめ

・長距離を楽に走る、初めての1台ならリラックスした姿勢で乗れるエンデュランス系バイク

・1台で凹凸険しい道や泊りがけ旅行ライドなど、様々な場所に出かけたいならグラベル系バイク

 といった具合です。

 

もちろん、これらはスペック上でのお話なので
どんなバイクにしたら良いか迷った際には是非一度スタッフへご相談ください(*’▽’)

 

熊谷店独自の新春・特価セールは明日、1月8日(月)までとなります。
✨ご来店頂いたお客様限定の超お買い得価格でご案内しておりますお得なこの機会をお見逃しなくっ!!

2024_熊谷新春_メインA4

SNS始めました